【人気教材】IATF16949/ISO9001/VDA6.3構築中企業様必見!

IARF16949/ISO9001/VDA6.3

【IATF16949攻略】7.3.2:従業員の動機付け及びエンパワーメントの要求事項徹底解説!

今回はIATF16949:7.3.2の従業員の動機付け及びエンパワーメントの規格解釈、構築ポイントについて解説いたします。

従業員のモチベーション維持は凄い大事ですよね!特に品質マネジメントシステムを運用することは従業員への負担でもあるので、気持ちよく仕事をしてもらうためにもモチベーションを高めることは大事。そこでIATF16949では、従業員の動機付け及びエンパワーメントの促進の要求事項があります!

Note:動機付け
行動の理由を考えるときに用いられる総合的概念であり,行動を一定の方向に向けて生起させ,持続させる過程や機能の全般を指す。モチベーションともいう。
参考サイト:コトバンク様
Note:エンパワーメント
エンパワーメント(empowerment)とは、人間一人ひとりの潜在能力を引き出し、自分で行動する力や周囲への影響力を高められるように成長を促す考え方です。
参考サイト:ピポラボ様

今回はIATF16949:7.3.2の従業員の動機付け及びエンパワーメントの規格解釈、構築ポイントについて解説いたします。

IATF16949/ISO9001/VDA6.3担当者紹介

第7章:支援についての「要求事項リスト」
ISO・IATF 7章
※IATF16949運用には、ISO9001の要求事項の運用が必須です。
条項 題目 ISO9001 IATF16949
7.1.1 一般(資源計画)
7.1.2 人々
7.1.3 インフラストラクチャ
7.1.3.1 工場、施設及び設備の計画
7.1.4 プロセスの運用に関する環境
7.1.4.1 プロセスの運用に関する環境-補足
7.1.5
7.1.5.1
一般(監視及び測定のための資源)
7.1.5.1.1 測定システム解析
7.1.5.2 測定のトレーサビリティ
7.1.5.2.1 校正/検証の記録
7.1.5.3.1 内部試験所
7.1.5.3.2 外部試験所
7.1.6 組織の知識
7.2 力量
7.2.1 力量-補足
7.2.2 力量-業務を通じた教育訓練(OJT)
7.2.3 内部監査員の力量
7.2.4 第二者監査員の力量
7.3 認識
7.3.1 認識-補足
7.3.2 従業員の動機付け及びエンパワーメント
7.4 コミュニケーション
7.5.1 一般(文書化した情報)
7.5.1.1 品質マネジメントシステムの文書類
7.5.2 作成及び更新
7.5.3
7.5.3.1
7.5.3.2
文書化した情報の管理
7.5.3.2.1 記録の保管
7.5.3.2.2 技術仕様書

IATF16949:7.3.2の従業員の動機付け及びエンパワーメントの規格解釈

IATF16949:7.3.2の従業員の動機付け及びエンパワーメント_要求事項

この要求事項の意図は、会社または部門が決めた品質目標を達成させたり、継続的改善を促進するために、従業員に対し動機付けを行い、その動機付けについて文書化したプロセスを維持することを目的としています。

つまり、モチベーションを高めて品質向上や技術向上に努めることが求められています。

では、従業員がモチベーションを高める為の動機付けとは何かというと「お金(ゲスな話ですが笑)」です。

従業員の方々は、慈善活動で働いているわけではないので、お給与や報奨金としての形でモチベーションを高めることができます。モチベーション=お金と考えて従業員の動機付けを行うことが大事です。

また「文書化したプロセス」の要求があるので、従業員への動機づけに対するプロセスを規定に落とし込み、そのプロセスが効果的に運用できているかを実証し、有効性を確認できる仕組みが構築のポイントです。

次にIATF16949:7.3.2の従業員の動機付け及びエンパワーメントの要求事項の構築ポイントを、実践的な部分で解説していきます。

QMS運用にあたる成果について報奨金制度を作る

IATF16949:7.3.2の従業員の動機付け及びエンパワーメントの要求事項のポイントは、動機付け(モチベーション)なので、報奨金制度を作りが大事です。それをルール化して達成できた場合は、報奨金を払うといった仕組みを構築することで要求事項に対応できます。

「報奨金を払う基準がわからない」といった悩みがあるかもしれませんが、意外と身近な仕事に報奨金を支払うだけで従業員のモチベーションが上がる仕組みを作ることができます。

要求事項には「品質及び技術的認識を促進することを含めなければならない」と記載されているので、例えば、出荷検査担当者が検査でNG品を検出できた場合、1件当たり100円の報奨金を支払うというのも出荷検査者はモチベーションがあがります。

また、ある工程担当者の製品が3か月連続でNG品を作らなかった場合も報奨金として1000円支払うという場合もやる気になりますよね!

これらは品質マネジメントシステムを促進させるための動機付けになっているので非常に有効です。

では技術的な認識を促進させるためにはどうするのかというと、商品企画大会を開催し、見事商品化まで達成出来たら10000円の報奨金を支払うといった制度もモチベーションアップに繋がります。

また、企業によっては特許制度があり、特許が取れた場合は、プロジェクトメンバーに一人当たり3000円支払う報奨金制度も技術的認識を高めることもできるので、モチベーションが上がります。

このように身近なことで報奨金を支払う仕組みを構築し、社内報奨金制度で従業員の動機付け及びエンパワーメントに対応した文書化したプロセスを構築すれば審査にも対応できます。

コンサルティングではない「新しいサービス」を展開中
IATF16949/VDA6.3

IATF16949:7.3.2の従業員の動機付け及びエンパワーメントはどこに記載すればいい?

内容がまとまったらそのルールを記載をする必要があります。多くの会社は品質マニュアルの要求事項の中に取組方法を記載することが多いです。

また、賃金規定・給与規定といったお金に関係する規定があればそこに報奨金制度について記載してしまうのもおすすめです。

その際の書き方は以下のような表にまとめて報酬制度を従業員に認識させるようにしましょう。

IATF16949:7.3.2の従業員の動機付け及びエンパワーメント_報奨金制度

品質マネジメントシステムの中で従業員のモチベーションに繋がる項目を抽出し、その動機付けとなる報奨対象とその金額を明記することで、IATF16949:7.3.2の従業員の動機付け及びエンパワーメントの対応は可能です。

「報奨金制度はお金がかかるので嫌だ」という経営層の方々も多いですが、従業員の働き甲斐とは「お金」が一番従業員満足度が高いので、報奨金制度を是非取り入れてください。

根性論ではこの要求事項には対応できない為、経営層を含めて効果的な運用方法を定め、支払完了までの文書化したプロセスを構築してくださいね!

関記事

IATF16949:7.3.2の従業員の動機付け及びエンパワーメント:まとめ

IATF16949:7.3.2の従業員の動機付け及びエンパワーメントの規格解釈および構築ポイントは如何でしたでしょうか?

品質マネジメントシステムを取得することは少なからず従業員の負担は大きくなります。

そのためにも従業員のモチベーションを上げ、品質活動を効率的に運用することで色々な改善活動にもつながります。

ただし、これらの報奨金制度はお金がかかるので、事前に経営層の承認を得てからすすめることがおすすめです。

それではまた!

外部おすすめ記事

工場求人おすすめ求人サイト3選

力量評価と教育訓練はこれで解決!帳票格安販売中!
品質管理
目標設定管理もできるので安心!

ISO9001:7.2項の力量は、個人の力量と目標管理についての達成度がわかるシートが非常に有効です。そしてもう一つが教育訓練記録。

力量評価と目標管理が同時にそして、教育訓練の記録を残せる最適な仕組みを2つの帳票で完全網羅!もちろん事例付きで格安でご提供いたします。

①お支払い完了後、ダウンロード可能になります。
②商品は、xlsx形式での納品なので自社に合わせて編集可能です!
③ダウンロードは1回、10日以内に行ってください。
④期限をすぎるとダウンロードできなくなります。
⑤振込・カード払い対応
⑥領収書発行可能です!
コンサルティングではない!新感覚のサービスとは?

IATF16949/ISO9001/VDA6.3

おすすめの記事