【緊急告知】夏のQMS応援キャンペーン

QMS応援キャンペーン広告

現調化が鍵!海外生産でコスト削減と効率アップを実現する方法

自動車産業がグローバル化する中、現地調達(現調化)は効率的な海外生産を実現する鍵となっています。現調化を進めることで、コスト削減や生産効率の向上、そして地域経済への貢献が期待されますが、実際には多くの課題も存在します。本記事では、現調化の利点と課題、そして成功するためのステップについて詳しく解説します。


IATF16949/ISO9001/VDA6.3

IATF16949+ISO9001の要求事項解説が電子書籍に!

「IATF16949の要求事項の解説本を買ったけどわからない」といった企業様の声をよく聞きます。その理由は簡単!

どの解説本も現場に即した実践的な解説をしていないからです。

品質管理/品質保証を中心に、品質マネジメントシステム構築プロジェクトリーダーや内部監査・審査会社対応・仕入先監査(80社以上)などから得た僕の知識と経験をフル活用した「IATF16949+ISO9001解説本:電子書籍版」を販売しています。

難しい言い回しをしないで分かりやすい表現やワンポイントアドバイス・重要事項などをわかりやすく解説しています!

人気:メールコンサルティングサービス】
教材・帳票などをすべて含む「疑問・質問」についてお答えします!
おすすめ教材+メールコンサルサービスの併用が人気です!
サービスの詳細はこちら

現調化とは何?

現調化が鍵!海外生産でコスト削減と効率アップを実現する方法①

現調化とは「現地調達化」の略称であり、海外に展開している生産拠点が必要な部品や材料を現地で調達することを指します。これは自動車産業において特に重要な戦略です。現調化の背景には、海外生産拠点を設けることが一般化したことがあります。

以前は日本から部品を輸送することが主流でしたが、輸送費や関税の増加、そして輸出入に関わる管理コストが課題となりました。これに対し、現調化を進めることでコスト削減や生産効率の向上が期待でき、現地の経済発展にも貢献することが可能です。

そのため、現調化は海外生産を成功させるための重要な要素として、自動車メーカーにとって不可欠な戦略となっています。

現調化の利点(メリット)

現調化が鍵!海外生産でコスト削減と効率アップを実現する方法②

現調化にはさまざまな利点(メリット)があります。

まず、現地で部品や材料を調達することで、輸送費や関税などのコストを大幅に削減できます。これにより、総生産コストが下がり、競争力が向上します。

次に、ロジスティクスの効率化が挙げられます。現地で必要な資材を調達することで、供給チェーンが短縮され、納期の短縮や在庫管理の効率化が可能となります。また、現調化は地域経済への貢献にも繋がります。

現地のサプライヤーと取引を行うことで、現地企業の成長を促進し、雇用機会を創出します。このように、現調化は単なるコスト削減策に留まらず、ロジスティクスの改善や地域経済の発展にも寄与するため、海外展開を行う自動車メーカーにとって非常に重要な戦略となっています。

現調化の課題(デメリット)

現調化が鍵!海外生産でコスト削減と効率アップを実現する方法③

現調化には多くの利点がある一方で、いくつかの課題(デメリット)も存在します。

まず、現地調達の難しさが挙げられます。現地で必要な部品や材料を確保することは簡単ではなく、特に日本の高品質な製品と同等のものを見つけるのは困難です。

次に、品質管理の課題があります。現地のサプライヤーが提供する製品の品質を一貫して高水準に保つためには、厳密な品質管理と継続的なモニタリングが必要です。

さらに、現地法規制と許認可の問題も大きな障壁となります。国ごとに異なる規制や許認可手続きに対応する必要があり、これが生産プロセスを複雑化させることがあります

これらの課題を克服するためには、現地のパートナーと緊密に連携し、適切なリスクマネジメントを行うことが求められます。現調化の成功には、これらの課題を十分に理解し、適切な対応策を講じることが不可欠です。

関連記事

現調化の進め方

現調化が鍵!海外生産でコスト削減と効率アップを実現する方法④

現調化を成功させるためには、いくつかの重要なステップがあります。まず、現地調達のためのステップとして、現地市場の徹底的な調査と分析が必要です。適切なサプライヤーを見つけ、評価し、契約を締結するプロセスは慎重に行わなければなりません。

次に、現地サプライヤーとの連携方法です。強固なパートナーシップを築くために、定期的なコミュニケーションとサプライヤーの能力向上を支援する取り組みが重要です。サプライヤーの品質基準を満たすためのトレーニングや技術支援も効果的です。

そして、リスクマネジメントの重要性も見逃せません。現地の政治、経済状況の変動、サプライチェーンの中断などのリスクを見越し、対策を講じることが不可欠です。リスクアセスメントを定期的に実施し、予防策を講じることで、安定した現調化を実現することができます。

これらのステップを踏むことで、現調化のメリットを最大限に引き出すことができます。

IATF16949関連要求事項

現調化:まとめ

現調化が鍵!海外生産でコスト削減と効率アップを実現する方法⑤

現調化は、自動車産業において海外生産の効率化とコスト削減を実現するための重要な戦略です。現地での部品調達は輸送費や関税の削減、ロジスティクスの効率化、そして地域経済への貢献といった多くの利点をもたらします。

しかし、現地調達の難しさや品質管理の課題、法規制と許認可の問題といった障壁も存在します。これらの課題を克服するためには、適切なリスクマネジメントと強固な現地サプライヤーとの連携が不可欠です。現調化を進めるためのステップを踏み、現地市場の徹底調査、サプライヤーの能力向上支援、リスクアセスメントの実施を行うことで、持続可能な現地調達体制を構築できます。

現調化の成功は、海外生産拠点の真のコストメリットを引き出し、自動車産業のグローバル競争力を強化する鍵となります。

月間2万PV越えの品質マネジメントシステムの攻略記事公開!

ISO9001とIATF16949・VDA6.3完全対応

当サイトでは、製造業の全般の記事から品質マネジメントシステム攻略(ノウハウ)記事を公開しています。月間2万PVを超えるアクセス数から、多くの方に閲覧いただいています。

無料で公開しているコンテンツから、有料商品(ノウハウ教材・帳票など事例多数)まで様々なサービスを提供していますので、是非ご活用ください!

当サイトの無料・有料商品とサービス

①製造業・自動車産業に関わるノウハウ記事を公開
製造業ブログ:▶無料
自動車産業ブログ:▶無料

ISO9001の要求事項全てを網羅した攻略記事公開
ISO9001に関する要求事項解説:▶無料

IATF16949の難しい要求事項をわかりやすく解説
IATF16949に関する要求事項解説:▶無料

VDA6.3をIATF16949と一緒に紐解く解説記事公開
VDA6.3に関する要求事項解説:▶無料

【人気】各種品質マネジメントシステムのノウハウ商品・サービスの販売
ノウハウ教材/帳票類/コンサルティングサービス:▶有料
※コンサルティングサービスはお問合せください。
メールコンサルティングサービスの詳細はこちら

コンサルティングではない!新感覚のサービスとは?

おすすめの記事