【緊急告知】2024年QMS構築企業様向け!大感謝SALE開催

IATF16949&ISO9001認証パートナーSALE

【品質管理用語】チョコ停とは何?わかりやすく解説!

「チョコ停」という言葉をご存じですか?製造業界で頻繁に遭遇する小さな停止が、予想以上に生産性に影響を及ぼしています。この記事では、チョコ停の原因とその影響、そしてそれに対処するための実践的な解決策を解説します。生産現場の効率化を目指す方にとって必読の内容です。


IATF16949/ISO9001/VDA6.3

関連記事

チョコ停の由来

【品質管理用語】チョコ停とは何?わかりやすく解説!①

「チョコ停」とは、日本の製造業でよく使われる用語で、設備や機械が短時間停止することを指します。この言葉は「チョコレート」が由来ではなく、「ちょっと停止」の意味を短縮したものです。チョコ停は、製造ライン上での小さなトラブルや異常によって発生し、設備が完全には停止しないものの、生産性に影響を与える可能性があります。

なぜチョコ停が起きるの?

【品質管理用語】チョコ停とは何?わかりやすく解説!②

チョコ停の原因は多岐にわたりますが、主なものには、機械の故障、材料の詰まり、センサーの誤作動、作業者による小さなミスなどがあります。これらの小さな停止は単発であれば大きな問題にはなりませんが、頻繁に発生すると生産効率が著しく低下するため、改善活動の対象となります。

関連記事

設備稼働率向上は「チョコ停」減らすと効果大!

【品質管理用語】チョコ停とは何?わかりやすく解説!③

製造業では、チョコ停を減らすことによって設備の稼働率を高め、生産効率を向上させることが重要です。そのためには、定期的なメンテナンス、作業者の教育・訓練、設備の改善、品質管理システムの導入などが効果的です。また、チョコ停の原因を正確に把握し、根本原因を特定して対策を講じることが重要です。

コンサルタント不要!社内構築を目指すサービス展開中

ISO9001_IATF16949_VDA6.3_構築ノウハウ販売

チョコ停:まとめ

【品質管理用語】チョコ停とは何?わかりやすく解説!④

「チョコ停」とは、製造ラインの小さな停止のこと。頻発すると生産効率に影響を与えるため、定期的なメンテナンスや作業者の教育などにより対策が求められます。この課題に対処することで、あなたの職場の生産性が大幅に向上する可能性があります。今こそ、チョコ停を見直し、より効率的な作業環境を目指しましょう!

外部おすすめ記事

生産技術職の転職!転職活動を有利にすすめる秘訣まとめ

TPM完全対応!設備リスト・保全計画表まとめ販売中!
IATF16949保全目標の監視・管理も楽々

IATF16949のTPMの構築ポイントは、要求事項に沿った設備リストと保全計画!要求事項を網羅したわかりやすい帳票を作成しましたので、是非ご活用ください。

【ポイント】
・設備リストだけで管理方針が明確!
・設備リストとリンクした保全計画表。
・保全目標の監視が簡単!
・結論が書けるので、マネジメントレビューにも対応可能!

①お支払い完了後、ダウンロード可能になります。
②商品は、xlsx形式での納品なので自社に合わせて編集可能です!
③ダウンロードは1回、10日以内に行ってください。
④期限をすぎるとダウンロードできなくなります。
⑤銀行振込・クレジットカード払い対応!
⑥請求書・領収書はマイページよりダウンロード可能!
⑦銀行振り込みの場合、振込確認後ダウンロード可能となります。
⑧インボイス登録番号は、領収書をご確認ください。
コンサルティングではない!新感覚のサービスとは?

おすすめの記事