【人気教材】IATF16949/ISO9001/VDA6.3構築中企業様必見!

IATF16949/ISO9001/VDA6.3

【IATF16949攻略】8.3.2.3:組込みソフトウェアを持つ製品開発の要求事項徹底解説!

IATF16949では、組込みソフトウェアを持つ製品開発についての管理に対しても要求があるので注意が必要です。その管理内容を表しているのが、8.3.2.3項です。

今回の記事は、IATF16949:8.3.2.3項の組込みソフトウェアを持つ製品開発の意味と構築ポイントについて解説します。

IATF16949/ISO9001/VDA6.3

第8章:運用についての「要求事項リスト」
ISO・IATF 8章
①営業プロセス
②製品設計プロセス
③工程設計プロセス
※IATF16949運用には、ISO9001の要求事項の運用が必須です。
条項 題目 ISO9001 IATF16949
8.1 運用の計画及び管理
8.1.1 運用の計画及び管理-補足
8.1.2 機密保持
8.2.1 顧客とのコミュニケーション
8.2.1.1 顧客とのコミュニケーション-補足
8.2.2 製品及びサービスに関する要求事項の明確化
8.2.2.1 製品及びサービスに関する要求事項の明確化-補足
8.2.3.1 製品及びサービスに関する要求事項のレビュー
8.2.3.1.1 製品及びサービスに関する要求事項のレビュー補足
8.2.3.1.2 顧客指定の特殊特性
8.2.3.1.3 組織の製造フィージビリティ
8.2.3.2 題目無(レビュー結果の保持ルール)
8.2.4 製品及びサービスに関する要求事項の変更
8.3.1 製品及びサービスの設計・開発
8.3.1.1 製品及びサービスの設計・開発-補足
8.3.2 設計・開発の計画
8.3.2.1 設計・開発の計画-補足
8.3.2.2 製品設計の技能
8.3.2.3 組込みソフトウェアを持つ製品の開発
8.3.3 設計・開発へのインプット
8.3.3.1 製品設計へのインプット
8.3.3.2 製造工程設計へのインプット
8.3.3.3 特殊特性
8.3.4 設計・開発の管理
8.3.4.1 監視
8.3.4.2 設計・開発の妥当性確認
8.3.4.3 試作プログラム
8.3.4.4. 製品承認プロセス
8.3.5 設計・開発からのアウトプット
8.3.5.1 設計・開発からのアウトプット-補足
8.3.5.2 製造工程設計からのアウトプット
8.3.6 設計・開発の変更
8.3.6.1 設計・開発の変更-補足

IATF16949:8.3.2.3項の組込みソフトウェアを持つ製品開発の意味

IATF16949:8.3.2.3項の組込みソフトウェアを持つ製品開発①

自動車産業の多くは、「部品」と「製造」といったワードに注目されていますが、近年目まぐるしく発展しているのが自動運転システム(ADAS:先進運転支援システム(エイダス))です。

この運転システムの発展により、高度なソフトウェア開発が必要不可欠となっています。

人々の生活を豊かにするADSDにより、例えばブレーキ・ハンドルコントールや画像認識を用いた映像面など非常に高度な技術が用いられています。

これらを制御する部分に欠かせないのがソフトウェア開発。

つまり、それらもルールに基づいて開発することは必要不可欠であることは間違いありません。

IATF16949:8.3.2.3項の組込みソフトウェアを持つ製品開発の要求は非常に重要であり、ソフトウェア開発に必要不可欠な手法にAutomotive SPICE:Software Process Improvement and Capability dEterminationがあります。

その他には、CMMICapability Maturity Model Integrationなども付属書Bで紹介されています。

次に、IATF16949:8.3.2.3項の組込みソフトウェアを持つ製品開発の意味と構築ポイント解説していきます。

組込みソフトウェアについても品質保証が必須!

IATF16949:8.3.2.3項の組込みソフトウェアを持つ製品開発の要求事項には、以下のように記載されています。

8.3.2.3の条文前半
組織は、内部で開発された組込みソフトウェアをもつ製品に対する品質保証のプロセスを用いなければならない。

当然のことですが、自動車にはハードとソフトの部分開発及び製造が必要であり、ハード(部品)だけではなく、ソフトウェアについても品質管理・品質保証は不可欠です。

Automotive SPICE準拠の社内標準プロセス整備が必須!

IATF16949:8.3.2.3項の組込みソフトウェアを持つ製品開発の要求事項には、以下のように記載されています。

8.3.2.3の条文中盤①
ソフトウェア開発評価の方法論を、組織のソフトウェア開発プロセスを評価するために利用しなければならない。

この代表といえるのが、Automotive SPICEです。

過去にはCMMIベースでのソフトウェア開発が主流だったものの、近年はAutomotive SPICEが業界標準になってきているので、CMMIベースの企業は、Automotive SPICEを社内標準にすることを強くおすすめします。

Automotive SPICEとは、大きく分けて3つの大カテゴリーとさらに細分化されたプロセスに分解され、各プロセスはその目的及び成果そして、その基本プラクティスやアウトプットとなる成果物が規定されている「Automotive SPICEプロセス参照モデル」というものが有名です。

自己評価結果は文書化して保持する

IATF16949:8.3.2.3項の組込みソフトウェアを持つ製品開発の要求事項には、以下のように記載されています。

8.3.2.3の条文中盤②
リスク及び顧客に及ぼす潜在的な影響に基づく優先順位付けを用いて、組織はソフトウェア開発能力の自己評価の文書化した情報を保持しなければならない。

ソフトウェアは徹底した開発により、細部まで確認していくことは理想です。

しかしソフトウェア開発においてそれらをすべて行うことは非常に難しいことがわかっているので、リスク及び顧客に及ぼす潜在的な影響に基づく優先順位をつけて行うことを要求しています。

コンサルティングではない「新しいサービス」を展開中
IATF16949/VDA6.3

ソフトウェア開発も内部監査プログラムの範囲に!

IATF16949:8.3.2.3項の組込みソフトウェアを持つ製品開発の要求事項には、以下のように記載されています。

8.3.2.3の条文後半
組織はソフトウェア開発を内部監査プログラム(9.2.2.1参照)の範囲に含めなければならない。

ソフトウェア開発も内部監査に含めることは大事ですが、内部監査員選出に注意すべきことは、Automotive SPICEについても理解があるもの(力量がある内部監査員:7.2.3項参照)を監査員としておくことです。

これらは、内部監査員の登録制度を作るうえで重要な部分であり、審査・監査でも確認されるポイントとなります。

IATF16949:8.3.2.3項の組込みソフトウェアを持つ製品開発:まとめ

IATF16949:8.3.2.3項の組込みソフトウェアを持つ製品開発②

IATF16949:8.3.2.3項の組み込みソフトウェアを持つ製品開発の要求事項における規格解釈はいかがでしたでしょうか?

自動車産業におけるもっとも重要な開発手法は、Automotive SPICEです。

自社開発をしていない場合で外部に委託する場合も、Automotive SPICEの準拠要求をすることも求められます。

これらは、顧客固有要求事項として定義されていることが多いので、合わせて確認しておきましょう!

それではまた!

おすすめ外部リンク

品質管理職の転職は有利!

顧客固有要求事項マトリクス表!格安でご提供します!
面倒な顧客固有要求事項を簡単攻略可能です!

顧客固有要求事項は、マトリクス表にして社内展開しますが、どのように展開すべきかイマイチ分かりづらいですよね?そんな企業様でも簡単作成可能!「顧客固有要求事項マトリクス表」を使えば簡単かつ確実に作成できます!

しかも!

帳票はすべてエクセル。貴社内で簡単にカスタマイズすることも可能なので、構築に悩まれている場合は、是非ダウンロードしてご活用くださいね!

①お支払い完了後、ダウンロード可能になります。
②商品は、xlsx形式での納品なので自社に合わせて編集可能です!
③ダウンロードは1回、10日以内に行ってください。
④期限をすぎるとダウンロードできなくなります。
⑤銀行振込・クレジットカード払い対応!
⑥請求書・領収書はマイページよりダウンロード可能!
⑦銀行振り込みの場合、振込確認後ダウンロード可能となります。
コンサルティングではない!新感覚のサービスとは?

IATF16949/ISO9001/VDA6.3

おすすめの記事