【緊急告知】夏のQMS応援キャンペーン

QMS応援キャンペーン広告

VEとVAの違いを徹底解説:自動車部品のコストダウン手法とは?

自動車産業において、製品の品質を保ちながらコストを削減することは重要な課題です。本記事では、コストダウンの手法として欠かせないVE(Value Engineering)とVA(Value Analysis)について、その違いや具体的なアプローチを解説します。


IATF16949/ISO9001/VDA6.3

IATF16949+ISO9001の要求事項解説が電子書籍に!

「IATF16949の要求事項の解説本を買ったけどわからない」といった企業様の声をよく聞きます。その理由は簡単!

どの解説本も現場に即した実践的な解説をしていないからです。

品質管理/品質保証を中心に、品質マネジメントシステム構築プロジェクトリーダーや内部監査・審査会社対応・仕入先監査(80社以上)などから得た僕の知識と経験をフル活用した「IATF16949+ISO9001解説本:電子書籍版」を販売しています。

難しい言い回しをしないで分かりやすい表現やワンポイントアドバイス・重要事項などをわかりやすく解説しています!

人気:メールコンサルティングサービス】
教材・帳票などをすべて含む「疑問・質問」についてお答えします!
おすすめ教材+メールコンサルサービスの併用が人気です!
サービスの詳細はこちら

VE(Value Engineering)とは?

VEとVAの違いを徹底解説:自動車部品のコストダウン手法とは?①

VE(Value Engineering)は、製品の設計段階で品質や機能を落とすことなく、コストを削減するための手法です。VEの主な目的は、製品の価値を最大化し、同時にコスト効率を高めることにあります。この手法は、製品の企画・設計段階から導入され、無駄を省き、効率的な製品開発を目指します。

設計段階でのVEの具体的手法

VEとVAの違いを徹底解説:自動車部品のコストダウン手法とは?②

設計段階におけるVEの手法は多岐にわたりますが、以下に主要なアプローチを紹介します。

設計段階
変更箇所例
削減目的 実施できること
形状 製造コストを削減 複雑な鍛造部品をシンプルなプレス加工で製造できる形状に変更することで、加工費用を抑えることが可能です。また、金型や治具のコストを削減するために、製品の形状を最適化します。
公差 過度な精度が求められる部品の製造コストを削減 オーバースペックになっている部位の公差を適正な範囲に変更することで、製造の難易度を下げ、コストを抑えることができます。
材料 コスト効率の高いものに変更 特殊で高価な材料を汎用の廉価な材料に置き換えることで、材料費を削減します。
流用 開発コストや生産コストを削減 既存の部品を新しい製品にも使用することで、開発期間を短縮し、生産コストを抑えることができます。

VEの自動車メーカーへの提案プロセス

VEの提案プロセスは、自動車メーカーとの密接な協力のもと進められます。まず、製品の機能分析や評価を行い、構造や素材の再検討、新たな作業方法・製造方法の開発を通じて、コスト削減の可能性を探ります。

その後、これらの改善案を自動車メーカーに提案し、承認を得ることで、実際の製品設計に反映させます。このプロセスにおいては、詳細な評価や研究が必要となり、製品の品質や性能に影響を与えないことが最重要課題となります。

以上が、VE(Value Engineering)の概要とその具体的な手法、そして提案プロセスです。VEを適切に活用することで、自動車部品の品質を保ちながら、効率的にコスト削減を実現することが可能です。

IATF16949重要記事

VA(Value Analysis)とは?

VEとVAの違いを徹底解説:自動車部品のコストダウン手法とは?③

VA(Value Analysis)は、すでに生産されている製品やプロセスに対して、コスト削減を目的とした改良を行う手法です。VAの主な目的は、製品の品質や機能を維持しながら、生産コストを削減することです。VEが設計段階でのコスト削減を目指すのに対して、VAは量産段階において適用されます。

量産段階でのVAの具体的手法

量産段階におけるVAの手法も多岐にわたりますが、以下に主要なアプローチを紹介します。

量産段階
変更箇所例
削減目的 実施できること
形状 製造コストを削減 製造プロセスを簡素化するために形状を最適化し、加工の手間や時間を削減することが可能です。
材料 コスト効率の高いものに変更 金型の取り数を増やすことで生産性を向上させる、または新しい製造技術を導入してコストを削減することが含まれます。
生産プロセス自体 効率的な製造方法を導入 現在の生産ラインに大きな影響を与えない範囲で行うことが求められます。

IATF16949重要関連記事

VAの実施における制約と工夫

VEとVAの違いを徹底解説:自動車部品のコストダウン手法とは?④

VAの実施には、いくつかの制約があります。

まず、すでに量産されている製品に対して行うため、設計変更の自由度が低くなります

また、現行の生産ラインを止めずに改善を行う必要があるため、大掛かりな変更は難しい場合があります。

このため、VAの提案は、現状の生産を維持しながら、効果的にコスト削減を実現する工夫が求められます。

例えば、金型の取り数を変更することで生産性を向上させる場合、自己投資による金型の変更が考えられます。これにより、短期間で投資回収が可能となり、結果的にコスト削減が実現されます。

また、製法変更によるコスト削減は、部品メーカー側が享受することが多いため、顧客への提案としては、一定の幅を持たせることが重要です。

VAの提案は、小規模な改善から大規模な改善まで幅広く行われますが、常に顧客の要求に応えるための工夫が求められます。これにより、継続的な取引関係を維持し、評価を得ることが可能となります。

以上が、VA(Value Analysis)の概要とその具体的な手法、そして実施における制約と工夫です。VAを適切に活用することで、自動車部品の生産コストを効果的に削減し、競争力を高めることができます。

VEとVAの違いを理解して連携させよう!

VEとVAの違いを徹底解説:自動車部品のコストダウン手法とは?⑤

VE・VAの違いをまとめると?

VE(Value Engineering)とVA(Value Analysis)は、どちらも製品の品質や機能を維持しつつコスト削減を目指す手法ですが、その適用時期とアプローチには明確な違いがあります。

用語 段階
VE 製品の設計段階で適用され、製品の構造や材料を最適化することでコスト削減を図ります。
VA すでに量産されている製品に対して行われ、製造プロセスや材料の変更を通じてコスト削減を実現します。

VE実施後にVAを行うことが多い理由

実務においては、VEを実施した後にVAを行うケースがよく見られます。新製品の設計段階でVEを活用し、最初のコスト削減を実現した後、生産が開始された段階でさらにVAを適用し、追加のコスト削減を目指します。

この連携により、製品が市場に投入された後も継続的なコスト削減が可能となります。例えば、VEで最適化された設計を基に製品を生産し、VAで生産プロセスや材料の効率化を図ることで、さらなるコスト削減を実現します。

具体的には、設計段階で可能な限りのコスト削減を達成した後、生産が開始された段階で製品の実際の生産データを基にさらなる改善点を見つけ出します。VEで設計された製品の形状や公差が量産時にどの程度のコストに影響するかを分析し、VAを通じて最適化を図ります。

このように、VEとVAの両方を適切に活用することで、最大限のコスト削減効果を得ることができます。

VE・VAの違い:まとめ

VEとVAの違いを徹底解説:自動車部品のコストダウン手法とは?⑥

VE(Value Engineering)とVA(Value Analysis)は、自動車部品のコスト削減に欠かせない手法です。VEは設計段階で品質や機能を保ちながらコストを削減し、VAは量産段階で既存製品の製造プロセスや材料を見直してコストダウンを図ります。

両者の違いを理解し、連携させることで、製品のライフサイクル全体で継続的なコスト削減が可能になります。設計部門と生産部門の協力により、企業全体が効率化を推進し、競争力を高めることができます。

VEとVAを効果的に活用することで、製品の価値を最大化し、持続的なコスト削減を実現することが可能です。

月間2万PV越えの品質マネジメントシステムの攻略記事公開!

ISO9001とIATF16949・VDA6.3完全対応

当サイトでは、製造業の全般の記事から品質マネジメントシステム攻略(ノウハウ)記事を公開しています。月間2万PVを超えるアクセス数から、多くの方に閲覧いただいています。

無料で公開しているコンテンツから、有料商品(ノウハウ教材・帳票など事例多数)まで様々なサービスを提供していますので、是非ご活用ください!

当サイトの無料・有料商品とサービス

①製造業・自動車産業に関わるノウハウ記事を公開
製造業ブログ:▶無料
自動車産業ブログ:▶無料

ISO9001の要求事項全てを網羅した攻略記事公開
ISO9001に関する要求事項解説:▶無料

IATF16949の難しい要求事項をわかりやすく解説
IATF16949に関する要求事項解説:▶無料

VDA6.3をIATF16949と一緒に紐解く解説記事公開
VDA6.3に関する要求事項解説:▶無料

【人気】各種品質マネジメントシステムのノウハウ商品・サービスの販売
ノウハウ教材/帳票類/コンサルティングサービス:▶有料
※コンサルティングサービスはお問合せください。
メールコンサルティングサービスの詳細はこちら

コンサルティングではない!新感覚のサービスとは?

おすすめの記事