【人気教材】IATF16949/ISO9001/VDA6.3構築中企業様必見!

IATF16949/ISO9001/VDA6.3

安全在庫・適正在庫とは?計算式などもわかりやすく解説

製造業の皆さん、在庫管理の悩みって尽きないですよね?今日は「安全在庫」と「適正在庫」について、わかりやすく解説していきます。これからの内容で、あなたの在庫管理のスキルがさらに向上すること間違いなし!まずは、基本的な「安全在庫」から詳しく見ていきましょう。


IATF16949/ISO9001/VDA6.3

おすすめ記事

安全在庫とは?

安全在庫・適正在庫とは?計算式などもわかりやすく解説①

製造業の皆さん、在庫管理は難しいタスクの一つですよね。

特に、「安全在庫」はどういうものなのか、どれくらい持っているべきなのかという疑問を抱えている方も多いのではないでしょうか。

今回はその安全在庫に焦点を当てて、わかりやすく解説していきます。

①安全在庫の定義

安全在庫とは、供給が途絶えたり、需要が急増した場合に備えて確保しておく在庫のことを指します。

一言で言うと、突発的なトラブルや状況変化に対応するための「バックアップ」のようなものです。

これがあることで、不慮の事態でも顧客への納品を滞らせることなく、スムーズに業務を進めることができます。

②安全在庫の必要性

ある日突然、メインの供給元からの納品が遅れるという情報が入ったとしましょう。

このような場面で、安全在庫があるとどれだけ安心できるかは想像に難くありません。

また、急な大量注文が入った時でも、安全在庫を利用することで対応が可能となります。

つまり、安全在庫はリスクを軽減し、企業の信頼性を維持するための重要な要素となっています。

③安全在庫の設定ポイント

安全在庫の設定量は、過去の販売データや予測される需要、供給元の信頼性など様々な要因を考慮して決めることが推奨されます。

また、時期によっても需要は変動するため、定期的な見直しを行い、適切な量を確保しておくことが大切です。

関連記事

なぜ安全在庫を持つメリットがあるの?

安全在庫・適正在庫とは?計算式などもわかりやすく解説③

在庫管理において、「安全在庫」の存在は非常に重要です。しかし、なぜこの安全在庫を持つことが、製造業にとってメリットがあるのでしょうか。今回は、その背景や具体的なメリットについて、親しみやすく解説していきます。

①突発的な供給停止のリスク対策

製造業の現場では、様々なリスクが潜んでいます。供給元の問題や自然災害など、予期せぬ事態が起こる可能性は常に存在します。

例えば、パーツの供給元がストライキに入った場合や、台風や地震による輸送の遅延が発生した場合、計画通りの生産が困難となることも考えられます。

こうした状況において、安全在庫が確保されていれば、少なくとも一時的には通常通りの生産を継続することが可能となります。

このようなリスクヘッジの役割を果たす安全在庫は、企業の生産ラインを守る大きな武器となり得ます。

②需要急増時の対応

市場の動向は予測が難しいもの。

新たなトレンドや急なニュースによって、一気に製品の需要が急増することも少なくありません。

そのような時、予期せぬ大量受注や市場の急な動向変化に、迅速に対応するためには、十分な在庫が確保されていることが必要となります。

安全在庫があることで、一時的な需要の増加にもしっかりと対応することができます。

これにより、顧客からの信頼を失うことなく、さらには迅速な対応を評価され新たなビジネスチャンスに繋げることも可能です。

おすすめ記事

適正在庫と安全在庫の大きな違いとは?

安全在庫・適正在庫とは?計算式などもわかりやすく解説⑤

製造業の現場で耳にする「適正在庫」と「安全在庫」。

これらの用語は、どちらも在庫管理において非常に重要な概念です。しかし、これらの言葉の意味や目的がしっかりと理解されていないと、効率的な在庫管理が難しくなります。

そこで、適正在庫と安全在庫の違いについて、明確に理解するための詳しい説明をしていきます。

①適正在庫の定義と目的

適正在庫とは、通常の需要と供給のバランスを考慮した上で、経済的に最適な量を確保する在庫のことを指します。

これにより、生産や販売がスムーズに行われるよう確保される在庫量のことを言います。

主な目的は「コスト最適化」です。

過剰な在庫を抱えることなく、また在庫不足で生産や販売が止まることなく、経済的な観点から最も効率的な在庫量を求めることが適正在庫の狙いです。

②安全在庫の定義と目的

前述の通り、安全在庫は供給が途絶えたり、需要が急増した場合に備えて確保しておく在庫のこと。

予期せぬリスクに備えるための在庫とも言えます。主な目的は「リスクヘッジ」です。供給の遅延や突然の需要の増加など、予測しにくい変動に対応するための在庫となります。

③適正在庫と安全在庫の大きな違い

要するに、適正在庫と安全在庫の最大の違いはその「目的」にあります

適正在庫は通常の業務運営をスムーズにし、経済的に効果的な運用を目指すもの。

一方、安全在庫はあくまで「緊急時の備え」としての側面が強く、様々なリスクをカバーすることを主眼としています。

このように、適正在庫と安全在庫は、それぞれ異なる目的を持っており、効果的な在庫管理のためには、これらの違いをしっかりと理解し、適切に活用することが求められます。

安全在庫の計算方法とは?

安全在庫・適正在庫とは?計算式などもわかりやすく解説⑥

製造業の皆さんは、商品を生産・供給する上で在庫管理が非常に重要であることをご存知でしょう。その中でも「安全在庫」という言葉が頻出します。では、実際に安全在庫はどのように計算されるのでしょうか。ここでは、安全在庫の計算方法をわかりやすくご説明します。

①安全在庫計算式の基本

安全在庫の計算式は非常にシンプルで、以下のように示されます。

安全在庫の計算式

安全在庫=(最大需要量−平均需要量)×最大納期

こちらの式により、突発的な需要増や供給遅延に備えて確保すべき在庫量を計算することができます。

②計算式のポイントを理解する

  • 最大需要量:過去のデータや市場調査に基づき、予想される最大の需要量を設定します。
  • 平均需要量:過去の実績や市場の動向をもとに、通常の期間中に予想される平均の需要量を算出します。
  • 最大納期:供給元からの最長の納期。これにより、供給の遅延が発生した場合にどれだけの日数分の在庫を確保しておくべきかを計算します。

③具体的な計算例

例として、最大需要量が500個、平均需要量が300個、最大納期が5日だとしましょう。

この場合、安全在庫として1000個の商品を確保しておくことで、最大需要量の状況や最大納期の遅延にも柔軟に対応することができます。

適正在庫の計算方法とは?

安全在庫・適正在庫とは?計算式などもわかりやすく解説⑦

製造業での在庫管理の中で、「適正在庫」は非常に大切なポイントとなります。

安全在庫を持つ理由は「リスクヘッジ」でしたが、適正在庫は「コスト最適化」を目的として設定される在庫です。

では、具体的にどのように計算するのでしょうか。ここで適正在庫の計算方法を詳しく解説いたします。

①適正在庫計算式の基本

適正在庫の計算式は以下の通りです。

適正在庫の計算式

適正在庫=平均需要量+安全在庫

この式は、通常の需要に応じた在庫と、突発的なトラブルに備えるための安全在庫を合計して、適切な在庫量を計算します。

②計算式のポイントを理解する

  • 平均需要量:通常の期間における商品の需要量です。過去の実績や市場の動向を元に算出します。
  • 安全在庫:前述したように、供給の遅延や突発的な需要増に備えて設定する在庫量です。

③具体的な計算例

例として、平均需要量が300個、安全在庫が1000個とした場合の適正在庫を計算します。

この計算により、適切な適正在庫は1300個であるとわかります。

安全在庫・適正在庫の適切な設定方法

安全在庫・適正在庫とは?計算式などもわかりやすく解説⑨

製造業の皆さん、日々の業務での在庫管理は非常に頭を悩ませる部分かと思います。特に「安全在庫」と「適正在庫」の設定は、業績と直結するため非常に重要です。では、これらの在庫を適切に設定するためのポイントや注意点は何でしょうか。以下に詳しく解説します。

安全在庫の適切な設定方法

①過去のデータを基にする

過去の需要データや供給の納期データをしっかりと収集・分析し、その基に安全在庫を設定します。

②供給元の信頼性を考慮する

供給元の過去の納期遅延や品質の問題などの情報をもとに、安全在庫を増やすか減らすかを検討します。

③周期的な見直し

市場の動向や自社の生産能力、供給元の状況などは常に変わるため、定期的に安全在庫の量を見直す必要があります。

適正在庫の適切な設定方法

①需要予測の精度を上げる

適正在庫の設定は、需要予測の精度に大きく依存します。需要の波を正確に捉えるための方法やツールの導入を検討することが重要です。

②在庫コストを詳細に計算する

適正在庫を増やすと、保管コストが増加しますが、少なすぎると営業機会の損失が発生します。これらのコストを詳細に計算し、最適な点を見つけることが必要です。

③サプライチェーン全体を考慮する

供給元だけでなく、中間業者や最終的な顧客までのサプライチェーン全体を考慮し、全体の最適化を目指すことが求められます。

共通の注意点

①過度な在庫削減の危険性

コスト削減のために在庫を過度に減らすと、需要の急増や供給の遅延時に対応できなくなる可能性があります。

②データの質と更新頻度

使用するデータの質や更新頻度も非常に重要です。古いデータや不正確なデータに基づいて在庫を設定すると、適切な在庫管理ができません。

まとめ

安全在庫と適正在庫の適切な設定は、効率的な製造・供給とコスト管理のバランスを取るための鍵となります。上記のポイントや注意点を参考に、日々の在庫管理を最適化していきましょう。

コンサルティングではない!新感覚のサービスとは?

IATF16949/ISO9001/VDA6.3

おすすめの記事