【緊急告知】春のQMS応援キャンペーン

自動車業界におけるTierとは?その意味と役割を徹底解説

自動車業界でよく耳にする「Tier(ティア)」という用語。その定義や各Tierの役割について詳しく解説します。Tierは各階層に分かれているので、その役割について及び、サプライチェーン管理についても併せて確認していきましょう!


IATF16949/ISO9001/VDA6.3

IATF16949+ISO9001の要求事項解説が電子書籍に!

「IATF16949の要求事項の解説本を買ったけどわからない」といった企業様の声をよく聞きます。その理由は簡単!

どの解説本も現場に即した実践的な解説をしていないからです。

品質管理/品質保証を中心に、品質マネジメントシステム構築プロジェクトリーダーや内部監査・審査会社対応・仕入先監査(80社以上)などから得た僕の知識と経験をフル活用した「IATF16949+ISO9001解説本:電子書籍版」を販売しています。

難しい言い回しをしないで分かりやすい表現やワンポイントアドバイス・重要事項などをわかりやすく解説しています!

Tierとは何?

自動車業界におけるTierとは?その意味と役割を徹底解説①

「Tier(ティア)」は、サプライチェーンにおける階層や段階を指す用語で、特に製造業や自動車業界で頻繁に使われます。各Tierは製品やサービスの供給のレベルに応じて分類され、上位のTierほど完成品に近い部品やシステムを提供します

Tier1とは何?

自動車業界におけるTierとは?その意味と役割を徹底解説②

自動車業界における「Tire 1」(Tier 1)は、車両メーカー(OEM、Original Equipment Manufacturer)に対して直接部品やシステムを供給するサプライヤーを指します。これらのサプライヤーは、エンジン、ブレーキシステム、電子制御ユニット(ECU)など、完成車に組み込まれる主要な部品やシステムを提供します。

定義 OEM(車両メーカー)に直接部品やシステムを供給するサプライヤー。
エンジン、ブレーキシステム、内装部品などの主要部品を提供。
特徴 高度な技術力と品質管理が求められ、OEMと緊密に連携して製品開発を行う。

例: Bosch、Denso、Continental、Magnaなどが代表的なTier 1サプライヤーです。

Tier2とは何?

自動車業界におけるTierとは?その意味と役割を徹底解説③

Tier 2(ティア2)とは、製造業や自動車業界におけるサプライチェーンの階層の一つで、Tier 1サプライヤーに対して部品や材料を供給するサプライヤーを指します。Tier 2サプライヤーは、完成品に組み込まれる部品や材料の製造を担当し、Tier 1サプライヤーの要求に応じた製品を提供します。

定義 Tier 1サプライヤーに部品や材料を供給するサプライヤー。
小型の部品や部材、半導体、素材などを提供。
特徴 Tier 1の要求に応じた品質と性能を提供することが求められる。

Tier 1サプライヤーに対して高度な技術と品質を提供し、自動車の性能と安全性を支える重要な役割を果たしています。

Tier3とは何?

自動車業界におけるTierとは?その意味と役割を徹底解説④

Tier 3(ティア3)とは、製造業や自動車業界におけるサプライチェーンの階層の一つで、Tier 2サプライヤーに対して部品や材料を供給するサプライヤーを指します。Tier 3サプライヤーは、より基本的な部品や原材料の製造を担当し、サプライチェーン全体の基盤を形成しています。

定義 Tier 2サプライヤーに部品や材料を供給するサプライヤー。
原材料、基本的な部品やコンポーネントを提供。
特徴 上位Tierの要求に基づいて供給するための基本的な製造能力と品質管理が必要。

Tier 3サプライヤーは、サプライチェーンの基礎を支える重要な役割を担っており、上位のTierに高品質な原材料や基礎部品を供給することで、全体の製品品質と信頼性を確保しています。

自動車産業におけるサプライチェーン管理の基本

自動車業界におけるTierとは?その意味と役割を徹底解説⑤

自動車産業におけるサプライチェーン管理の基本とは、製品の設計から最終的な顧客への納品に至るまで、全てのプロセスを最適化し、効率的に運用することを指します。

特に、Tier 1サプライヤーがTier 3サプライヤーまでの管理を含めて行うことが求められます。これにより、品質の確保、コストの削減、納期の遵守が実現されます。

Tier 1サプライヤーは、自社の製品だけでなく、Tier 2およびTier 3サプライヤーから供給される部品や材料の品質も管理する責任があります。これには、サプライヤー監査、品質基準の設定、定期的な品質検査などが含まれます。

 

関連記事

 

IATF16949を取得するとこれらの対応がきちんと取り組むことができるので、多くのOEMがIATF16949の取得を促していること繋がっています。

自動車産業のTierとは何?まとめ

自動車業界におけるTierとは?その意味と役割を徹底解説⑥

自動車産業におけるサプライチェーン管理の基本は、製品設計から最終納品までの全プロセスを最適化し、効率的に運用することです。

特にTier 1サプライヤーは、Tier 3サプライヤーまでの管理を含めて行うことが求められ、これにより品質確保、コスト削減、納期遵守が実現されます。

【重要】

サプライチェーンは複数の階層に分かれており、Tier 1はOEMに直接製品を供給し、Tier 2はTier 1に部品や材料を供給し、Tier 3はTier 2に原材料を供給します。

これらを総合的に管理することで、効率的かつ高品質な自動車の提供が可能となります。

月間2万PV越えの品質マネジメントシステムの攻略記事公開!

ISO9001とIATF16949・VDA6.3完全対応

当サイトでは、製造業の全般の記事から品質マネジメントシステム攻略(ノウハウ)記事を公開しています。月間2万PVを超えるアクセス数から、多くの方に閲覧いただいています。

無料で公開しているコンテンツから、有料商品(ノウハウ教材・帳票など事例多数)まで様々なサービスを提供していますので、是非ご活用ください!

【当サイトの特徴】
①製造業に関わる記事を公開
②ISO9001の要求事項全てを網羅した攻略記事公開
▶ISO9001攻略ノウハウ教材多数販売(教材・帳票)
③IATF16949の難しい要求事項をわかりやすく解説
▶IATF16949攻略ノウハウ教材多数販売(教材・帳票)
④VDA6.3をIATF16949と一緒に紐解く解説記事公開
▶VDA6.3要求事項攻略教材販売

ショップ:販売商品一覧はこちらから

コンサルティングではない!新感覚のサービスとは?

おすすめの記事