【緊急告知】2024年QMS構築企業様向け!大感謝SALE開催

ISO9001_IATF16949_VDA6.3_SALE

製造業でよく使う「検証」という言葉の意味とは?わかりやすく解説

製造業で頻繁に耳にする「検証」。ISO9001やIATF16949を取得している企業の皆さんも、きっとこの言葉に馴染みがあるでしょう。

しかし、その正確な意味とは何か、その重要性とは何か、そして具体的なステップは何か、しっかりと理解していますか?本日は、「検証」についてわかりやすく解説していきます。


IATF16949/ISO9001/VDA6.3

検証の言葉の意味

製造業でよく使う「検証」という言葉の意味とは?わかりやすく解説①

まず初めに、「検証」の言葉の意味から解説していきます。

検証とは、特定の「対象」が「条件」を満たしているかを「証明」するために行われるプロセスのことを言います。これには、事前に設定した仮説や条件を満たすことが「必要」となります。

この対象は製造業であれば製品や部品、ビジネス全体のプロセスなど多岐に渡ります。

また、検証には「データ」の「分析」や「検査」など、さまざまな「方法」が用いられます。状況によりますが、検証を「実施」することで、その対象が意図した「機能」を持っているか、「条件」を満たしているかを確認することが可能となります。

検証の重要性

製造業でよく使う「検証」という言葉の意味とは?わかりやすく解説②

次に、「検証」の重要性について説明します。

製造業におけるビジネスでは、新製品の開発や既存製品の改良、さらには品質保証など、多くの場面で「検証」が必要とされます。

なぜなら、製造業は製品の品質や機能、性能がそのビジネスの命綱となるからです。

検証を行うことで、「事実」を基にした意思決定が可能となり、失敗のリスクを減らすことができます。また、検証の結果は「登録」され、後の参照や改善のための「データ」として活用されます。

検証の具体的なステップ

製造業でよく使う「検証」という言葉の意味とは?わかりやすく解説③

では、「検証」は具体的にどのようなステップで行われるのでしょうか?検証は大きく以下の3つのステップから成り立ちます。

  1. 計画作成:検証の目的や方法、範囲、対象、基準などを明確にする
  2. 実施とデータ収集:計画に基づいて検証を行い、必要なデータを収集する
  3. 評価とレポート作成:収集したデータを分析し、結果を評価、レポートを作成する

これらのステップを通じて、検証は具体的に行われます。

具体例1:新製品開発時の検証

製造業でよく使う「検証」という言葉の意味とは?わかりやすく解説④

次に、具体的な検証の例として、「新製品開発時の検証」について解説します。

新製品の開発においては、設計段階から製品の機能や性能を確認するための検証が必要となります。

例えば、新たに開発する製品が顧客の要求を満たす性能を有しているかを検証することは、製造業のビジネスで非常に重要です。

ここでの検証は、設計図や仕様書といった事前の情報と実際の製品を比較し、その一致を確認することになります。

このような検証を適切に行うことで、新製品が顧客の要求を満たす可能性を高めることができます。

具体例2:市場クレームにおける不具合検証

製造業でよく使う「検証」という言葉の意味とは?わかりやすく解説⑤

もう一つの具体的な例として、「市場クレームにおける不具合検証」について解説します。

製品が市場に出た後でも、顧客からのクレームや不具合報告があった場合、その原因を特定し、同じ問題が再発しないようにするための検証が必要となります。

この場合、検証は不具合の原因を探るためのものとなり、その結果をもとに製品改良のためのアクションを起こすことが期待されます。

このような検証を行うことで、製品の品質向上や、同じ問題の再発防止につながり、長期的にはビジネスの信頼性向上に繋がります。

IATF16949やISO9001と検証の関係性

製造業でよく使う「検証」という言葉の意味とは?わかりやすく解説⑥

次に、IATF16949やISO9001と「検証」の関係性について説明します。

IATF16949は、自動車部品の製造業者が品質管理のために遵守すべき国際規格で、製品の設計や開発、製造などの各フェーズで「検証」を行うことを求めています。

また、ISO9001も品質管理体系の国際規格であり、製品やサービスの品質を確保し、改善するための検証活動が求められています。

これらの規格は、製造業が適切なビジネスを展開するためには、検証が不可欠であると明確に示しています。検証活動は、製品の品質向上やビジネスプロセスの効率化に直結し、結果として企業の信頼性や競争力を向上させます。

おすすめ外部記事

製造業の転職はおすすめ業界と危険業界を解説

プロジェクト管理帳票!格安でご提供致します!
プロジェクト管理はエクセルで楽々管理!

IATF16949:8.3.2.1項の設計・開発の計画-補足で明確に要求されている「プロジェクトマネジメント」。この要求事項は、APQPに基づく管理が必須です。

プロジェクトをIATF16949に基づき管理できるドラフト帳票を作成したので是非この機会にご利用ください。
①DR1・DR2・DR3・DR4・DR5全網羅!
②DRチェックリストは別途販売中!

簡単にまとめられるテクニック満載の帳票を格安でご提供いたします!

※ISO9001:8.3.2項の対応にも便利!

①お支払い完了後、ダウンロード可能になります。
②商品は、xlsx形式での納品なので自社に合わせて編集可能です!
③ダウンロードは1回、10日以内に行ってください。
④期限をすぎるとダウンロードできなくなります。
⑤銀行振込・クレジットカード払い対応!
⑥請求書・領収書はマイページよりダウンロード可能!
⑦銀行振り込みの場合、振込確認後ダウンロード可能となります。
⑧インボイス登録番号は、領収書をご確認ください。

まとめ

以上が、「検証」の解説とその具体的なステップ、製造業でのビジネスにおける重要性についての解説です。新製品開発から市場クレームまで、様々なシチュエーションで検証は必要とされています。

そして、検証はISO9001やIATF16949といった国際規格でも重要な要素とされており、適切に行うことで製品の品質向上やビジネスの効率化を実現できます。

製造業で活躍する皆さんが日々のビジネスで「検証」を適切に行い、品質の高い製品を提供し続けることで、企業の成長と顧客の満足度向上に繋がることを期待しています。

これらを考慮に入れて、検証のプロセスを確実に遵守し、継続的に改善することが、製造業でのビジネス成功にとって不可欠であると言えます。

コンサルタント不要!社内構築を目指すサービス展開中

ISO9001_IATF16949_VDA6.3_構築ノウハウ販売

コンサルティングではない!新感覚のサービスとは?

おすすめの記事