【緊急告知】夏のQMS応援キャンペーン

QMS応援キャンペーン広告

自動車開発の鍵:段確、品確、量確のプロセスとIATF16949の重要性

自動車開発は、非常に複雑で多段階のプロセスを経て行われます。新しい車両の開発は、初期の設計段階から始まり、最終的な量産車の製造に至るまで、数多くの試作車が製造されます。これらの試作車は、設計や性能、安全性などの様々な面での確認と改善のために不可欠です。

今回の記事は、自動車開発における専門用語である「段確、品確、量確」を基に、各プロセスの役割について解説します。


IATF16949/ISO9001/VDA6.3

IATF16949+ISO9001の要求事項解説が電子書籍に!

「IATF16949の要求事項の解説本を買ったけどわからない」といった企業様の声をよく聞きます。その理由は簡単!

どの解説本も現場に即した実践的な解説をしていないからです。

品質管理/品質保証を中心に、品質マネジメントシステム構築プロジェクトリーダーや内部監査・審査会社対応・仕入先監査(80社以上)などから得た僕の知識と経験をフル活用した「IATF16949+ISO9001解説本:電子書籍版」を販売しています。

難しい言い回しをしないで分かりやすい表現やワンポイントアドバイス・重要事項などをわかりやすく解説しています!

人気:メールコンサルティングサービス】
教材・帳票などをすべて含む「疑問・質問」についてお答えします!
おすすめ教材+メールコンサルサービスの併用が人気です!
サービスの詳細はこちら

自動車開発は大変!

自動車開発の鍵:段確、品確、量確のプロセスとIATF16949の重要性①

自動車開発は非常に複雑で、多くのステップを経て最終的に量産車が製造されます。まず、初期段階では新しい車両のコンセプト設計が行われ、その後、詳細な設計や試作車の製造に進みます。

試作車は、新しいデザインや技術が実際の運転環境でどのように機能するかを確認するために重要です。これにより、設計の問題点や改善点が明らかになります。試作車の製造段階では、「段確」「品確」「量確」といった各ステップで異なる評価が行われます。最終的に、全ての確認が完了し、品質と性能が確保された段階で、量産車の製造に移行します。

このプロセスは、新しい車両が市場で成功するために欠かせないものであり、自動車メーカーの競争力を支える重要な要素となっています。

試作車製造のプロセス

自動車開発の鍵:段確、品確、量確のプロセスとIATF16949の重要性②

試作車製造のプロセスは、新しい自動車が市場に出る前に行われる重要なステップです。このプロセスは主に三つの段階に分かれます。

まず、「段取り確認(段確)」では、初期の試作車が製造され、設計や組み立て方法が適切かどうかを確認します。この段階で使用される部品や金型は暫定的なもので、設計のフィードバックを基に改善が行われます。

次に、「品質確認(品確)」の段階に進みます。このステップでは、量産に使用する本型を用いて製造された部品が評価され、品質や性能が基準を満たしているかを詳細にチェックします。

最後に、「量産確認(量確)」では、実際の量産工程で使用する設備やプロセスを用いて最終確認が行われます。ここでの評価がクリアされれば、量産開始(SOP)に向けた準備が整います。

これらのステップを経ることで、最終的な量産車の品質と信頼性が確保されます。

IATF16949関連記事

段確、品確、量確の詳細

自動車開発の鍵:段確、品確、量確のプロセスとIATF16949の重要性③

段確:初期試作イベントの詳細と使用する金型の種類

段取り確認(段確)は、自動車開発プロセスにおける初期試作イベントです。この段階では、設計図や3Dモデルを基に試作車を製造し、実際の製造プロセスをシミュレーションします。使用される金型は暫定型や試作型と呼ばれ、最終的な量産型とは異なり、設計の柔軟性を持たせるために簡易な構造となっています。段確の目的は、設計や組み立て方法が実際に機能するかを確認し、必要な改善点を洗い出すことです。この段階でのフィードバックは、後続の品確や量確のステップに向けての重要な基盤となります。

IATF16949関連記事

品確:品質確認のプロセスと使用する本型

品質確認(品確)は、段確の次に行われるステップで、量産に向けた準備が進む重要な段階です。このステップでは、実際に量産で使用される本型を用いて部品を製造し、その品質や性能を厳密にチェックします。品確の目的は、量産時に発生し得る問題を事前に洗い出し、品質基準を確立することです。具体的には、部品の寸法精度、素材の強度、組み立ての一貫性などが評価されます。品確を通じて得られたデータは、製品の最終的な品質保証のための重要な情報源となります。

IATF16949関連記事

量確:量産確認とその後のSOP(量産開始)

量産確認(量確)は、試作車製造プロセスの最終段階であり、量産開始(SOP)に向けた最終調整が行われます。このステップでは、実際の量産ラインを使用して製造された部品や車両を評価し、量産工程全体の安定性と効率を確認します。量確では、製品が量産ラインで連続的に生産される中で、品質や性能が一貫して高いレベルで維持されるかを検証します。ここでの確認が完了すれば、正式に量産が開始され、SOP(Start of Production)に移行します。量確は、製品が市場に出る前の最終チェックポイントとして、非常に重要な役割を果たします。

IATF16949関連記事

自動車開発におけるIATF16949の役割

自動車開発の鍵:段確、品確、量確のプロセスとIATF16949の重要性④

IATF16949は、自動車業界における品質管理の国際規格であり、世界中の自動車メーカーや部品サプライヤーが採用しています。この規格は、製品の品質と信頼性を向上させるための具体的な要件を提供し、組織の品質マネジメントシステムの改善を促進します。

自動車開発プロセスにおいて、IATF16949は特に段確、品確、量確の各ステップで重要な役割を果たします。段確では、初期段階での設計や製造プロセスのリスクを評価し、問題を未然に防ぐための手法を提供します。品確の段階では、量産用の部品が規定の品質基準を満たしているかを詳細に確認するプロセスが標準化されており、これにより品質の一貫性が保たれます。量確では、実際の量産工程において品質管理の手順が厳密に適用され、生産の安定性と効率性が確保されます。

IATF16949の適用により、自動車メーカーは高品質な製品を市場に提供し、顧客満足度を向上させることが可能となります。

IATF16949:第8章(開発段階)の必須帳票販売中!

事例付き多数の帳票だから「楽々構築&理解」可能!

【監査員の僕のノウハウが詰まった帳票販売】
IATF16949の第8章(設計開発段階)構築に必須の重要帳票をお手頃価格で販売中!事例付き帳票多数の為、ご購入後すぐに理解できるのも特徴です。
※FMEAなどの必須帳票は、第6章・第7章の対応記事をご確認ください。

【要チェック】
ISO9001とIATF16949は、重複する帳票があるので、下記の赤ボタンからISO9001帳票のチェックもお忘れなく!
※SALEは予告なく開始・終了いたしますので、お早めに!

【ご購入/お支払方法の流れ】

Q&A①:マイページの発行はどうすればいい?

①マイページのログインはこちらから
マイページへのログイン
②マイページの発行と作成はこちらから
マイページの発行と作成方法

Q&A②:商品ページはどこですか?

弊社商品ページは下部リンクよりご確認ください。
商品ページはこちら

Q&A③:その他支払い方法(後払いなど)はできますか?

貴社のご希望がございましたら、下記のお問合せページよりご連絡ください。
お問い合わせはこちら

Q&A④:請求書・領収書の発行方法を教えてください。

下記のページに詳しく解説しております。ご確認お願いします。
請求書・領収書のダウンロード方法

Q&A⑤:商品ダウンロードについての注意点はありますか?

・商品は、xlsx形式またはPDF形式での納品なので自社に合わせて編集可能です!
・ダウンロードは1回、10日以内に行ってください。
・期限をすぎるとダウンロードできなくなります。
・銀行振込・クレジットカード払いを選択いただけます。
・請求書・領収書はマイページよりダウンロード可能です。
・銀行振り込みの場合、振込確認後ダウンロード可能となります。
・インボイス登録番号は、領収書をご確認ください。

帳票目的 販売中帳票(多数事例あり)
IATFはプロジェクト管理が必須!プロジェクト計画の立て方が一目瞭然の帳票販売中!
必須要求事項:8.1.1項
No.81_プロジェクト計画書
顧客案件管理で重要なのは「顧客の声」。どんな内容をプロジェクトにインプットすべきかが事例付きでわかる!
必須要求事項:8.2.1.1項
No.8211_顧客案件管理シート
IATFの目玉要求事項!どんな内容を評価すべきか、部門横断検証まで可能な帳票販売!
必須要求事項:8.2.3.1.3項
No.82313_DR1製造フィージビリティ評価表
製造フィージビリティで大事なのは、生産の可否!何を評価すべきか事例付きでわかる!
必須要求事項:8.2.3.1.3項
No.82313-2_生産能力調査表
プロジェクト計画に基づいて、詳細対応行っていくのがプロジェクト管理表。事例付きで解説!
必須要求事項:8.3.2.1項
No.8321-2_プロジェクト管理表
プロジェクトの流れを表すのがAPQP。簡単にフローが作成できる帳票販売中!
必須要求事項:8.3.2.1項
No.8321-1_APQPフロー
コントロールプランへの特殊特性の反映は、IATFで必須!特定方法がわかるノウハウ販売!
必須要求事項:8.3.3.3項
No.8333_コントロールプラン特殊特性特定表
製品承認プロセス(PPAP)で重要なPSW(部品提出保証書)のフォーマット販売。
必須要求事項:8.3.4.4項
No.8344-2_部品提出保証書 
製品承認プロセスで必須のPPAPリストのフォーマットを販売!漏れ防止も可能です!
必須要求事項:8.3.4.4項
No.8344-1_PPAPリスト
設備や治具購入後は「妥当性検証」が必須!その方法がわかる帳票を事例付きで販売!
必須要求事項:8.3.5.2項
No.8352-2_設備及び治具能力検証シート
弊社専属コンサルタントに直接質問ができるお得なサービス!(質問は何でもOK)
全部の要求事項対応可能!
便利!メールコンサルティングサービス

自動車開発は大変!:まとめ

自動車開発の鍵:段確、品確、量確のプロセスとIATF16949の重要性⑤

自動車開発は複雑で多岐にわたるプロセスを経て行われます。試作車製造の各段階である段取り確認(段確)、品質確認(品確)、量産確認(量確)は、設計の実現性と製品の品質を確保するために不可欠です。

段確では初期設計の問題を洗い出し、品確では量産用の部品が品質基準を満たしているかを確認します。最終的な量確では、量産工程全体の安定性と効率を評価し、量産開始(SOP)に備えます。

さらに、IATF16949の適用により、各プロセスにおける品質管理が強化され、高品質な自動車の生産が可能となります。これらのステップと規格の適用により、自動車メーカーは市場での競争力を高め、顧客満足度の向上を実現します。

試作車製造プロセスと品質管理の徹底が、自動車開発の成功に不可欠な要素となっています。

月間2万PV越えの品質マネジメントシステムの攻略記事公開!

ISO9001とIATF16949・VDA6.3完全対応

当サイトでは、製造業の全般の記事から品質マネジメントシステム攻略(ノウハウ)記事を公開しています。月間2万PVを超えるアクセス数から、多くの方に閲覧いただいています。

無料で公開しているコンテンツから、有料商品(ノウハウ教材・帳票など事例多数)まで様々なサービスを提供していますので、是非ご活用ください!

当サイトの無料・有料商品とサービス

①製造業・自動車産業に関わるノウハウ記事を公開
製造業ブログ:▶無料
自動車産業ブログ:▶無料

ISO9001の要求事項全てを網羅した攻略記事公開
ISO9001に関する要求事項解説:▶無料

IATF16949の難しい要求事項をわかりやすく解説
IATF16949に関する要求事項解説:▶無料

VDA6.3をIATF16949と一緒に紐解く解説記事公開
VDA6.3に関する要求事項解説:▶無料

【人気】各種品質マネジメントシステムのノウハウ商品・サービスの販売
ノウハウ教材/帳票類/コンサルティングサービス:▶有料
※コンサルティングサービスはお問合せください。
メールコンサルティングサービスの詳細はこちら

コンサルティングではない!新感覚のサービスとは?

おすすめの記事