【緊急告知】2024年QMS構築企業様向け!大感謝SALE開催

IATF16949&ISO9001認証パートナーSALE

IATF16949とISO9001の違いは何?簡単にわかりやすく解説

IATF 16949とISO 9001は両方とも品質管理システムに関する国際標準ですが、適用範囲、目的、要件において重要な違いがあります。今回の記事は、IATF16949とISO9001の違いについてわかりやすく解説します。


IATF16949/ISO9001/VDA6.3

関連重要記事

ISO 9001:品質管理システムの基本

IATF16949とISO9001の違いは何?簡単にわかりやすく解説①

項目 要約
適用範囲 すべての業種に適用可能な一般的な品質管理システムの標準。
目的 組織が一貫して顧客の要求と適用法規を満たす製品やサービスを提供することを確実にする。
要素 品質方針、顧客満足、プロセスアプローチ、継続的改善など。
応用 どのような組織にも適用可能で、規模や業種を問わない。

IATF 16949:自動車産業向けの特化した品質管理システム

IATF16949とISO9001の違いは何?簡単にわかりやすく解説②

項目 要約
適用範囲 自動車産業のサプライチェーンに特化した品質管理システムの標準。
目的 自動車産業の厳しい品質要求に対応し、効率的かつ一貫した品質管理システムを確立する。
要素 ISO 9001の要件に加えて、自動車産業特有の要求(例えば、特定のプロセスの検証、製品安全、リスク管理)が含まれる。
応用 自動車メーカーやそのサプライヤーに限定され、自動車産業の特有のニーズに対応。

ISO 9001とIATF 16949の主な違いの詳細

IATF16949とISO9001の違いは何?簡単にわかりやすく解説③

ISO9001 IATF16949
業界特化性 あらゆる業界に適用可能な一般的な品質管理システムのフレームワークを提供します。製造業からサービス業まで、多岐にわたるセクターで利用されています。 特に自動車業界のニーズに対応するように設計されています。自動車産業のサプライチェーン(メーカー、サプライヤー)に特化した要件が含まれています。
追加要件と厳格さ 品質管理の基本的な枠組みを提供し、組織がそれを自身のニーズに合わせて適応させる柔軟性があります。 ISO 9001の全ての要件に加え、自動車産業特有の追加要件が存在します。これには、プロセス改善、予防保全、欠陥の原因分析、製品安全、リスクベースの思考などが含まれ、より厳格な要求がされます。
認証と監査プロセス 様々な認証機関による認証が可能で、比較的標準化されたプロセスを経て認証を取得します。 認証は、IATF(国際自動車タスクフォース)により認定された特定の認証機関によってのみ行われます。監査プロセスはより厳格で、特定の要件に対する詳細な評価が含まれます。
製品とプロセスの安全重視 一般的な品質管理と顧客満足に焦点を当てます。 製品の安全性、リコール防止、製造プロセスの安定性など、自動車産業特有のリスクに対するより深い重視があります。
サプライチェーン管理 サプライチェーン管理に関しては一般的な指針のみを提供します。 自動車産業におけるサプライチェーン管理の詳細な要件があり、サプライヤーの選定、評価、監視に関してより具体的な指導が含まれます。
顧客特定要求 顧客特定要求に対する直接の言及はありません。組織は顧客満足を目指す一般的な枠組みに従います。 自動車産業における顧客(特に大手自動車メーカー)からの特定要求に対して、より具体的な対応を求められます。これは、特定の技術的要求や業務プロセス、納入条件などを含むことがあります。
従業員の意識とトレーニング 従業員の意識向上とトレーニングに関する要件は比較的一般的です。 自動車産業における特有の要求に対応するため、従業員のトレーニングと意識向上に関してより詳細な要件が設定されています。これには特定のスキル、プロセス理解、品質意識の強化が含まれます。
製品リリースプロセス 製品リリースに関しては一般的なガイドラインが提供されます。 新製品や変更製品のリリースに関して、より厳格なプロセスと詳細な要件が設定されています。これには、試験、検証、顧客承認などが含まれます。
緊急対応計画 緊急対応計画についての言及は比較的限定的です。 自動車産業の特性を考慮し、供給停止やリコールなどの緊急時に対応するための具体的な計画と手順が求められます。
品質管理ツールの使用 一般的な品質管理ツールの使用を推奨しますが、具体的なツールについての言及は限定的です。 FMEA(Failure Mode and Effects Analysis)、SPC(Statistical Process Control)などの特定の品質管理ツール(コアツール)の使用が求められ、これらのツールを利用した詳細なデータ分析とプロセス改善が期待されます。

これらの違いは、IATF 16949が自動車産業の特有のニーズに焦点を当て、より厳格で詳細な要求を設定していることを反映しています。一方、ISO 9001はより広範な業種に適用可能で、組織が自身の特定の状況に合わせてシステムを適応させる柔軟性を提供します。

IATF16949とISO9001の違い:まとめ

IATF16949とISO9001の違いは何?簡単にわかりやすく解説④

IATF16949とISO9001の違いについてはいかがでしたでしょうか?基本的な内容をのみを解説しました。

まとめると、ISO 9001は業界を問わず適用可能な品質管理システム標準であり、一方IATF 16949は自動車産業特化の要件を含んでいます。

また、IATF 16949はISO 9001の基本要件に加え、自動車業界固有の厳格な要件、顧客特定要求への対応、従業員トレーニング、製品リリースプロセス、緊急対応計画、特定の品質管理ツールの使用を求めています。

これにより、自動車産業における高い品質と安全性が保証されるのが特徴です。

その為、取得難易度も大きく難しくなるので、当サイトで要求事項をさらに詳しく理解を深めていただければ幸いです。

コンサルタント不要!社内構築を目指すサービス展開中

ISO9001_IATF16949_VDA6.3_構築ノウハウ販売

コンサルティングではない!新感覚のサービスとは?

おすすめの記事