【緊急告知】2024年QMS構築企業様向け!大感謝SALE開催

ISO9001_IATF16949_VDA6.3_SALE

ISO9001取得は目的が大事!経営層の方必見のその意味を解説

組織がISO9001を取得する目的は、主に先方からの要求に応じる形による、顧客や取引先の拡大と組織内の品質マネジメントシステムを向上・維持するための2つに大別されます。

前者は組織の企業活動の視点から、後者は品質管理の視点からの導入目的であり、どちらも組織を運営するうえで欠かせない、大切な視点です。

今回の記事は、ISO9001がどのような目的で制定され、導入した組織にどのような効果をもたらしているのか、詳しく解説します。

IATF16949/ISO9001/VDA6.3

コンサルティングではない!新しいサービスとは?
ISO9001_IATF16949_VDA6.3_販売中ノウハウ

ISO9001が目指す目的とは?

ISO9001の目的は、国際標準化機構であるISOが制定した国際基準に基づき、製品やサービスの品質向上を継続的に行うことを目的としています。

つまり、国際基準を満たした製品やサービスを提供するための品質マネジメントシステムを整備し、顧客や取引先との業務を充実させることを目指しているのです。

ISO9001を取得するには、品質マネジメントシステムを確率するうえで求められる「要求事項」を満たす必要があり、主に

・業務の作業手順の明確化およびルールの制定

・組織の運営方針と目標を達成するための計画書の作成

・問題発生時には、その都度是正する

といった内容が求められています。

要求事項に従って組織のルールを制定・運用することによって、ISO9001が目指す「国際基準を満たした製品やサービスを提供するための品質マネジメントシステムを整備し、顧客や取引先との業務を充実させる」という目的が達成できるようになっているのです。

ISO9001の規定は、組織に合わせた柔軟な変更が可能

ISO9001の要求事項は、必ずISOが決めたフォーマット通りに運用しなければならないものではなく、組織のこれまでの運営に応用する形で、品質マネジメントシステムとして組み立てることが可能です。

要求事項の内容は、組織が顧客や取引先などの外部から求められる製品やサービスへの期待や、従業員などの内部から求められる業務の管理方法などをルールとして明確化したものであり、組織が業務の一環としてすでに行っているケースが多いことがほとんどです。

ISO9001の取得には、これまで運用してきた規定や基準値を文書化する必要があります。

例えば製品を製造する場合、一般的には受注→発注→製造→検索という工程を経て納品されます。この工程で記録をどのように作成し、進捗状況を管理しているのかを文書化します。この時、業務で使用しているマニュアルも品質管理方法として取りまとめ、一覧できるよう文書化する必要があります。

このように、現在組織で運用している品質マネジメントシステムをISO9001の要求事項に照らし合わせて改善することによって、スムーズにISO9001を導入することが可能になります。

コンサルティングではない!新しいサービスとは?
ISO9001_IATF16949_VDA6.3_販売中ノウハウ

ISO9001取得により得られる効果

すでにISO9001を取得している組織が、ISO9001を導入したきっかけの多くは、顧客や取引先からの要求により取得した、というケースがほとんどです。

しかしISO9001を取得することで、上記のようにマーケティングに関するメリット以外にも、マネジメントに関するメリットもあります。

両方のメリットを理解することで、ISO9001取得の目的がより明確になり、取得後も実用的な運用を行うことができます。

生産性の向上

ISO9001では、これまで行っていた業務の工程を見直し、どのような手順で進めるか、どの従業員が見てもわかるように明確にすることが求められています。

プロセスを明確にすることによって、これまで業務で見落とされていた品質管理の改善点が明らかになることで、生産性の向上が期待できます。

従業員1人1人の品質維持能力の向上

業務の工程が明確になることで、従業員に必要な教育や人事に関する手続きが滞りなく行われ、品質が保持されます。

また、作業手順がわかりやすくなることで、業務に対する意欲の向上や、責任感の意識の変化につなげることができます。

継続的な品質改善

IS09001を取得すると、規定通りの運用ができているかの審査を毎年受けることが義務づけられています。正しく運用を行うにはPDCAサイクルを活用することで継続して業務改善を実施することが重要です。

このように品質マネジメントシステムを定期的にアップデートすることによって、質の良い製品やサービスを提供することができるようになります。

従業員の満足度向上

ISO9001では従業員の責任と権限も明確にする必要があります。

責任者が、自分の持つ権限を正しく把握し、業務の管理を行うことで、従業員が自身の業務における役割を正確に認識できるようになり、組織全体のモチベーションを上げる効果が見込めます。

ISO9001取得の目的:まとめ

ISO9001取得の目的は、組織それぞれの理由があると思います。しかし、どのような理由であっても取得を目指すのであれば、ISO9001導入後のメリットを把握したうえで、取得に向けて行動を起こすことが理想的です。

この記事がISO9001の導入を考えている企業や組織の皆様にとって、参考になる記事であれば幸いです。

外部おすすめ記事

製造職おすすめ転職活動の方法

内部おすすめ記事

ISO9001取得企業のメリットは何?わかりやすく解説!

コンサルティングではない!新感覚のサービスとは?

おすすめの記事