【緊急告知】2024年QMS構築企業様向け!大感謝SALE開催

ISO9001_IATF16949_VDA6.3_SALE

シックスシグマとは何?IATF16949とその結びつきを解説

IATF16949を取得を考えているあなたへ、シックスシグマについて解説します。シックスシグマとは何か、そしてそれがIATF16949とどのように結びついているのか、一緒に見ていきましょう。


IATF16949/ISO9001/VDA6.3

シックスシグマとは何か

シックスシグマとは何?IATF16949とその結びつきを解説①

シックスシグマは、1980年代にモトローラ社が開発した品質管理手法です。

その名前は統計学の一部で、製造プロセスの品質を改善することを目指しています。

具体的には、シックスシグマは製造やビジネスプロセス中の欠陥を検出し、その原因を特定し、それを改善することに重点を置いています。

シックスシグマの特徴

シックスシグマの特徴は、その明確なプロセスと統計的なアプローチにあります。

これにより、企業はプロセスの改善を図り、最終的には顧客満足度を向上させることができます。

また、その手法は製造業だけでなく、販売やサービス業など、様々な業種に適用することができます。

関連記事

シックスシグマの5つのプロセス

シックスシグマとは何?IATF16949とその結びつきを解説②

シックスシグマの核心は、その5つのプロセス、"DMAIC"にあります: "Define(定義)", "Measure(測定)", "Analyze(分析)", "Improve(改善)", "Control(管理)"です。

これらのステップは、プロジェクトの目標を明確にし、データを収集し分析し、プロセスの改善を図り、その改善を維持するためのものです。

Define(定義)

まず最初に、シックスシグマのプロジェクトは「Define」フェーズから始まります。この段階では、問題や改善すべき領域を明確に定義します。また、プロジェクトの目標や期待する結果、関連するプロセスや関係者も同時に特定します。これにより、プロジェクトの方向性が明確になり、全体の枠組みが設定されます。

Measure(測定)

次に「Measure」フェーズでは、現状のプロセスを正確に理解するためにデータを収集します。これには、プロセスの出力や性能指標、重要な要素などを測定するための適切なツールと方法が必要となります。ここで収集されたデータは、後続の分析フェーズで重要な役割を果たします。

Analyze(分析)

「Analyze」フェーズでは、収集したデータを分析し、問題の根本原因を特定します。これは、統計的な手法や品質分析ツールを使用して行われます。この段階では、データに基づいて問題を理解し、その解決策を見つけることが目標となります。

Improve(改善)

次に、「Improve」フェーズでは、問題の根本原因に対する具体的な解決策を開発し、それを実装します。解決策は、試験や実験を通じて確認され、最終的にはプロセスの改善に繋がります。この段階では、新たな改善策が実際に効果を発揮しているかを確認することが重要です。

Control(管理)

最後に、「Control」フェーズでは、改善策が持続的に効果を発揮し続けるように管理します。これには、プロセスの監視と制御、および必要に応じた調整が含まれます。このフェーズの目的は、達成した改善が維持され、再び同じ問題が発生しないようにすることです。

おすすめ記事

シックスシグマと関連する重要キーワード

シックスシグマには、"プロセス改善", "品質管理", "顧客満足度", "製造業", "サービス業", "DMAIC"などの重要なキーワードがあります。

これらのキーワードは、シックスシグマの理解を深めるための手がかりとなります。

IATF16949とシックスシグマの結びつき

IATF16949は、自動車業界の品質管理システテムの国際規格で、シックスシグマの手法はこの規格の遵守において非常に有用です。

シックスシグマは、IATF16949に含まれる「連続的な改善」や「欠陥の予防」などの要求事項を具体化するための枠組みを提供します。

関連記事

IATF16949が要求するシックスシグマの活用

シックスシグマとは何?IATF16949とその結びつきを解説③

IATF16949は、組織が製品とサービスの品質を継続的に改善することを要求します。その方法の一つとして、シックスシグマのDMAICプロセスがあります。

このプロセスは、品質管理の問題を定義し、測定し、分析し、改善し、その改善を維持することを目的としています。

また、IATF16949は、組織が欠陥を予防することを強く要求します。

シックスシグマは、その目標を達成するための有効なツールであり、プロセス中の欠陥を検出し、その原因を特定し、それを改善することに焦点を当てています。

まとめ:シックスシグマとIATF16949の関係

シックスシグマは、IATF16949を成功裏に適用するための強力なパートナーと言えます。

モトローラが開発したこの統計的手法は、製造プロセスの改善と欠陥の除去に重点を置いており、IATF16949が要求する連続的な改善と欠陥の予防の具体化を可能にします。

シックスシグマの特徴、その5つのプロセス、そしてそれがIATF16949とどのように結びついているかを理解することで、あなたの組織は品質管理の道を歩み、顧客満足度の向上を実現することができます。

IATF16949取得を考えているあなたへ、シックスシグマの力を活用して、あなたの組織の成功を引き寄せましょう。

月間2万PV越えの品質マネジメントシステムの攻略記事公開!

ISO9001とIATF16949・VDA6.3完全対応

当サイトでは、製造業の全般の記事から品質マネジメントシステム攻略(ノウハウ)記事を公開しています。月間2万PVを超えるアクセス数から、多くの方に閲覧いただいています。

無料で公開しているコンテンツから、有料商品(ノウハウ教材・帳票など事例多数)まで様々なサービスを提供していますので、是非ご活用ください!

【当サイトの特徴】
①製造業に関わる記事を公開
②ISO9001の要求事項全てを網羅した攻略記事公開
▶ISO9001攻略ノウハウ教材多数販売(教材・帳票)
③IATF16949の難しい要求事項をわかりやすく解説
▶IATF16949攻略ノウハウ教材多数販売(教材・帳票)
④VDA6.3をIATF16949と一緒に紐解く解説記事公開
▶VDA6.3要求事項攻略教材販売

ショップ:販売商品一覧はこちらから

コンサルティングではない!新感覚のサービスとは?

おすすめの記事