【緊急告知】2024年QMS構築企業様向け!大感謝SALE開催

IATF16949&ISO9001認証パートナーSALE

【ISO9001用語】レビューとは何?簡単にわかりやすく解説!

品質マネジメントシステムの成功は、効果的なレビュープロセスにかかっています。この記事では、どのようにして組織全体の品質を向上させるためのレビュープロセスを計画的に構築し、実施するかを解説します。明確な目的設定から、実施、改善、そして継続的な評価に至るまで、実践的なステップを通じて品質管理の鍵となるレビュープロセスの重要性を探ります。


IATF16949/ISO9001/VDA6.3

おすすめ記事

品質マネジメントシステムでよく出てくる「レビュー」とは何?

【QMS用語】レビューとは何?簡単にわかりやすく解説!①

品質マネジメントシステムにおける「レビュー」とは、プロセスや製品の品質を評価し、改善のための機会を識別する活動です。このプロセスは、品質マネジメントシステムの一部として組織の全体的な品質向上を目指します。

レビューは以下のような特徴を持ちます:

  1. 計画的な評価:特定のスケジュールに基づいて実施され、プロジェクトの異なる段階で行われます。
  2. 目的:プロセス、製品、またはサービスの品質を評価し、準拠性、効率性、および有効性を確保することです。
  3. 参加者:関連するステークホルダーや品質保証チームが参加し、客観的な視点から評価を行います。
  4. 方法:文書のレビュー、プロセスの監査、製品の検査など、様々な方法が用いられます。
  5. フィードバックと改善:レビューの結果は、問題の特定、リスクの評価、改善策の提案に使用されます。
  6. 継続的なプロセス:品質マネジメントシステムは継続的な改善を目指すため、レビューは定期的に行われます。

このようなレビューを通じて、組織は製品やサービスの品質を継続的に向上させ、顧客満足度を高めることができます。また、ISO 9001などの国際的な品質マネジメント規格は、このようなレビュー活動を重要視しています。

審査で「レビューがされていない」と指摘された!原因は何?

【QMS用語】レビューとは何?簡単にわかりやすく解説!②

品質マネジメントシステムの審査で「レビューがされていない」と判断された場合、いくつかの原因が考えられます。ここで挙げるのは一般的な原因であり、具体的な状況に応じて異なる可能性がありますが、以下の点を確認することが重要です。

  1. レビュープロセスの不在または不十分な文書化
    • 組織内に定められたレビュープロセスが存在しない、または十分に文書化されていない可能性があります。
    • レビュープロセスが存在しても、それが正しく文書化されておらず、審査員が確認できない状況かもしれません。
  2. 実施されていない、または不十分なレビュー活動
    • レビューが計画通りに実施されていない、またはその頻度が不足している可能性があります。
    • 実施されたレビューが表面的で、重要な品質の側面を十分にカバーしていない可能性もあります。
  3. 不適切なレビュー参加者
    • レビューに必要なスキルや専門知識を持つ人材が参加していない、またはステークホルダーの関与が不足していることも原因となり得ます。
  4. フィードバックや改善策の不足
    • レビューから得られるフィードバックが不十分であったり、改善策が適切に提案・実施されていない可能性があります。
  5. 記録の不足
    • レビュー活動の記録が不十分で、審査時にレビューの実施証拠を提供できない場合があります。
  6. コミュニケーションの欠如
    • レビューの結果や改善策が関連する部門や個人に適切に伝達されていない場合もあります。

これらの問題を解決するためには、レビュープロセスの見直し、文書化の改善、適切な人材の参加、フィードバックメカニズムの強化、記録管理の改善などが必要です。また、組織全体で品質マネジメントシステムの重要性を認識し、関連するすべてのスタッフがプロセスに参加する文化を醸成することも大切です。

【おすすめ】レビュープロセスの構築方法

【QMS用語】レビューとは何?簡単にわかりやすく解説!③

品質マネジメントシステムにおけるレビュープロセスの構築には、計画的で体系的なアプローチが必要です。以下に、効果的なレビュープロセスを構築するための推奨手順を挙げます。

  1. 目的と範囲の定義
    • レビューの目的(品質向上、顧客満足度の向上、リスクの低減など)を明確に定義します。
    • レビューの範囲を特定し、どのプロセス、製品、またはサービスがレビューの対象であるかを決定します。
  2. ポリシーと手順の文書化
    • レビューのポリシーと手順を文書化し、全ての関係者がアクセスできるようにします。
    • これには、レビューの方法、頻度、責任者、関与するステークホルダー、記録の保持方法などを含めます。
  3. 適切なリソースの確保
    • レビューを実施するための適切な人材、時間、および必要な技術的リソースを確保します。
    • 適切なトレーニングと教育を提供し、関係者がレビュープロセスを理解し、効果的に実施できるようにします。
  4. 関係者の関与
    • レビューには、関連部門の代表者や必要に応じて外部の専門家も含めます。
    • ステークホルダーの期待と要件を理解し、プロセスに反映させます。
  5. パフォーマンス指標の設定
    • レビュープロセスの効果を測定するためのパフォーマンス指標を設定します。
    • これには、品質改善の程度、顧客満足度の向上、プロセス効率の改善などが含まれる場合があります。
  6. レビューの実施と記録
    • 定められたスケジュールに従ってレビューを実施し、結果を記録します。
    • 記録には、レビューの日付、参加者、議論された内容、識別された問題、提案された改善策などを含めます。
  7. フィードバックと改善
    • レビューの結果を基に、必要な改善策を計画し、実行します。
    • フィードバックループを確立し、レビュープロセス自体の改善を継続的に行います。
  8. コミュニケーションとレビュー
    • レビューの結果と改善策を関係者に適切にコミュニケートします。
    • 定期的にレビュープロセス自体をレビューし、必要に応じて改善します。

このように、レビュープロセスの構築は、組織の特定のニーズに合わせて調整されるべきです。組織全体で品質へのコミットメントを持ち、プロセスに関与するすべて関係者とのレビューが行えることが必須です。

コンサルタント不要!社内構築を目指すサービス展開中

ISO9001_IATF16949_VDA6.3_構築ノウハウ販売

レビューとは何?:まとめ

【QMS用語】レビューとは何?簡単にわかりやすく解説!④

品質マネジメントシステムのレビュープロセス構築には、明確な目的と範囲の定義、文書化されたポリシーと手順、適切なリソースの確保が必要です。関係者の関与、パフォーマンス指標の設定、実施と記録、フィードバックと改善、継続的なモニタリングと評価が重要です。柔軟性と適応性を持ち、成功事例を共有し、組織内の意識向上を図るようにしましょう。

コンサルティングではない!新感覚のサービスとは?

おすすめの記事