【緊急告知】2024年QMS構築企業様向け!大感謝SALE開催

ISO9001_IATF16949_VDA6.3_SALE

IATF16949の認証取得と維持ルール徹底解説

多くの自動車産業に従事する企業が目指すIATF16949の認証取得は、自動車産業で成功を収めるための強力な一歩となります。

そしてその後の維持ルールを徹底することで、品質管理の新たなスタンダードを確立できるでしょう。

この記事では、IATF16949の認証取得から維持ルールまでの詳細なステップを解説します。


IATF16949/ISO9001/VDA6.3

IATF16949とは?:認証取得の意義

IATF16949の認証取得と維持ルール徹底解説①

IATF16949とは、国際自動車任務部隊(IATF)が開発した品質マネージメントシステム(QMS)の国際規格の一つです。

この認証取得を目指す企業は、自動車産業における製品の品質と信頼性の向上に真剣に取り組んでいると言えます。

関連記事

IATF16949認証取得のステップ

IATF16949の認証取得と維持ルール徹底解説②

IATF16949の認証取得プロセスは厳格で、様々なステップを経る必要があります。以下にその主要なステップを詳細に説明します。

①事前審査

最初のステップは事前審査です。

ここでは、組織がIATF16949の認証取得に向けて準備が整っているかを自己評価します。

具体的には、現在の品質マネジメントシステム(QMS)がIATF16949の基準をどの程度満たしているかを確認します。

これは自社の現状理解と、改善が必要な箇所の特定に役立ちます。

②品質マネージメントシステムの導入

IATF16949の認証取得と維持ルール徹底解説③

次に、IATF16949の要件に従った品質マネージメントシステムの設計と導入が必要です。

これには、具体的なプロセスの設計、品質ポリシーや目標の定義、そして必要な手順や責任の明確化が含まれます。

このステップでは、組織全体の協力が必要となります。

③IATF16949の理解

まず第一に、IATF16949の標準とその要件を深く理解することが求められます。これには、IATF16949の各セクションとそれが何を意味するのか、それが組織にどのような影響を与えるのかを理解することが含まれます。

④ギャップ分析

次に、現行の品質マネージメントシステム(QMS)とIATF16949の要件との間にどのような差があるのかを理解するために、ギャップ分析を行います。このステップでは、現状のQMSがIATF16949の要件をどの程度満たしているのか、どの部分が改善が必要なのかを特定します。

⑤品質ポリシーと目標の設定

組織のリーダーシップは、組織全体の品質に対するコミットメントを示すために、品質ポリシーを定める必要があります。また、この品質ポリシーを支える具体的な品質目標を設定します。

⑥QMSの構築と実装

IATF16949の要件に基づき、新しいまたは改善されたQMSを構築し、組織全体で実装します。このステップでは、QMSが要件を満たしていることを確認し、全てのプロセスが適切に機能していることを保証します。

関連要求事項

⑦内部監査の実施

IATF16949の認証取得と維持ルール徹底解説④

品質マネージメントシステムが適切に設計・導入されたら、次に内部監査を行います。

これは、導入したQMSがIATF16949の要件を満たしているかを自己評価するためのものです。

このステップでは、監査員の訓練や内部監査の実施、そして必要な改善措置の特定と実施が求められます。

関連要求事項

⑧生産実績の評価

1年間の生産実績を評価し、品質目標が達成されているか、顧客の要求が満たされているかを確認します。

⑨認証審査

最後に、認証審査が行われます。

このステップでは、第三者の認証機関があなたの組織の品質マネージメントシステムを評価し、IATF16949の基準を満たしているか確認します。

審査は通常、現地で行われ、文書審査、適用審査、そして組織の全プロセスに対する審査が含まれます。

この審査を通過すると、あなたの組織はIATF16949の認証取得を果たします。

以上が、IATF16949認証取得への主要なステップです。

認証取得は簡単なプロセスではありませんが、その道のりを一歩一歩進むことで、組織全体の品質管理能力が向上し、最終的には自動車産業での競争力を向上させることができます。

IATF16949維持ルールの重要性

IATF16949の認証取得と維持ルール徹底解説⑤

IATF16949の認証取得は、自動車産業で競争力を維持するための重要なステップです。しかし、認証取得は一時的なものではなく、それを維持し続けることが求められます。

これには、維持ルールの理解と遵守が必要です。

①定期監査の実施

まず、IATF16949の維持ルールには定期監査の実施が含まれます。これは認証機関によって行われ、認証を維持するためにはその結果が良好であることが求められます。

②監査の周期

監査は通常、年に一度実施されますが、組織の規模や過去の監査結果により頻度が異なることもあります。監査の日程は認証機関と事前に調整し、監査員が組織の現場で監査を行います。

③監査の対象

監査の対象は、組織の全プロセスとその結果になります。具体的には、品質マネージメントシステムの運用状況、製品の品質、顧客満足度などが評価されます。

④不適合の対応

監査で不適合が見つかった場合、それに対する改善措置を迅速に講じることが求められます。また、その改善措置の効果を評価し、その結果を監査員に報告することも必要です。

⑤連続改善の推進

また、IATF16949の維持ルールには連続改善の推進が含まれます。これは、組織全体の品質を向上させ続けるための活動であり、品質目標の達成状況や改善活動の結果を定期的に評価し、さらなる改善のための活動を計画します。

⑥改善活動の記録

連続改善の活動は、その内容と結果を文書化することが求められます。これは、組織が連続改善の活動を進めている証拠となり、また、改善のための情報を共有する手段ともなります。

⑦品質方針の見直し

IATF16949の認証取得と維持ルール徹底解説⑥

さらに、組織の品質方針や品質目標を定期的に見直すことも求められます。これは、組織の状況や目標が変化することに対応し、組織全体の品質改善を持続的に進めるための活動です。

⑧教育と訓練

IATF16949の認証取得と維持ルール徹底解説⑦

また、組織の全メンバーがIATF16949の要件を理解し、それに基づいた活動を適切に行えるように、定期的な教育と訓練が必要です。これには、新規採用者の教育、リフレッシュトレーニング、専門的な訓練などが含まれます。

関連記事

⑨組織全体のコミットメント

最後に、IATF16949の認証を維持するためには、組織全体のコミットメントが必要です。これは、経営陣から現場のメンバーまで、全員が品質改善に取り組む意欲と責任感を持つことを意味します。

IATF16949とISO9001の違いと相互関係

IATF16949とISO9001は、それぞれ品質管理に対する異なるアプローチを取ります。ISO9001は全産業を対象とした一般的な品質管理システムですが、IATF16949は自動車産業特有の厳格な要件に焦点を当てています。

IATF16949はISO9001を基に作られており、その要件を全て含んでいます。つまり、IATF16949の認証取得を目指す企業は、ISO9001の基準も満たしていることになります。

これにより、自動車産業の企業は一石二鳥の効果を得ることができます。

すなわち、自社の品質管理システムを国際的に認められた基準に合わせることで、顧客からの信頼を獲得しつつ、同時に自動車産業特有の厳格な要求事項も満たすことができます。

IATF16949の認証取得と維持ルールの遵守は、自動車産業における品質と信頼性の向上に欠かせないステップです。

そして、それは自動車産業で競争力を保つための必須条件とも言えるでしょう。あなたの企業が次のステップを踏み出すための手引きとなれば幸いです。

コンサルタント不要!社内構築を目指すサービス展開中

ISO9001_IATF16949_VDA6.3_構築ノウハウ販売

コンサルティングではない!新感覚のサービスとは?

おすすめの記事