【緊急告知】2024年QMS構築企業様向け!大感謝SALE開催

IATF16949&ISO9001認証パートナーSALE

設備の稼働率と可動率何が違う?わかりやすく解説します!

製造業における「稼働率」と「可動率」は、設備の効率的な利用を図るために不可欠な二つの指標です。稼働率は、設備が生産にどれだけ貢献しているかを示し、可動率は設備の信頼性や整備状態を反映します。この記事では、これらの指標がどのように計算され、製造現場でどのように活用されるかを、詳細に解説しています。効率的な設備管理と生産性向上に興味のある方にとって、貴重な洞察を提供します。


IATF16949/ISO9001/VDA6.3

関連記事

稼働率と可動率:意味をしっかり理解しよう!

設備の稼働率と可動率何が違う?わかりやすく解説します!①

製造業において「稼働率」と「可動率」という二つの指標は、設備の効率的な利用を図るために使用されますが、それぞれ異なる視点から意味を持ち、計算されます。

稼働率

稼働率は、設備が実際に生産活動に使用されている時間と、使用可能であった全時間(稼働可能時間)との比率を指します。

稼働可能時間には、故障やメンテナンスのために設備が停止していた時間は含まれません。稼働率は、設備がどの程度生産に貢献しているかを示す指標であり、上図の式で計算されます。

ここで、実際の稼働時間は、設備が実際に生産活動に使用された時間を指し、稼働可能時間は、設備が稼働できた理論上の時間(例:一日24時間や一週間168時間)から、計画的な停止時間(メンテナンス時間、休憩時間など)を差し引いた時間です。

関連記事

可動率

一方、可動率は、設備が実際に動作していた時間と、稼働及び停止の全時間(計画的、非計画的な停止を含む)との比率を指します。可動率は、設備の信頼性や整備状態を反映する指標であり、上図の式で計算されます。

 

ここで、全体時間は、設備が実際に稼働した時間と、故障やメンテナンスで停止していた時間の合計を指します。可動率は、設備の停止時間を含めて全体的な利用効率を評価するため、稼働率よりも広い範囲の時間を考慮に入れます。

関連記事

稼働率と可動率:どうして管理した方がいいの?

設備の稼働率と可動率何が違う?わかりやすく解説します!②

稼働率と可動率を管理することは、製造業において非常に重要です。これらの指標を効果的に管理する理由は以下の通りです。

生産性の最適化

  • 効率的な資源利用稼働率と可動率の管理を通じて、設備の利用が最適化され、生産能力を最大限に引き出すことが可能になります。これにより、同じ時間や資源を使って、より多くの製品を生産できるようになります。
  • 計画的なメンテナンス:可動率の低下は、設備の故障や不具合を示唆している可能性があります。定期的なメンテナンス計画を立てることで、予期せぬダウンタイムを減らし、生産性を維持できます。

コスト削減

  • 不必要な投資の回避高い稼働率と可動率を維持することで、設備の有効活用が可能となり、新たな設備への投資を遅らせることができます。
  • エネルギーと材料の節約設備が無駄なく稼働している状態を保つことで、エネルギーや材料の無駄遣いを防ぎ、コスト削減につながります。

品質管理

  • 製品品質の維持設備が適切に管理され、高い可動率を維持している場合、製造プロセスが安定し、製品品質が一定に保たれます。
  • 顧客満足度の向上製品の品質と納期の信頼性が向上することで、顧客満足度が高まり、長期的な顧客関係の構築に寄与します。

意思決定のサポート

  • データ駆動型の意思決定稼働率と可動率の追跡により得られるデータは、生産プロセスの改善や将来の投資決定に役立つ貴重な情報を提供します。
  • リスク管理設備の稼働状況を常に監視することで、潜在的な問題を早期に発見し、リスクを管理することができます。

稼働率と可動率の管理を通じて、製造業は設備の効率的な利用を実現し、生産性を最大化し、コストを削減し、製品品質を維持することができます。これらの指標は、製造プロセスの効率性と効果性を向上させるための重要なツールです。

まとめ

設備の稼働率と可動率何が違う?わかりやすく解説します!③

  • 稼働率は、設備が生産活動にどれだけ貢献しているかを示し、主に生産計画やスケジューリングの効率性を評価するために使用されます。
  • 可動率は、設備の信頼性やメンテナンスの状態を反映し、設備全体の効率的な利用を示す指標です。

これら二つの指標は、製造現場での設備管理や生産性向上のために、それぞれ異なる視点から重要な情報を提供します。

月間2万PV越えの品質マネジメントシステムの攻略記事公開!

ISO9001とIATF16949・VDA6.3完全対応

当サイトでは、製造業の全般の記事から品質マネジメントシステム攻略(ノウハウ)記事を公開しています。月間2万PVを超えるアクセス数から、多くの方に閲覧いただいています。

無料で公開しているコンテンツから、有料商品(ノウハウ教材・帳票など事例多数)まで様々なサービスを提供していますので、是非ご活用ください!

【当サイトの特徴】
①製造業に関わる記事を公開
②ISO9001の要求事項全てを網羅した攻略記事公開
▶ISO9001攻略ノウハウ教材多数販売(教材・帳票)
③IATF16949の難しい要求事項をわかりやすく解説
▶IATF16949攻略ノウハウ教材多数販売(教材・帳票)
④VDA6.3をIATF16949と一緒に紐解く解説記事公開
▶VDA6.3要求事項攻略教材販売

ショップ:販売商品一覧はこちらから

コンサルティングではない!新感覚のサービスとは?

おすすめの記事