【緊急告知】2024年QMS構築企業様向け!大感謝SALE開催

IATF16949&ISO9001認証パートナーSALE

中国強制認証制度(CCC)とは何?わかりやすく解説!

本日は、中国強制認証制度(CCC)を解説します。

本記事をお読みになる企業様の多くは、ISO9001や自動車産業のQMS規格であるIATF16949を取得している企業の方が多いと思いますが、きっとこのCCCという規格について興味を持っていることでしょう。

今回はそのCCCの謎を解き明かすために詳しく解説します。


IATF16949/ISO9001/VDA6.3

中国強制認証制度(CCC)とは何?

中国強制認証制度(CCC)とは何?わかりやすく解説!①

CCC、すなわち"China Compulsory Certification"とは何か。

これは中国で市場への製品販売を可能にするための強制的な認証制度であり、中国の管理体制の一部です。

製品がCCC規格に適合していることを証明するためのマークを取得することは、製品が中国で輸出、販売されるための重要な一環となります。

CCCマークは、製品が中国の規格と技術要求に適合していることを証明します。

国家認証認可監督管理総局(CNCA)により設立され、CQCなどの認定された認証機関が該当製品の審査と試験を実施します。

このマークは家庭用電気機器、自動車部品、情報技術装置、ケーブルや電線など、特定の製品群に対して求められます。

CCCマークの適用範囲

CCCマークの適用範囲は幅広く、様々な製品が対象となります。

家庭用電気機器、電動工具、電線やケーブル、照明器具、電力工具、電圧スイッチ、溶接機などが含まれます。

これらはすべてCCCの規定に適合し、適切なマークを取得する必要があります。

CCCマークの除外品目

しかし、すべての製品がCCCマークを必要とするわけではありません。

例えば、一部の医療機器や特定の電子機器などは、CCC認証の対象外となることもあります。

対象品目の最新情報を確認することは、海外から中国への輸出や販売を検討している企業にとって重要なステップとなります。

具体的な申請方法とステップ

中国強制認証制度(CCC)とは何?わかりやすく解説!②

CCCの取得は、申請から審査、試験、発行まで、一連の手続きを経る必要があります。

その詳細については以下のようになります。

  1. 製品の自己評価:製品がCCCの要求に適合しているかの自己評価を実施します。自社の製品がCCCの対象製品リストに該当するか確認します。
  2. 申請: CCC認証を発行する認証機関に対して申請を行います。該当する規格や認証要求、申請書、製品の技術資料などが必要となります。
  3. 製品の試験:申請が承認されると、製品は試験に送られます。試験は認証機関の指定した試験所で実施されます。
  4. 工場調査:製品が試験に合格した後、申請者の工場を調査します。生産設備、品質管理システム、製品の一貫性を確認します。
  5. 認証:すべての試験と調査が完了し、結果が満足できるものであれば、認証機関はCCCマークの発行を承認します。

CCC制度の問題点5つ紹介

中国強制認証制度(CCC)とは何?わかりやすく解説!③

CCC制度は製品の安全性を保証し、中国での製品販売を可能にしますが、以下の5つの主要な問題点が存在します。

対象製品の不明確さ

CCCの対象となる製品は、一見明確に定義されていますが、細部に渡る製品カテゴリーには混乱が見られます。これは、製品が具体的にどのカテゴリーに属するかを決定することが困難であるためです。この問題を解決するためには、中国の国家認証認可監督管理総局(CNCA)による製品分類ガイドラインを熟知し、専門家の助けを借りることが必要です。

手続きの複雑さ

CCCの申請手続きは、製品テスト、工場調査など、多くのステップを含むため複雑です。加えて、言語の壁や地域間の時差も手続きを困難にします。手続きをスムーズに進めるためには、専門的な知識と経験を持つ代理人を利用することを考慮すべきです。

更新の頻度

CCCマークは5年ごとに更新が必要で、そのたびに新たな製品テストと工場調査が求められます。これは時間と費用を要するため、製品のライフサイクルや市場戦略に影響を与えます。効率的な更新プロセスを確保するためには、更新のスケジュールを事前に計画し、必要な資料を整理することが重要です。

CCCマークの不適用製品

一部の製品はCCCの対象から除外されており、それらの製品に対する特定の規制は不明確です。これに対応するためには、製品が除外品目に該当するかどうかを正確に理解し、適切なマーケットへの参入戦略を策定する必要があります。

地理的な制約

試験は基本的に中国国内の指定試験所で実施されるため、海外の企業にとってはこれが大きな障壁となります。試験の進行状況を把握し、適切に対応するためには、中国国内に信頼できるパートナーを持つことが重要です。

 

これらの問題点に対する対策は、CCC制度を理解し、その複雑性に適切に対応するための指針を提供します。専門知識を持つパートナーと協力することで、CCCの取得と更新を効率的かつ確実に進めることが可能となります。

IATF16949やISO9001とCCCの関係性

中国強制認証制度(CCC)とは何?わかりやすく解説!

IATF16949やISO9001は、企業が品質管理システムを確立・維持するための国際規格で、CCCと同じく製品の品質と安全性を保証する目的があります。

しかし、これらの規格が国際的に適用されるのに対し、CCCは中国国内でのみ適用されます。

CCCとこれらの規格は、共に企業が製品の品質を確保し、顧客の信頼を獲得するための重要なツールとなります。

しかしながら、CCCは中国国内での販売に特化しており、中国市場への参入を考える企業にとっては避けて通れないステップとなります。

CCCとこれらの規格は異なる焦点を持つものの、共に製品の品質を保証し、顧客満足度を高め、最終的には企業の競争力を向上させることを目指しています。

したがって、これらの規格を理解し、適切に取得・適用することは、製造業に従事する企業にとって非常に重要な課題となります。

外部おすすめ記事

設計職の転職ガイド!転職活動を成功させる秘訣まとめ

第8章は「プロジェクト計画書」が大事!格安でご提供いたします!
プロジェクトマネジメントが得意な僕一押しの計画書が完成!

IATF16949:8.1.1項及びISO9001:8.1項の運用の計画及び管理は、プロジェクト計画書の作成を意図しています。

ISO9001:8.3.2項の設計・開発の計画と合わせた「プロジェクト計画書」をたった一枚のシートで網羅した帳票があれば鬼に金棒!

簡単にまとめられるテクニック満載の帳票を格安でご提供いたします!

①お支払い完了後、ダウンロード可能になります。
②商品は、xlsx形式での納品なので自社に合わせて編集可能です!
③ダウンロードは1回、10日以内に行ってください。
④期限をすぎるとダウンロードできなくなります。
⑤銀行振込・クレジットカード払い対応!
⑥請求書・領収書はマイページよりダウンロード可能!
⑦銀行振り込みの場合、振込確認後ダウンロード可能となります。
⑧インボイス登録番号は、領収書をご確認ください。

まとめ

CCCは、中国で製品を輸出・販売するために必要な重要な認証制度であり、それに適合することは企業にとって大きな利点となります。

しかしながら、その適用範囲、申請方法、そして問題点を理解することは、この制度を最大限に活用するためには不可欠です。

一方、IATF16949やISO9001は、企業が製品の品質を確保し、顧客の信頼を獲得するための国際規格であり、CCCと同じく製品の品質と安全性を保証する目的があります。

これらの規格を適切に取得・適用することは、製造業に従事する企業にとって非常に重要な課題となります。

CCCとこれらの規格は異なる焦点を持つものの、共に製品の品質を保証し、顧客満足度を高め、最終的には企業の競争力を向上させることを目指しています。

これらの規格を理解し、適切に活用することで、製造業における品質管理を一段と高めることが可能となります。

ISO9001やIATF16949を既に取得しているあなたにとって、これらの情報はCCC取得の一助となることでしょう。

この情報があなたの事業、そしてあなた自身の知識の拡張に役立てば幸いです。

以上が、中国強制認証制度(CCC)の詳細についての親しみやすい解説でした。中国での事業展開を考えるあなたの一助となれば幸いです。

コンサルタント不要!社内構築を目指すサービス展開中

ISO9001_IATF16949_VDA6.3_構築ノウハウ販売

コンサルティングではない!新感覚のサービスとは?

おすすめの記事