【緊急告知】2024年QMS構築企業様向け!大感謝SALE開催

IATF16949&ISO9001認証パートナーSALE

【IATF16949攻略】8.2.1.1:顧客とのコミュニケーション-補足の要求事項徹底解説!

IATF16949:8.2.1.1項の顧客とのコミュニケーション-補足の意図は、顧客が規定した情報のやり取りに必要なツールの特的及び確保に関する要求です。

今回の記事は、IATF16949:8.2.1.1項の顧客とのコミュニケーション-補足の意味と構築ポイントについて解説します。

IATF16949/ISO9001/VDA6.3

第8章:運用についての「要求事項リスト」
ISO・IATF 8章
※IATF16949運用には、ISO9001の要求事項の運用が必須です。
条項 題目 ISO9001 IATF16949
第4章 組織の状況
第5章 リーダーシップ
第6章 計画
第7章 支援
第8章 運用
第9章 パフォーマンス評価
第10章 改善

※8.1項~8.3.6.1項は主に、①営業プロセス②製品設計プロセス③工程設計プロセスが関係します。

条項 題目 ISO9001 IATF16949
8.1 運用の計画及び管理
8.1.1 運用の計画及び管理-補足
8.1.2 機密保持
8.2.1 顧客とのコミュニケーション
8.2.1.1 顧客とのコミュニケーション-補足
8.2.2 製品及びサービスに関する要求事項の明確化
8.2.2.1 製品及びサービスに関する要求事項の明確化-補足
8.2.3.1 製品及びサービスに関する要求事項のレビュー
8.2.3.1.1 製品及びサービスに関する要求事項のレビュー補足
8.2.3.1.2 顧客指定の特殊特性
8.2.3.1.3 組織の製造フィージビリティ
8.2.3.2 題目無(レビュー結果の保持ルール)
8.2.4 製品及びサービスに関する要求事項の変更
8.3.1 製品及びサービスの設計・開発
8.3.1.1 製品及びサービスの設計・開発-補足
8.3.2 設計・開発の計画
8.3.2.1 設計・開発の計画-補足
8.3.2.2 製品設計の技能
8.3.2.3 組込みソフトウェアを持つ製品の開発
8.3.3 設計・開発へのインプット
8.3.3.1 製品設計へのインプット
8.3.3.2 製造工程設計へのインプット
8.3.3.3 特殊特性
8.3.4 設計・開発の管理
8.3.4.1 監視
8.3.4.2 設計・開発の妥当性確認
8.3.4.3 試作プログラム
8.3.4.4. 製品承認プロセス
8.3.5 設計・開発からのアウトプット
8.3.5.1 設計・開発からのアウトプット-補足
8.3.5.2 製造工程設計からのアウトプット
8.3.6 設計・開発の変更
8.3.6.1 設計・開発の変更-補足
Webサイトの記事が電子書籍に!

多くのお客様からご依頼いただきました「当サイトの記事を電子書籍で提供してほしい」について、販売を開始いたしました!お手頃価格のご提供となりますので、ご購入をご検討いただければ幸いです。

【本書の特徴】
①ISO9001やIATF16949の要求事項を漏れなく説明!
②重要・注意点が色付きでわかる!
③Webサイトの元記事へのリンクがあるので、原文検索にも使える!
④要求事項にリンクした「重要帳票」が何かが一目瞭然!
⑤タブレットやスマホを使用して、移動中でも落ち着いて勉強可能!

【ご購入について】
①お支払い完了後、ダウンロード可能になります。
②商品は、PDF形式での納品となります(複製はご遠慮ください)
③ダウンロードは1回、10日以内に行ってください。
④期限をすぎるとダウンロードできなくなります。
⑤請求書・領収書発行可能です!
⑥インボイス登録番号は、領収書をご確認ください。

【ISO9001版:電子書籍】
詳細及びサンプル情報はこちら

【IATF16949版:電子書籍】
詳細及びサンプル情報はこちら

【ISO9001+IATF16949版:電子書籍】
詳細及びサンプル情報はこちら

IATF16949:8.2.1.1項の顧客とのコミュニケーション-補足の意味

IATF16949:8.2.1.1項の顧客とのコミュニケーション-補足①

IATF16949:8.2.1.1項の顧客とのコミュニケーション-補足では、自動車産業のおけるグローバル化において、情報の伝達に対してもIT化が進められていることから、顧客が要求するコミュニケーション伝達手段に対応する能力を保有することを求めています。

その中でも、設計データのやり取りや受発注システムへの対応、並びに言語(英語・中国語など)については高い要求が求められています。

それらに対応したシステムがないと、顧客とのコミュニケーションが欠落してしまうので要注意です。

これらの対応能力は、顧客固有要求事項や契約書の中でコミュニケーション手段が書かれている場合、審査で確認されることもあるので、しっかり対応しましょう。

次に、IATF16949:8.2.1.1項の顧客とのコミュニケーション-補足の内容について、具体的な内容を見ていきましょう。

顧客から求められているコミュニケーション手段を明確に!

IATF16949:8.2.1.1項の顧客とのコミュニケーション-補足の要求事項には、以下のように記述されています。

8.2.1.1の条文
記述された又は口頭のコミュニケーションは、顧客と合意した言語によらなければならない。組織は、顧客に規定されたコンピュータ言語及び書式(例CADデータ、電子データ交換)を含めて、必要な情報を伝達する能力をもたなければならない。

①CADシステム

特に重要なのが、設計責任が自社にある場合、顧客が指定したCADシステムでのデータ交換必要になる場合があります。

取引前に自社が顧客要望に対応できるCADシステムを保有しているのかをしっかり確認しましょう。

②顧客指定のオンラインシステム

オンラインシステムとは、Web会議システムやメールなどデータ交換ができるシステムを指します。

最近のWeb会議システムは様々ありますが、広く使われているシステムとして以下の内容があるので、自社で対応できるシステム化どうかしっかり確認しておきましょう。

オンライン会議システム 詳細URL
Teams https://www.microsoft.com/ja-jp/microsoft-teams/group-chat-software
Webex https://www.webex.com/ja/video-conferencing.html
Zoom https://zoomgov.com/jp-jp/meetings.html

③顧客ポータルサイト【重要】

IATF16949:8.2.1.1項の顧客とのコミュニケーション-補足②

多くのOEMメーカーやTire1メーカーでは、自社のポータルサイトを使用して、オンライン発注システムを行っていることが多いです。

それらの対応が必要かどうかを取引開始前に確認し、対応可能かどうかを合わせて検討しましょう。

取引開始の際は、顧客の購買部などから何らかの情報をインプットしてくれるので、心配はないでしょう。

また、受発注システムだけではなく、開発資料や是正処置文書・APQP段階の資料(例えばPPAP資料)などは、顧客ポータルサイトで行われることが多いです。

合わせて契約前に確認しておきましょう。

最近では、SQM(仕入先品質マニュアル)を自社のポータルサイトからダウンロードしたり、必要帳票をダウンロードするよう要求されるケースが増えているので、顧客ポータルサイトは必ず確認してください。

これらの仕組みについて、審査機関の多くは情報を入手しているので、漏れがあると不適合にされるケースも想定できます。

コンサルティングではない!新しいサービスとは?
ISO9001_IATF16949_VDA6.3_販売中ノウハウ

海外顧客とのコミュニケーションは要注意!

IATF16949:8.2.1.1項の顧客とのコミュニケーション-補足の要求事項で注意が必要なのが、「顧客と合意した言語」についてです。

例えば、英語・中国語・韓国語・ドイツ語など指定がある場合は、顧客とのコミュニケーション窓口になる方(特に営業担当)の言語能力の力量評価が必須です。

また、渡される資料が「英語」の場合は、技術員をはじめとするそれらの情報をインプットする部門の言語に対する力量評価を明確にすることが求められるので、注意してください。

関連記事

IATF16949:8.2.1.1項の顧客とのコミュニケーション-補足はどこに記載すればいい?

IATF16949:8.2.1.1項の顧客とのコミュニケーション-補足に関する内容は、営業管理規定を作成し、その方法をルール化することが求められます。

営業管理規定には、以下の要求事項の内容も併せてまとめることがおすすめです。

条項 題目 ISO9001 IATF16949
8.2.1 顧客とのコミュニケーション
8.2.1.1 顧客とのコミュニケーション-補足
8.2.2 製品及びサービスに関する要求事項の明確化
8.2.2.1 製品及びサービスに関する要求事項の明確化-補足
8.2.3 製品及びサービスに関する要求事項のレビュー
8.2.3.1.1 製品及びサービスに関する要求事項のレビュー-補足
8.2.3.1.2 顧客指定の特殊特性
8.2.3.1.3 組織の製造フィージビリティ
8.2.3.2 題目無(レビューの結果の文書化)
8.2.4 製品及びサービスに関する要求事項の変更
9.1.2 顧客満足
9.1.2.1 顧客満足-補足

IATF16949:8.2.1.1項の顧客とのコミュニケーション-補足:まとめ

IATF16949:8.2.1.1項の顧客とのコミュニケーション-補足③

IATF16949:8.2.1.1項の顧客とのコミュニケーション-補足の要求事項の規格解釈はいかがでしたか?

自動車産業はグローバル化のスピードが速く、顧客の要求も年々上がっています。

それらに対応したコミュニケーション手段を持たないと対応ができなくなりつつあるのが現状です。

特に、英語でのコミュニケーションに日本は課題を抱えることが多いので、海外顧客との取引の際は十分注意しましょう。

それではまた!

IATF16949:第8章(開発段階)の必須帳票販売中!

事例付き多数の帳票だから「楽々構築&理解」可能!

【監査員の僕のノウハウが詰まった帳票販売】
IATF16949の第8章(設計開発段階)構築に必須の重要帳票をお手頃価格で販売中!事例付き帳票多数の為、ご購入後すぐに理解できるのも特徴です。
※FMEAなどの必須帳票は、第6章・第7章の対応記事をご確認ください。
【要チェック】
ISO9001とIATF16949は、重複する帳票があるので、下記の赤ボタンからISO9001帳票のチェックもお忘れなく!
※SALEは予告なく開始・終了いたしますので、お早めに!
【ご購入について】
①お支払い完了後、ダウンロード可能になります。
②商品は、xlsx形式での納品なので自社に合わせて編集可能です!
③ダウンロードは1回、10日以内に行ってください。
④期限をすぎるとダウンロードできなくなります。
⑤銀行振込・クレジットカード払い対応!
⑥請求書・領収書はマイページよりダウンロード可能!
⑦銀行振り込みの場合、振込確認後ダウンロード可能となります。
⑧インボイス登録番号は、領収書をご確認ください。

帳票目的 販売中帳票(多数事例あり)
IATFはプロジェクト管理が必須!プロジェクト計画の立て方が一目瞭然の帳票販売中!
必須要求事項:8.1.1項
No.81_プロジェクト計画書
顧客案件管理で重要なのは「顧客の声」。どんな内容をプロジェクトにインプットすべきかが事例付きでわかる!
必須要求事項:8.2.1.1項
No.8211_顧客案件管理シート
IATFの目玉要求事項!どんな内容を評価すべきか、部門横断検証まで可能な帳票販売!
必須要求事項:8.2.3.1.3項
No.82313_DR1製造フィージビリティ評価表
製造フィージビリティで大事なのは、生産の可否!何を評価すべきか事例付きでわかる!
必須要求事項:8.2.3.1.3項
No.82313-2_生産能力調査表
プロジェクト計画に基づいて、詳細対応行っていくのがプロジェクト管理表。事例付きで解説!
必須要求事項:8.3.2.1項
No.8321-2_プロジェクト管理表
プロジェクトの流れを表すのがAPQP。簡単にフローが作成できる帳票販売中!
必須要求事項:8.3.2.1項
No.8321-1_APQPフロー
コントロールプランへの特殊特性の反映は、IATFで必須!特定方法がわかるノウハウ販売!
必須要求事項:8.3.3.3項
No.8333_コントロールプラン特殊特性特定表
製品承認プロセス(PPAP)で重要なPSW(部品提出保証書)のフォーマット販売。
必須要求事項:8.3.4.4項
No.8344-2_部品提出保証書 
製品承認プロセスで必須のPPAPリストのフォーマットを販売!漏れ防止も可能です!
必須要求事項:8.3.4.4項
No.8344-1_PPAPリスト
設備や治具購入後は「妥当性検証」が必須!その方法がわかる帳票を事例付きで販売!
必須要求事項:8.3.5.2項
No.8352-2_設備及び治具能力検証シート
コンサルティングではない!新感覚のサービスとは?

おすすめの記事