【緊急告知】2024年QMS構築企業様向け!大感謝SALE開催

IATF16949&ISO9001認証パートナーSALE

コンフリクトマネジメントを効果的に!その方法を詳細に解説!

製造業の皆さん、今日は「コンフリクトマネジメント」について解説していきます。この一言で、すぐにピンと来る人もいれば、「えっ、何それ?」という人もいるかもしれませんね。ではまず、何はさておき、コンフリクトマネジメントの認識から始めましょう。


IATF16949/ISO9001/VDA6.3

コンフリクトマネジメントとは何か

コンフリクトマネジメントを効果的に!その方法を詳細に解説!①

コンフリクトマネジメン、言い換えれば、「対立」や「衝突」を「管理」すること。組織においては、どうしても発生することが多い対立や衝突を、全体の利害や目的に照らして、上手に解決し、成長へと繋げる管理職の重要なスキルなのです。

なぜコンフリクトマネジメントが必要なのか

コンフリクトマネジメントを効果的に!その方法を詳細に解説!②

「対立や衝突は避けたい…」と考えがちですよね。しかし、異なる意見や視点があることが前提となる組織内では、それが成長の源ともなります。そこで必要なのが、コンフリクトマネジメントの技術。これにより、対立や衝突を全体の成長や目標達成に繋げることが可能となるのです。

コンフリクトが発生するメカニズム

コンフリクトマネジメントを効果的に!その方法を詳細に解説!③

では、なぜ組織内でコンフリクトが発生するのでしょうか。大きく分けて以下の3つの要素が影響しています。

  1. 感情的な要素:人間関係の摩擦や、個々の感情の違いなど
  2. 事実や情報の相違:情報の非対称性や認識の違いなど
  3. 価値観や目的の相違:組織や部門、個人の目的・価値観の相違など

これらの違いを認識し、把握することがコンフリクトマネジメントの第一歩となります。

コンフリクトマネジメントの種類

コンフリクトマネジメントを効果的に!その方法を詳細に解説!③

さて、コンフリクトマネジメントの具体的な方法にはどのようなものがあるでしょうか。一般的には以下の5つの種類があります。

  1. 回避:コンフリクトの存在を無視する
  2. 服従:相手の意見や要求を受け入れる
  3. 妥協:双方が一部譲り合う
  4. 強制:自分の意見を押し通す
  5. 協調:双方が納得のいく解決策を探す(Win-Win)

これらの種類は、一つのシチュエーションに対して一つの方法が正解というわけではありません。状況に応じて適切なマネジメント方法を選ぶことが求められます。

コンフリクトマネジメントテクニック&スキル

コンフリクトマネジメントを効果的に!その方法を詳細に解説!④

では、上手にコンフリクトマネジメントを行うためにはどのようなテクニックやスキルが必要なのでしょうか。

  1. 相互理解:相手の立場や視点を理解し、尊重すること
  2. 明確なコミュニケーション:誤解や情報の非対称性を防ぐために、明確なコミュニケーションを心がけること
  3. 問題解決の手法:問題解決の手法を習得し、具体的な解決策を導き出すスキル

これらを身につけることで、組織内の対立を上手に解消し、成長につなげることができます。

製造業におけるコンフリクトマネジメント具体例

次に製造業におけるコンフリクトマネジメントの具体例について見ていきましょう。

例1:製品開発プロジェクトでの対立

製品開発のプロジェクトは多くのステークホルダーが関わるため、さまざまな意見や視点が交差します。

例えば、エンジニアリング部門は新たな技術の導入に意欲的な一方で、製造部門は生産性やコスト面から新技術導入に慎重になることもあります。

このような視点の相違が対立となる場合、コンフリクトマネジメントが重要となります。

関係者全員がそれぞれの立場から意見を述べ、理解し合うプロセスを経ることで、よりバランスの良い決定を導き出すことができます。

例2:品質マネジメントシステム(QMS)の導入

ISO9001やIATF16949などの品質マネジメントシステム(QMS)を導入する際にも、異なる考え方や意見が交錯することは避けられません。

例えば、マネジメント層は新システム導入の必要性を認識していても、現場の従業員は新しいシステムの導入による業務負荷増を懸念することもあります。

こうした対立は、各部門の関係者が自身の視点を明確にし、相手の視点を理解することで円滑に解消することができます。

例3:コスト削減のための変革

組織の成長や効率化を目指し、コスト削減のための変革を行うことは製造業においてよく見られます。しかし、これは部門間での利害の対立を生む可能性があります。

特に、短期的なコスト削減と長期的な品質維持という2つの目標はしばしば相反します。この対立を解決するためにも、コンフリクトマネジメントが求められます。

全員がお互いの視点を理解し、共通の目標に向かって行動することで、組織全体として最善の解決策を見つけ出すことが可能になります。

例4:生産ラインのリーダー間の対立

生産ラインのリーダー間で対立が起こることもあります。

例えば、あるラインのリーダーは効率を重視して生産スピードを上げたいと考える一方で、別のラインのリーダーは品質を重視して生産スピードの抑制を主張するかもしれません。

こうした対立はコンフリクトマネジメントを活用して解消することができます。それぞれの視点を共有し、話し合うことで、よりバランスの取れた生産体制を築くことができます。

例5:労働条件改善の議論

製造業の労働環境改善を巡る議論も、時として激しい対立を生むことがあります。労働者側は待遇改善や労働時間の短縮を求める一方で、経営側は生産性やコストを考慮し、一定の制約を設けることを求めることがあります。

このような状況下では、コンフリクトマネジメントを通じて双方の要求や視点を理解し、双方が納得できる解決策を見つけることが求められます。

品質マネジメントシステムとの関連性

ISO9001やIATF16949を取得している企業の皆さんにとって、コンフリクトマネジメントは非常に重要なスキルと言えるでしょう。

なぜなら、これらの品質マネジメントシステムは、製品の品質向上と同時に、組織の成長や効率化を目指しているからです。

その中で組織内の対立は避けられない現象であり、それを上手く管理し、解決することで組織全体の品質向上にも寄与するのです。

外部おすすめ記事

設計職の転職ガイド!転職活動を成功させる秘訣まとめ

第8章は「プロジェクト計画書」が大事!格安でご提供いたします!
プロジェクトマネジメントが得意な僕一押しの計画書が完成!

IATF16949:8.1.1項及びISO9001:8.1項の運用の計画及び管理は、プロジェクト計画書の作成を意図しています。

ISO9001:8.3.2項の設計・開発の計画と合わせた「プロジェクト計画書」をたった一枚のシートで網羅した帳票があれば鬼に金棒!

簡単にまとめられるテクニック満載の帳票を格安でご提供いたします!

①お支払い完了後、ダウンロード可能になります。
②商品は、xlsx形式での納品なので自社に合わせて編集可能です!
③ダウンロードは1回、10日以内に行ってください。
④期限をすぎるとダウンロードできなくなります。
⑤銀行振込・クレジットカード払い対応!
⑥請求書・領収書はマイページよりダウンロード可能!
⑦銀行振り込みの場合、振込確認後ダウンロード可能となります。
⑧インボイス登録番号は、領収書をご確認ください。

まとめ

ここまでで「コンフリクトマネジメント」について解説してきました。

製造業においても、多様な人材や部門が存在する今日、これらのマネジメントスキルはますます重要となります。ISO9001やIATF16949を取得している企業の皆さんにとって、これはただの「対立解消」を超えて、「組織全体の品質向上」に直結するスキルとなります。

また、その結果として製造品質の向上や、お客様へのより良いサービス提供、組織の持続的な成長といった形で現れます。

何より大切なのは、コンフリクトマネジメントは「一人の問題」ではなく「組織全体の問題」であるという認識です。全ての人がこのスキルを身につけることで、組織内の問題解決能力が向上し、組織全体が成長することが期待できます。

組織内での対立は、人間関係の問題だけでなく、製品の品質や業務の効率にも影響を及ぼします。それを適切に管理し、解決することで、品質マネジメントシステムの有効性を高め、企業全体の成長に寄与することができます。

最後に、この記事があなたの製造業、そしてISO9001やIATF16949の運用における「コンフリクトマネジメント」の理解と活用の一助となれば幸いです。

未だに対立が組織のネガティブな部分としか考えられていない現場も多いかもしれません。

しかし、その対立を適切に理解し、適切に解決することで、組織全体としての品質を向上させる一環として、是非ともコンフリクトマネジメントの重要性を共有していきましょう。

コンサルタント不要!社内構築を目指すサービス展開中

ISO9001_IATF16949_VDA6.3_構築ノウハウ販売

コンサルティングではない!新感覚のサービスとは?

おすすめの記事