【緊急告知】2024年QMS構築企業様向け!大感謝SALE開催

ISO9001_IATF16949_VDA6.3_SALE

KPIは製造業でも超重要!その理由について詳しく解説します

品質マネジメントシステム(QMS)の世界では、KPI(Key Performance Indicator)の存在は不可欠です。

なぜなら、これがシステムのパフォーマンスを評価し、改善を促進するための主要な道具だから。本日は、ISO9001とIATF16949の観点から、KPIの設定とその意義について詳しく解説します。


IATF16949/ISO9001/VDA6.3

そもそも「KPI」とは何?

KPIは製造業でも超重要!その理由について詳しく解説します①

KPI(Key Performance Indicator)は、組織の目標達成の進捗を測定するためのパフォーマンス指標です。これはビジネスの成果を評価し、分析し、改善するための重要なツールで、特定の目標や目的に対するパフォーマンスを可視化します。

具体的なKPIは組織の目標や業界により異なりますが、一般的には売上、顧客満足度、オペレーショナル効率、品質管理等の指標がよく使われます。

KPIは、現状のパフォーマンスを把握し、改善点を特定するために定期的にモニタリングとレビューが行われます。また、KPIを通じて組織全体の進行方向を示し、全員が共通の目標に向かって進むことができるようにします。

関連記事

品質マネジメントシステムにおけるKPIの役割

KPIは製造業でも超重要!その理由について詳しく解説します②

KPIは、前述のように組織の目標に対する達成状況を定量的に示す重要な指標です。

品質マネジメントシステムでは、プロセスのパフォーマンスを測定し、達成目標と比較するためにKPIが用いられます。

ISO9001やIATF16949のような国際規格では、KPIの設定と管理が求められています。これは、組織が自身の品質目標を理解し、それに基づいて改善を進めるための具体的な指南となるからです。

プロセス別KPIの具体例

品質マネジメントシステムにおける「プロセス」では、そのプロセスのKPIを設定することを要求しています。

そのプロセスにおける一般的に使用されるKPIの具体例を詳しく説明していきます。

設計開発プロセス

設計開発プロセスでは、KPIとして「新製品の市場導入までの時間」「設計変更の回数」「新製品の初期不良率」などがあります。これらは、製品開発の効率と効果を測るのに役立ちます。

工程設計プロセス

工程設計プロセスでは、「製造リードタイム」「設計変更による生産停止時間」などがKPIとして設定されます。これらは、生産プロセスの効率と柔軟性を確認するのに重要です。

品質管理プロセス

品質管理プロセスのKPIには、「製品の不良率」「返品率」「顧客の苦情数」などがあります。これらは、製品品質と顧客満足度を評価する上で必要です。

製造プロセス

製造プロセスのKPIは、「生産効率」「スクラップ率」「ダウンタイム」などがあります。これらは生産性と効率を判断するための重要な指標です。

購買プロセス

購買プロセスでは、「供給遅延率」「供給業者の不良率」「代替供給業者の数」などがKPIとして設定されます。これらは、供給業者の信頼性と供給連鎖の健全性を評価します。

生産管理プロセス

生産管理プロセスのKPIは、「生産スケジュール遵守率」「在庫ターンオーバーレート」などです。これらは、生産計画の効果性と在庫管理の効率を評価するための指標です。

経営マネジメントプロセス

経営マネジメントプロセスのKPIとしては、「販売利益率」「営業利益率」「ROI」などが考えられます。これらは、全体的な経営効率と投資収益を評価します。

関連記事

その他よく使われるKPI

KPIは製造業でも超重要!その理由について詳しく解説します③

品質マネジメントシステムの運用は、単純なプロセスで区切った

生産品目別KPI

生産品目別KPIには、「品目別売上」「品目別利益率」「品目別不良率」などがあります。これらは、各製品ラインのパフォーマンスを評価します。

指図単位別KPI

指図単位別KPIとしては、「オーダー遅延率」「オーダー満足度」などが考えられます。これらは、顧客のオーダーに対する企業のレスポンスを評価します。

設備・製造ユニット別KPI

設備・製造ユニット別KPIには、「設備効率」「設備故障率」などがあります。これらは、設備の信頼性と製造ユニットの生産性を評価します。

作業環境別KPI

作業環境別KPIには、「労働事故率」「従業員の満足度」などがあります。これらは、作業環境の安全性と従業員の満足度を評価します。

部品・完成品別KPI

部品・完成品別KPIには、「部品の欠陥率」「完成品の不良率」などがあります。これらは、製品の品質を評価します。

労務管理KPI

労務管理KPIには、「労働生産性」「労働コスト」などがあります。これらは、人員労力の効率性とコスト効果を評価します。

KPI設定の注意点

KPIは製造業でも超重要!その理由について詳しく解説します④

KPI設定にはいくつかの注意点があります。まず、KPIはビジネス目標と直接関連していなければなりません。KPIは組織の成果を測定するツールであり、それがビジネスの目標に寄与していることを示すべきです。

また、KPIは簡潔で明確であるべきです。多くの場合、複雑なKPIは理解や管理が難しくなります。KPIが直感的で理解しやすいことが重要です。

さらに、KPIは定期的に見直されるべきです。市場環境や組織の目標が変化すると、KPIもそれに応じて調整されるべきです。

KPI設定とISO9001・IATF16949の関連性

ISO9001とIATF16949は、組織がKPIを設定し、それを管理することを求めています。これらの規格は、組織が品質目標を設定し、それに基づいてパフォーマンスを監視し、改善を行うことを推奨しています。

具体的には、ISO9001では、品質マネジメントシステムのパフォーマンスを評価し、改善するためのプロセスが求められます。

IATF16949では、特に自動車業界における品質マネジメントシステムの要件が定義されています。これらには、製品のライフサイクル全体を通じて、製品の品質と安全性を確保するためのKPI設定と管理が含まれます。

IATF16949/ISO9001

まとめ

KPIは、品質マネジメントシステムの効果的な運用に欠かせないツールです。

ISO9001やIATF16949といった国際規格は、組織がKPIを設定し、それを適切に管理することを求めています。

KPI設定は、組織の目標達成をサポートし、製品とサービスの品質を改善するための重要な手段です。

そして、各プロセスや部門で設定されるKPIは、組織全体のパフォーマンスを把握し、改善活動を進めるための具体的な指標を提供します。

品質マネジメントシステムにKPIを適切に組み込むことは、ISO9001やIATF16949の要求事項を満たす上で非常に重要です。そして、そのためにはKPI設定の注意点を理解し、適切に適用する必要があります。

KPIはパフォーマンスのバロメーターであり、成功への道しるべとなるべきです。それが組織の目標に寄与し、組織全体が理解しやすい形で表現され、定期的に見直されることが求められます。

このように、KPIは組織の成果を定量化し、向上のための道筋を示す重要なツールです。

それは組織の品質目標の実現を支え、ISO9001やIATF16949といった規格の要求事項を満たすための実用的な手段となります。だからこそ、組織はKPIの設定と管理に十分な注意を払うべきなのです。

これがKPIの役割とその設定の重要性についての解説です。これを理解し活用することで、あなたの組織はISO9001やIATF16949の取得・運用に向けて確実な一歩を踏み出すことができるでしょう。

おすすめ外部記事
これから伸びる製造業!注目分野5選

簡単に書けるタートル図!格安でご提供します!
ポイントがわかるタートル図はこちら!

ISO9001:4.4.1項の品質マネジメントシステム及びそのプロセスで大事なことは、プロセスを表す「タートル図」です。タートル図は、審査で確認されるポイントであり、内部監査・顧客監査でも必要書類として確認されるポイントです。

簡単にまとめられるテクニック満載の帳票を格安でご提供いたします!

①お支払い完了後、ダウンロード可能になります。
②商品は、xlsx形式での納品なので自社に合わせて編集可能です!
③ダウンロードは1回、10日以内に行ってください。
④期限をすぎるとダウンロードできなくなります。
⑤銀行振込・クレジットカード払い対応!
⑥請求書・領収書はマイページよりダウンロード可能!
⑦銀行振り込みの場合、振込確認後ダウンロード可能となります。
⑧インボイス登録番号は、領収書をご確認ください。
コンサルティングではない!新感覚のサービスとは?

おすすめの記事