【緊急告知】2024年QMS構築企業様向け!大感謝SALE開催

ISO9001_IATF16949_VDA6.3_SALE

リーン製造:トヨタ生産方式の理解とリーン思考の実践

製造業を牽引する重要な一部として、リーン製造の理解は必須となっています。ここでは、ISO9001やIATF16949を取得している企業・これから取得に向けて構築中の企業の皆様様に向けて、親しみやすい言葉で「リーン製造:トヨタ生産方式を理解し、リーン思考を実践する方法」について解説します。


IATF16949/ISO9001/VDA6.3

トヨタ生産方式とリーン製造の基本

リーン製造:トヨタ生産方式の理解とリーン思考の実践①

リーン製造とは何でしょうか?この言葉の意味から始めたいと思います。

リーン製造は、企業がコストを削減し、ムダを排除するための生産管理手法で、その起源は「トヨタ生産方式」にまで遡ります。

トヨタ自動車が大量生産のメリットを活用しながらも、無駄なく生産活動を進めるために開発したこの方法論が、今日のリーン製造の基本を形成しています。

リーン製造の定義と採用意義

次に、リーン製造の定義とその採用の意義について説明します。

リーン製造は、全ての業務プロセスで無駄を排除し、全員が参加する組織活動を推進するシステムです。

この手法を採用することで、企業はコスト削減だけでなく、品質向上や納期の短縮など、多方面でのメリットを享受できます。

トヨタ生産方式からリーン思考への展開

リーン製造:トヨタ生産方式の理解とリーン思考の実践②

リーン製造を成功させるためには、「トヨタ生産方式」から学び取るべきポイントがあります。

それが「リーン思考」です。

リーン思考とは、全ての業務プロセスでムダを排除し、価値を最大化するという考え方です。

この考え方を全員が共有し、それを基に活動を進めることで、リーン製造はその真価を発揮します。

リーン製造の導入とその効果

トヨタ自動車はもちろん、世界中の多くの製造業企業がリーン製造を導入し、その効果を享受しています。

具体的には、生産ラインでのムダな動きを削減したり、必要な部品を必要な時に必要な分だけ提供する「ジャストインタイム」生産方式を採用するなど、様々な方法でリーン製造が活用されています。

リーン製造を使用した成功例5つ

リーン製造:トヨタ生産方式の理解とリーン思考の実践③

次に、リーン製造を使用した具体的な成功例について見ていきましょう。

トヨタ自動車のジャストインタイム生産

リーン製造の成功例として、まず最初に挙げるべきはその発祥の地、トヨタ自動車です。

トヨタはジャストインタイム生産という手法を取り入れることで、無駄な在庫を極限まで削減し、生産効率を大幅に向上させることができました。

これはリーン製造の中核的な要素であり、その成功は世界中の製造業に大きな影響を与えました。

ポートランド・ガス・アンド・エレクトリック社のプロジェクト管理

アメリカの公益事業会社であるポートランド・ガス・アンド・エレクトリック(PG&E)は、リーン製造の手法を自社のプロジェクト管理に応用しました。

これにより、PG&Eはプロジェクトの完了時間を大幅に短縮し、全体の業務効率を向上させることができました。

ダン・ブラッドストリートの営業プロセス改善

ビジネス情報サービス会社のダン・ブラッドストリートは、営業プロセスにリーン製造の原則を適用することで、営業効率の大幅な改善を達成しました。

これにより、同社は顧客とのやり取りを最適化し、顧客満足度を向上させることができました。

ボーイングの生産ライン最適化

航空機製造大手のボーイングは、リーン製造の手法を用いて生産ラインを最適化しました。

その結果、同社は製造時間を大幅に削減し、同時に製品品質の向上を達成しました。

これはリーン製造が品質と効率の両方を高めることができる、素晴らしい成功例と言えます。

ニコンの生産プロセス改革

カメラ製造業界の大手、ニコンは、リーン製造の手法を自社の生産プロセスに導入しました。

これによりニコンは、不具合の早期発見とその原因除去を可能にし、品質と効率の両方を大幅に向上させることができました。

これはリーン製造が生産のあらゆる段階で価値を提供することができることを示しています。

リーン製造とISO9001、IATF16949との関連性

リーン製造:トヨタ生産方式の理解とリーン思考の実践⑤

ISO9001やIATF16949は製造業において、品質管理を行うための国際的な規格であり、リーン製造とは異なる視点から企業の改善を促しています。

しかしながら、これらの規格が要求する事項とリーン製造が提唱する理念や手法には共通点があります。

  1. プロセスの管理と改善 ISO9001とIATF16949は、組織がプロセスを適切に管理し、継続的に改善することを求めています。これは、リーン製造の根本的な考え方である「ムダの排除」と直接関連しています。リーン製造は、ムダを発見し、その原因を取り除くことによってプロセスを改善します。
  2. 顧客満足度これらの規格は、顧客の要求を満たすことに重きを置いています。リーン製造もまた、顧客にとって価値のない活動(つまり「ムダ」)を排除することによって、顧客の満足度を向上させることを目指しています。
  3. リスクベースの思考 ISO9001:2015はリスクベースの思考の導入を強調しています。これは、事業のリスクを評価し、その管理と最小化に取り組むという考え方です。リーン製造では、ムダの排除がリスクの低減に寄与すると考えられています。
  4. トップマネジメントのコミットメント ISO9001やIATF16949は、トップマネジメントの役割とそのコミットメントを強調しています。リーン製造も同様に、組織全体の改善を推進するためには、トップダウンのアプローチとリーダーシップが不可欠であると認識しています。

以上のように、ISO9001やIATF16949が推奨する要求事項とリーン製造の理念や手法は、多くの点で共通しています。したがって、これらの規格に準拠した組織は、リーン製造の導入を通じて、更なる改善と効率化を達成できる可能性があります。

関連要求事項

まとめ

ここまでの解説を通じて、リーン製造とその実践法、すなわちトヨタ生産方式とリーン思考について理解を深めることができたと思います。

今後も業務に活用しながら、常にムダを見つけ、コストを削減し、品質を向上させる努力を続けてください。それが、真のリーン製造の実践となるでしょう。

コンサルタント不要!社内構築を目指すサービス展開中

ISO9001_IATF16949_VDA6.3_構築ノウハウ販売

コンサルティングではない!新感覚のサービスとは?

おすすめの記事