【緊急告知】2024年QMS構築企業様向け!大感謝SALE開催

ISO9001_IATF16949_VDA6.3_SALE

【IATF16949攻略】8.3.3.2:製造工程設計へのインプットの要求事項徹底解説!

IATF16949:8.3.3.2項の製造工程設計へのインプットは、顧客要求を満たす製品を製造するにあたり、製造工程設計者にポカヨケの手法を含む情報を含めて明確にすることを意図しています。

今回の記事は、IATF16949:8.3.3.2項の製造工程設計へのインプットの意味と構築ポイントについて解説します。

IATF16949/ISO9001/VDA6.3

第8章:運用についての「要求事項リスト」
ISO・IATF 8章
※IATF16949運用には、ISO9001の要求事項の運用が必須です。
条項 題目 ISO9001 IATF16949
第4章 組織の状況
第5章 リーダーシップ
第6章 計画
第7章 支援
第8章 運用
第9章 パフォーマンス評価
第10章 改善

※8.1項~8.3.6.1項は主に、①営業プロセス②製品設計プロセス③工程設計プロセスが関係します。

条項 題目 ISO9001 IATF16949
8.1 運用の計画及び管理
8.1.1 運用の計画及び管理-補足
8.1.2 機密保持
8.2.1 顧客とのコミュニケーション
8.2.1.1 顧客とのコミュニケーション-補足
8.2.2 製品及びサービスに関する要求事項の明確化
8.2.2.1 製品及びサービスに関する要求事項の明確化-補足
8.2.3.1 製品及びサービスに関する要求事項のレビュー
8.2.3.1.1 製品及びサービスに関する要求事項のレビュー補足
8.2.3.1.2 顧客指定の特殊特性
8.2.3.1.3 組織の製造フィージビリティ
8.2.3.2 題目無(レビュー結果の保持ルール)
8.2.4 製品及びサービスに関する要求事項の変更
8.3.1 製品及びサービスの設計・開発
8.3.1.1 製品及びサービスの設計・開発-補足
8.3.2 設計・開発の計画
8.3.2.1 設計・開発の計画-補足
8.3.2.2 製品設計の技能
8.3.2.3 組込みソフトウェアを持つ製品の開発
8.3.3 設計・開発へのインプット
8.3.3.1 製品設計へのインプット
8.3.3.2 製造工程設計へのインプット
8.3.3.3 特殊特性
8.3.4 設計・開発の管理
8.3.4.1 監視
8.3.4.2 設計・開発の妥当性確認
8.3.4.3 試作プログラム
8.3.4.4. 製品承認プロセス
8.3.5 設計・開発からのアウトプット
8.3.5.1 設計・開発からのアウトプット-補足
8.3.5.2 製造工程設計からのアウトプット
8.3.6 設計・開発の変更
8.3.6.1 設計・開発の変更-補足
Webサイトの記事が電子書籍に!

多くのお客様からご依頼いただきました「当サイトの記事を電子書籍で提供してほしい」について、販売を開始いたしました!お手頃価格のご提供となりますので、ご購入をご検討いただければ幸いです。

【本書の特徴】
①ISO9001やIATF16949の要求事項を漏れなく説明!
②重要・注意点が色付きでわかる!
③Webサイトの元記事へのリンクがあるので、原文検索にも使える!
④要求事項にリンクした「重要帳票」が何かが一目瞭然!
⑤タブレットやスマホを使用して、移動中でも落ち着いて勉強可能!

【ご購入について】
①お支払い完了後、ダウンロード可能になります。
②商品は、PDF形式での納品となります(複製はご遠慮ください)
③ダウンロードは1回、10日以内に行ってください。
④期限をすぎるとダウンロードできなくなります。
⑤請求書・領収書発行可能です!
⑥インボイス登録番号は、領収書をご確認ください。

【ISO9001版:電子書籍】
詳細及びサンプル情報はこちら

【IATF16949版:電子書籍】
詳細及びサンプル情報はこちら

【ISO9001+IATF16949版:電子書籍】
詳細及びサンプル情報はこちら

IATF16949:8.3.3.2項の製造工程設計へのインプットは「タートル図」の作成が大事

IATF16949:8.3.3.2項の製造工程設計へのインプット①

IATF16949:8.3.3.2項の製造工程設計へのインプットという題目の通り、8.3.5.2:製造工程設計からのアウトプットが存在します。

つまり、タートル図(タートルチャート)の作成が必須であり、インプットが8.3.3.2項、アウトプットが8.3.5.2項の形にして作成することが重要です。

IATF16949:8.3.3.2項の製造工程設計へのインプット②_タートル図

 

次に、本要求事項の内容について、一つずつ見ていきましょう。

a)特殊特性を含む、製品設計からアウトプットデータ

IATF16949:8.3.3.2項の製造工程設計へのインプットは、以下のように記載されています。

8.3.3.2の条文a)
a)特殊特性を含む、製品設計からのアウトプットデータ

この要求事項は、特殊特性を含めて、8.3.5項(ISO:設計開発からのアウトプット)8.3.5.1項(設計開発からのアウトプット-補足)の内容を含め、組織が製造工程設計者へインプットすべき内容を漏れなくインプットすべきことを意図しています。

特に、特殊特性は製品設計・工程設計者が定める特殊特性展開表が重要になるので、当サイトで格安販売している帳票などをおすすめしています。

 

詳しくは、IATF16949:8.3.3.3項の特殊特性を参考にしてくださいね。

IATF16949:8.3.3.2項の製造工程設計へのインプット③_特殊特性

b)生産性と工程能力及びコスト目標

IATF16949:8.3.3.2項の製造工程設計へのインプットは、以下のように記載されています。

8.3.3.2の条文b)
b)生産性、工程能力、タイミング及びコストに対する目標

この要求事項の中で生産性とコストは顧客側面から一見離れているように見えますが、実は大いに関係しています。

顧客としては、生産性とコストを契約後に変更されることを当然嫌がりますよね?

なので、契約前に目標の生産性とコスト目標を決定し、それを満たすことを保証し生産してもらうことを求めています。

なので、顧客に関係ないと思うのは間違えているので注意してください。

工程能力については、自動車顧客においては特殊特性工程であればCpk≧1.67、一般工程でも1.33を要求してくる顧客が多いです。

またタイミングというのは何を表しているかというと、PPAP(8.3.4.2項)の時期についての情報を製造工程設計へのインプットにすることを意図しています。

IATF16949:8.3.3.2項の製造工程設計へのインプット④_PPAP

c)製造技術の代替案

IATF16949:8.3.3.2項の製造工程設計へのインプットは、以下のように記載されています。

8.3.3.2の条文c)
c)製造技術の代替案

これは読んだままですが、製造技術の代替案があればそれも検討することを意図しています。

中には、内製から外製という案もあるので、広い意味で捉えることをおすすめします。

d)顧客固有要求事項

IATF16949:8.3.3.2項の製造工程設計へのインプットは、以下のように記載されています。

8.3.3.2の条文d)
d)もしあれば、顧客要求事項

例えば、一番多い要求としては工程能力指数1.67以上ですが、それ以外には破壊試験要求、顧客指定の特殊特性、レイアウト検査などの要求もあります。

一般的にはSQM(仕入先品質マニュアル)に記載されていることが多いので、きちんと確認しておきましょう。

関連要求事項

e)過去の開発からの経験

IATF16949:8.3.3.2項の製造工程設計へのインプットは、以下のように記載されています。

8.3.3.2の条文e)
e)過去の開発からの経験

例えば、品質保証や品質管理部門が管理している市場クレーム過去トラ集や、製品設計過去トラ集・生産工程過去トラ集などがあげられます。

また、類似製品があればそれらの成功体験・失敗体験なども過去の開発経験になるので必ずインプットしてください。

f)新材料情報

IATF16949:8.3.3.2項の製造工程設計へのインプットは、以下のように記載されています。

8.3.3.2の条文f)
f)新材料

これは、製品設計側からの新材料情報を意図しています。

成型品の材料が変わったり、新材料を成型するなど様々なパターンが考えられるので、必要に応じて新材料情報を製造工程設計側へインプットする必要があります。

コンサルティングではない!新しいサービスとは?
ISO9001_IATF16949_VDA6.3_販売中ノウハウ

g)人間工学的要素

IATF16949:8.3.3.2項の製造工程設計へのインプットは、以下のように記載されています。

8.3.3.2の条文g)
g)製品の取扱及び人間工学的要求事項

生産性を向上させるため欠かせないのが、人間工学に関する考え方です。

製品の取り扱いやすさ・流れなどを十分考慮して工程設計をしないと、量産移行後に工数削減などを行うのはかなり難しいです。

そのため、工程設計段階で十分検討されていることが求められます。

h)コンカレントエンジニアリング

IATF16949:8.3.3.2項の製造工程設計へのインプットは、以下のように記載されています。

8.3.3.2の条文h)
h)製造設計、組立設計

これは、コンカレントエンジニアリングの手法の活用を意図しています。

コンカレントエンジニアリングとは?
製造業の製品開発工程において、複数の業務を同時進行させることで、開発の効率化や期間短縮を図る手法。

製造設計・組み立て設計を同時に行い、製造工程設計の短縮を行うことで効率の良い生産立ち上げを行うことを目的とした要求です。

【重要】ポカヨケ手法の採用可否

IATF16949:8.3.3.2項の製造工程設計へのインプットは、以下のように記載されています。

8.3.3.2の後半
製造工程設計には、問題の大きさに対して適切な程度で、遭遇するリスクに見合う程度のポカヨケ手法の採用を含めなければならない。

この意図は、ヒューマンエラーに対してのリスクから考えたポカヨケ装置の導入要否の検討が重要です。

例えば、ヒューマンエラーを起こすと後ろの工程で発見できないような事象であればリスクが高いのでポカヨケ装置が必要になりますし、簡単に見つけられるのであれば必要ないと判断することもできます。

いづれにしろ、それらが判断できる材料があれば製造工程設計へのインプットとすることが必要になります。

IATF16949:8.3.3.2項の製造工程設計へのインプットの要求事項はどこに記載すればいい?

IATF16949:8.3.3.2項の製品設計へのインプットの内容は、基本的内容をタートル図で記載し、細かい内容は、製造工程設計業務規定を作成し、社内ルールの統一化が必要になります。

製品設計業務規定の必須事項
①どのような内容がインプットされるのか
②どのような技術ルールに基づくのか
③工程設計開発の結果つまり、アウトプットは何か

上記3つは最低限必要になるので、ISO9001及びIATF16949の要求事項を網羅した規定を、構築段階でしっかり作成するようにしてください。

IATF16949:8.3.3.2項の製造工程設計へのインプット:まとめ

IATF16949:8.3.3.2項の製造工程設計へのインプットの要求事項における規格解釈はいかがでしたでしょうか?

製造工程設計開発を行う企業(主に製造業)では当たり前のことかもしれませんが、特に抜けが無いよう要求しているのが本条項です。

忘れがちな法令・規制要求事項などは特に注意しましょう!

それではまた!

おすすめ外部記事

設計職の転職ガイド!転職活動を成功させる秘訣まとめ

製品設計審査用チェックリスト!格安でご提供いたします!
製品設計審査DR2は、この帳票で完璧!

IATF16949/ISO9001の第8.3項で欠かせないDR(デザインレビュー)。その中の「製品設計審査」では、要求事項をもとより、移行審査基準が何か審査・監査で問われます。

製品設計審査で使えるDRチェックリスト作成したので、是非この機会にご利用ください。

全てエクセルで作成しているので、貴社内でカスタマイズしていただいてOK。自由度の高い帳票となっています。

簡単にまとめられるテクニック満載の帳票を格安でご提供いたします!

①お支払い完了後、ダウンロード可能になります。
②商品は、xlsx形式での納品なので自社に合わせて編集可能です!
③ダウンロードは1回、10日以内に行ってください。
④期限をすぎるとダウンロードできなくなります。
⑤銀行振込・クレジットカード払い対応!
⑥請求書・領収書はマイページよりダウンロード可能!
⑦銀行振り込みの場合、振込確認後ダウンロード可能となります。
⑧インボイス登録番号は、領収書をご確認ください。
コンサルティングではない!新感覚のサービスとは?

おすすめの記事