【緊急告知】2024年QMS構築企業様向け!大感謝SALE開催

IATF16949&ISO9001認証パートナーSALE

製造工程におけるリスクマネジメントは重要!内容と対策解説

製造業界は日々進化し続けていますが、同時に多くのリスクが潜んでいます。この記事では、製造業でのリスクマネジメントの必要性や具体的な工程でのリスク、そしてその対策について詳しく解説します。


IATF16949/ISO9001/VDA6.3

おすすめ記事

製造業に求められるリスクマネジメントが重要視される背景

製造業は、経済の大動脈とも言える業界。

多くの国々でGDPの大きな部分を占め、雇用を提供しているため、その安定性は非常に重要です。

以下、リスクマネジメントが製造業でなぜ重要なのか、その背景を詳しく解説します。

高度化する製造工程

近年、製造技術は飛躍的に進化しています。

しかし、その高度化は同時に複雑性を増す結果となり、一つの過ちが連鎖的なトラブルを引き起こすリスクを増大させています。

このようなリスクを最小化するためにも、リスクマネジメントは欠かせません。

グローバルな供給網の拡大

多くの製造業は、国際的な供給網を持つようになっています。

これは、一方で生産コストを削減するメリットがある一方、異国の政治的リスクや通貨リスク、自然災害のリスクなど、様々な外部要因に影響を受けやすくなっています

消費者の意識の高まり

消費者は、品質や安全性に対する要求が高まっています。

製品に問題が発生した際のブランドへのダメージは計り知れず、企業の存続にも影響を及ぼす可能性があります。

このため、予期しない事態に備えるリスクマネジメントは必要不可欠です。

近年の社会的な事件や災害

過去に発生した製造業に関連する事故や、大規模な自然災害は、製造業のリスクを全世界に知らしめました。

これらの事件や災害からの学びを生かし、事前のリスク予測とその回避策を講じることが、企業の持続的な成長にとって必要となっています。

これらの背景から、製造業におけるリスクマネジメントの重要性は、これまで以上に高まっていることが理解できます。

リスクマネジメントとは「万が一」に備えること!

リスクマネジメントは、単にリスクを避けることではありません。

それは、リスクを適切に理解し、事業の目的と調和させながら、最適な対策を取ることを指します。

以下、リスクマネジメントの重要な側面を詳しく解説します。

リスクの予測と評価

リスクマネジメントの第一歩は、リスクを予測し、その影響を評価することです。

製造業においては、原材料の品質、生産ラインの効率、外部要因など、多岐にわたるリスク要因が存在します。

これらを正確に捉え、それが事業に与える潜在的な影響を分析することが求められます

リスクの分類と優先順位付け

すべてのリスクに対して同じ手段を適用するのは非効率的です。

リスクを大きな影響と確率の2つの軸で分類し、どのリスクを最優先で対処すべきか、戦略的に判断することが重要です。

リスク回避とリスク軽減

リスクが特定され、評価されたら、次はそのリスクをどう扱うかを決める段階になります。

一部のリスクは完全に避けることが適切であるかもしれませんが、他のリスクは軽減策を取って対応するのが適切です。

リスク対策の継続的な見直し

環境や技術の変化、経済の動きなど、様々な要因によってリスクの構造も変わる可能性があります。

定期的なリスクの見直しと、その対策のアップデートが必要です。

リスクコミュニケーション

組織内でのリスクの認識を共有し、情報の透明性を確保することは、効果的なリスクマネジメントの基盤となります。

ステークホルダーとのコミュニケーションもまた、リスク対策の質を高める要因となります。

これらの側面から、リスクマネジメントは「万が一」に備えるだけでなく、ビジネスの持続可能性と成長を支えるための戦略的なプロセスであることがわかります。

製造工程におけるリスクとは何?

製造工程に潜むリスクは、その影響の大きさや発生確率、対処の難しさによって様々です。以下、製造工程に特有の主なリスクとその詳細を詳しく解説します。

原材料の問題

  • 品質のばらつき:一貫した品質の原材料を確保することは、製品の品質を保つ上で基本です。しかし、供給元の変更や天候の影響などで品質が一定でない場合、それが製品の不良を引き起こす可能性があります。
  • 供給の遅延や中断:自然災害やストライキ、政治的な事情などで原材料の供給が途絶えると、生産が停止してしまいます。特定の供給元に依存するリスクは高まります。

機械・設備の問題

  • 故障や停止:設備の老朽化や突発的な故障は、生産の停止や効率の低下を招く可能性があります。定期的な保守・点検が不可欠です。
  • 技術の陳腐化:新しい技術の導入が遅れると、競合他社に対して不利になる可能性があります。

作業員の問題

  • ヒューマンエラー:作業員の不注意や誤操作は、製品の不良や生産ラインのトラブルを引き起こす可能性があります。適切な教育やトレーニングが必要です。
  • 労働環境の問題:労働環境が悪いと、作業員のモチベーションの低下や健康問題が生じ、生産性に影響を与える恐れがあります。

外部要因のリスク

  • 経済的変動:経済の景気の変動や通貨の価値の変動は、原材料のコストや製品の販売価格に影響を与える可能性があります。
  • 規制や法律の変更:製品の安全基準や環境基準の変更は、製造工程の全体的な見直しを必要とする場合があります。

これらのリスクを適切に認識し、対策を講じることで、製造工程の安定と製品の品質を保つことが可能となります。そして、これが効果的なリスクマネジメントの土台となります。

リスク回避対策重要事項

製造業において、予測されるリスクに適切に対応するための戦略や方法は非常に重要です。以下、具体的な対策事項について詳しく解説します。

①製品設計・開発段階からFTA・設計FMEAを取り入れる

6.1.2.2予防処置

FTA(Fault Tree Analysis):これは、予想される故障の原因を特定し、それがどのように起こるかを理論的に分析する手法です。この分析により、特定の故障が発生する確率や頻度を知ることができます。

設計FMEA(Failure Mode and Effects Analysis):これは、製品設計の欠陥を特定し、その影響と重要性を評価する手法です。製品の欠陥や不具合のリスクを事前に識別して対策を講じることができます。

関連記事

②製造工程設計段階では工程FMEAを取り入れる

工程FMEA:製造工程におけるリスクを評価・分析する手法です。具体的な生産ラインの問題点やボトルネックを特定し、それに対する予防策や改善策を策定するためのツールです。

関連記事

③量産段階では「変更管理」は慎重に!

変更管理:製造中の変更は、品質への影響やコスト増加のリスクが伴います。変更が必要な場合は、その影響を十分に評価し、関連する部署やステークホルダーとのコミュニケーションを密にとることが重要です。

関連記事

④異常検知システムを導入する

センサーや監視カメラ、AI技術を利用した異常検知システムは、工程内での異常や不具合をリアルタイムで検知し、即時の対応を可能にします。

関連記事

⑤最終検査で発見された異常は即出荷停止と生産停止を!

品質の確保のため、最終検査での異常が確認された場合、その製品の出荷を直ちに停止し、原因を追求するプロセスを持つことが重要です。

関連記事

⑥定期的な「製造工程監査」を実施する

監査は、工程の標準化や品質の維持、継続的な改善のための重要なツールです。

外部の第三者や社内の監査員による定期的な監査を通じて、製造工程の健全性を確保することができます。

関連記事

製造工程のリスクマネジメント:まとめ

製造業は、常に変化する市場環境や技術の進化、消費者の要求など、多くの外部要因に影響を受けています。

これらの変動要因に柔軟に対応しつつ、リスクを最小限に抑えるための戦略や方法の導入は絶対的な要件です。

リスクマネジメントの取り組みを継続的に行うことで、製造業の持続的な成長と競争力の向上を実現することができます。

製造業におけるリスクマネジメントは、単なる事故防止やコスト削減の手段ではありません。

それは、企業の持続的な成功をサポートし、顧客の信頼を獲得し維持するための基盤となる活動です。

特に、現代のグローバル市場において、製造業は多様なリスクと向き合わざるを得ないため、戦略的なリスク管理の取り組みが企業の成功の鍵となります。

最終的に、リスクマネジメントは全てのステークホルダーに価値をもたらすものです。顧客は高品質で安全な製品を手に入れることができ、企業は不必要なコストや損失を避け、更にそのブランドの評価を高めることができます。

従業員にとっても、安全な労働環境を提供することで、モチベーションの向上や生産性の向上が期待されます。

このように、製造業のリスクマネジメントは、企業全体の持続的な成長と安定をサポートするための不可欠なプロセスであり、その取り組みの強化と継続が求められています。

月間2万PV越えの品質マネジメントシステムの攻略記事公開!

ISO9001とIATF16949・VDA6.3完全対応

当サイトでは、製造業の全般の記事から品質マネジメントシステム攻略(ノウハウ)記事を公開しています。月間2万PVを超えるアクセス数から、多くの方に閲覧いただいています。

無料で公開しているコンテンツから、有料商品(ノウハウ教材・帳票など事例多数)まで様々なサービスを提供していますので、是非ご活用ください!

【当サイトの特徴】
①製造業に関わる記事を公開
②ISO9001の要求事項全てを網羅した攻略記事公開
▶ISO9001攻略ノウハウ教材多数販売(教材・帳票)
③IATF16949の難しい要求事項をわかりやすく解説
▶IATF16949攻略ノウハウ教材多数販売(教材・帳票)
④VDA6.3をIATF16949と一緒に紐解く解説記事公開
▶VDA6.3要求事項攻略教材販売

ショップ:販売商品一覧はこちらから

コンサルティングではない!新感覚のサービスとは?

おすすめの記事