【緊急告知】2024年QMS構築企業様向け!大感謝SALE開催

IATF16949&ISO9001認証パートナーSALE

異常・不良・不具合・不適合それぞれの意味と違いを詳しく解説!

品質管理の世界では、異常・不良・不具合・不適合という用語が日常的に使われますが、これらの違いを正確に理解していますか?本記事では、これらの用語が指す具体的な状況と、それぞれが品質管理プロセスにおいてどのように扱われるべきかを明確に解説します。効率的な問題解決と品質の継続的改善に向けて、これらの基本概念の理解は不可欠です。


IATF16949/ISO9001/VDA6.3

関連記事

 

異常・不良・不具合・不適合は何が違う?

異常・不良・不具合・不適合それぞれの意味と違いを詳しく解説!①

品質管理における「異常」「不良」「不具合」「不適合」という用語は、それぞれ異なる状況や条件を指し示しますが、しばしば混同されがちです。以下、各用語の意味と違いを詳しく解説します。

異常とは何?

「異常」とは、通常の運用やプロセスから逸脱した状態を指します。これは、想定外の事象や、標準的な範囲を超えるデータポイントを含むことがあります。

異常は必ずしも品質問題に直結するわけではありませんが、異常が検出されると、品質に影響を与える可能性があるため、詳細な調査が必要になることが多いです。

不良とは何?

異常・不良・不具合・不適合それぞれの意味と違いを詳しく解説!②

参考図)工程の統計的品質管理の異常シグナル

「不良」とは、製品やサービスが事前に定められた品質基準や仕様を満たしていない状態を指します。これは製造プロセス中や、最終的な製品検査において検出されることがあります。

不良品は顧客に提供される前に取り除かれる必要があり、しばしばリワーク(再加工)やスクラップ(廃棄)となります。

関連記事

不具合とは何?

「不具合」とは、製品やサービスが正常に機能しない、または期待される性能を発揮しない状態を指します。これは、設計の欠陥、材料の不良、製造過程の問題など、多様な原因によって生じる可能性があります。

不具合は使用中に顕在化することが多く、顧客の苦情や保証クレームの形で発覚することが一般的です。

関連記事

不適合とは何?

異常・不良・不具合・不適合それぞれの意味と違いを詳しく解説!③

事例図)不適合品の廃棄処理までの流れ

「不適合」とは、製品やプロセスが特定の規格、基準、契約条件、顧客要求などに対応していない状態を指します。不適合は、内部監査や外部監査の過程で特定されることが多く、是正措置や予防措置を必要とします。

不適合は、不良や不具合を含むより広範なカテゴリーに属し、プロセスやシステムのレベルで発生する可能性があります

関連記事

これらの用語は、品質管理における問題点の特定、分析、改善のプロセスで中心的な役割を果たします。適切な用語の使用は、問題の正確な診断と効果的なコミュニケーションに不可欠です。

異常・不良・不具合・不適合の各々の処置方法とは?

品質管理における「異常」「不良」「不具合」「不適合」への対処は、それぞれの状況に応じて異なりますが、一般的な処置のプロセスは以下の通りです。

異常処置

  1. 検出と記録:異常は通常、プロセスの監視や品質検査を通じて検出されます。発生した異常は詳細に記録され、その内容には発生日時、状況、影響範囲などが含まれます。
  2. 原因分析:異常の原因を特定するために、ルートコーズ分析(RCA)などの問題解析手法が用いられます。
  3. 是正措置:原因が明らかになったら、その原因を除去または最小化するための是正措置を計画し、実施します。
  4. 再発防止:異常が再発しないように、プロセスやシステムに改善を加えることが重要です。これには、作業手順の見直しや、監視体制の強化が含まれる場合があります。

不良処置

  1. 識別と隔離:不良品は速やかに正常品から隔離され、識別マーキングが施されることが一般的です。
  2. 原因分析:不良の原因を解明するために、製造プロセス、材料、作業者の技能など、多角的な調査が行われます。
  3. 是正措置と再作業:原因が特定されたら、その原因を取り除くための措置が講じられます。また、可能であれば不良品は再作業(リワーク)されます。
  4. 品質改善:長期的な品質向上のために、プロセスの改善や品質管理システムの見直しが行われます。

不具合処置

  1. 調査と評価:不具合が報告されたら、製品の詳細な調査と評価が行われます。これには、製品の返送やテストが含まれる場合があります。
  2. 顧客対応:顧客への迅速な対応が求められ、修理、交換、返金などのオプションが提供されます。
  3. 原因分析是正措置:不具合の原因を特定し、再発防止のための是正措置を計画・実施します。
  4. 品質管理プロセスの見直し:不具合が品質管理プロセスのどの部分で発生したのかを評価し、必要に応じてプロセスの改善を行います。

不適合処置

  1. 記録と報告:不適合事項は詳細に記録され、関連するスタッフや管理層に報告されます。
  2. 原因分析:不適合の原因を調査し、ルートコーズ分析を通じて明らかにします。
  3. 是正措置と予防措置:原因に基づいて是正措置を講じるとともに、類似の不適合が他のプロセスや製品で発生しないように予防措置を計画し実施します。これにはプロセスの改善、作業指示の更新、教育訓練の実施などが含まれることがあります。
  4. 監視とレビュー:是正措置と予防措置が効果的であることを確認するために、これらの措置の実施後に定期的な監視とレビューが行われます。このプロセスは、問題が完全に解決され、将来の不適合のリスクが最小限に抑えられるまで続けられます。
  5. 文書化と知識共有:取られたすべての措置、その結果、および学んだ教訓は文書化され、組織内で共有されます。これにより、同様の問題の再発防止と組織全体の品質向上が図られます。

まとめ

異常・不良・不具合・不適合それぞれの意味と違いを詳しく解説!④

品質管理では、「異常」「不良」「不具合」「不適合」への対処が重要です。これらは検出、原因分析、是正措置を通じて対応され、再発防止に努めます。効果的な対応とプロセスの改善は、品質向上と組織の成熟度向上を目指し、問題の未然防止と継続的な品質管理システムの強化に繋がります。

月間2万PV越えの品質マネジメントシステムの攻略記事公開!

ISO9001とIATF16949・VDA6.3完全対応

当サイトでは、製造業の全般の記事から品質マネジメントシステム攻略(ノウハウ)記事を公開しています。月間2万PVを超えるアクセス数から、多くの方に閲覧いただいています。

無料で公開しているコンテンツから、有料商品(ノウハウ教材・帳票など事例多数)まで様々なサービスを提供していますので、是非ご活用ください!

【当サイトの特徴】
①製造業に関わる記事を公開
②ISO9001の要求事項全てを網羅した攻略記事公開
▶ISO9001攻略ノウハウ教材多数販売(教材・帳票)
③IATF16949の難しい要求事項をわかりやすく解説
▶IATF16949攻略ノウハウ教材多数販売(教材・帳票)
④VDA6.3をIATF16949と一緒に紐解く解説記事公開
▶VDA6.3要求事項攻略教材販売

ショップ:販売商品一覧はこちらから

コンサルティングではない!新感覚のサービスとは?

おすすめの記事