【緊急告知】春のQMS応援キャンペーン

【IATF16949攻略】8.6.3:外観品目の要求事項徹底解説!

IATF16949:8.6.3項の外観品目の要求事項では、自動車産業における「外観に関係する部品」に対して、顧客の要求を満たすための評価方法を定め実施することを意図しています。

今回の記事は、IATF16949:8.6.3項の外観品目の要求事項の意味と構築ポイントについて解説します。

IATF16949/ISO9001/VDA6.3

第8章:運用についての「要求事項リスト」
ISO・IATF 8章
※IATF16949運用には、ISO9001の要求事項の運用が必須です。
条項 題目 ISO9001 IATF16949
第4章 組織の状況
第5章 リーダーシップ
第6章 計画
第7章 支援
第8章 運用
第9章 パフォーマンス評価
第10章 改善

※8.5項~8.7.2項は主に、①製造プロセス②生産管理プロセス③品質管理プロセスが関係します。

条項 題目 ISO9001 IATF16949
8.5
8.5.1
製造及びサービス提供 〇注記
8.5.1.1 コントロールプラン
8.5.1.2 標準作業-作業者指示書及び目視標準
8.5.1.3 作業の段取り替え検証
8.5.1.4 シャットダウン後の検証
8.5.1.5 TPM
8.5.1.6 生産治工具並びに製造・試験・検査の治工具及び設備の運用管理
8.5.1.7 生産計画
8.5.2 識別及びトレーサビリティ 〇注記
8.5.2.1 識別及びトレーサビリティ-補足
8.5.3 顧客又は外部提供者の所有物
8.5.4 保存
8.5.4.1 保存-補足
8.5.5 引き渡し後の活動
8.5.5.1 サービスからの情報のフィードバック
8.5.5.2 顧客とのサービス契約
8.5.6 変更の管理
8.5.6.1 変更の管理-補足
8.5.6.1.1 工程管理の一時的変更
8.6 製品及びサービスのリリース
8.6.1 製品及びサービスのリリース-補足
8.6.2 レイアウト検査及び機能試験
8.6.3 外観品目
8.6.4 外部から提供される製品及びサービスの検証および受入れ
8.6.5 法令・規制への適合
8.6.6 合否判定基準
8.7
8.7.1
不適合なアウトプットの管理
8.7.1.1 特別採用に対する顧客の正式許可
8.7.1.2 不適合製品の管理-顧客規定のプロセス
8.7.1.3 疑わしい製品の管理
8.7.1.4 手直し製品の管理
8.7.1.5 修理製品の管理
8.7.1.6 顧客への通知
8.7.1.7 不適合製品の廃棄
8.7.2 (不適合製品関連の記録保持)
Webサイトの記事が電子書籍に!

多くのお客様からご依頼いただきました「当サイトの記事を電子書籍で提供してほしい」について、販売を開始いたしました!お手頃価格のご提供となりますので、ご購入をご検討いただければ幸いです。

【本書の特徴】
①ISO9001やIATF16949の要求事項を漏れなく説明!
②重要・注意点が色付きでわかる!
③Webサイトの元記事へのリンクがあるので、原文検索にも使える!
④要求事項にリンクした「重要帳票」が何かが一目瞭然!
⑤タブレットやスマホを使用して、移動中でも落ち着いて勉強可能!

【ご購入について】
①お支払い完了後、ダウンロード可能になります。
②商品は、PDF形式での納品となります(複製はご遠慮ください)
③ダウンロードは1回、10日以内に行ってください。
④期限をすぎるとダウンロードできなくなります。
⑤請求書・領収書発行可能です!
⑥インボイス登録番号は、領収書をご確認ください。

【ISO9001版:電子書籍】
詳細及びサンプル情報はこちら

【IATF16949版:電子書籍】
詳細及びサンプル情報はこちら

【ISO9001+IATF16949版:電子書籍】
詳細及びサンプル情報はこちら

IATF16949:8.6.3項の外観品目の意味

IATF16949:8.6.3項の外観品目①

IATF16949:8.6.3項の外観品目の意味は、自動車産業における「外観に関係する部品」に対して、顧客の要求を満たすための評価方法を定め実施することを意図しています。

この要求事項は、単純に自動車のボディーに関係するだけではなく、あくまでも顧客と取り交わした外観品目も該当することに注意しなければなりません。

例えば、ユーザーが見える部分だけではなく、ユニットの内蔵部などの部品だとしても、顧客から外観品目として指定された場合は本要求事項が適用されます。

8.6.3の条文前半
“外観品目”として顧客に指定された組織の製造部品に対して、組織は、次の事項を提供しなければならない。

次に、IATF16949:8.6.3項の外観品目の要求事項について詳しく見ていきましょう。

a)外観検査工程は「照度管理」が重要!

IATF16949:8.6.3項の外観品目の要求事項には、次のように記載されています。

8.6.3の条文a)
a)照明を含む、評価の為の適切な資源

製品外観を目視検査で確認する企業は多いのではないでしょうか?

そのような人が介在する工程は特に本要求事項に注意してください

検査員が検査を行いやすい照度管理つまり、定期的な照度測定が必須です。また、その照度の基準はどのような根拠で行われているかが審査・監査で問われるので、製造管理規定などで明確に記載してください。

一般的には、JIS照度基準を適用している企業が多いと思うので、これからIATF16949取得を考えている企業であればそちらを参照するとよいでしょう。

JIS照度基準のサイトはこちら

また照度測定は、確認頻度・合格基準を決定し、検査の記録を確実に保持するようにしましょう。

こちらも審査・監査で確認されることが非常に多いです。

b)マスターサンプル(限度見本)が重要!

IATF16949:8.6.3項の外観品目の要求事項には、次のように記載されています。

8.6.3の条文b)
b)必要に応じて、色、、光沢、金属性光沢、風合いイメージの明瞭さ(DOI)のマスター及び触覚技術

少し難しい言葉が含まれているので一つずつ解説していきます。

外観品目の絞(シボ)とは?
樹脂製品における絞模様のこと。車の皮製品などで「ザラザラしたもの」がわかりやすい例です。
外観品目の風合いとは?
布地などの触り心地を表す表現です。内装のドアの布の部分などがわかりやすい例です。
イメージの明瞭さ(DOI)とは?
イメージの明瞭さ:Distinctness of Imageの略語がDOIです。塗膜の反射の精度を測定(DOI値)及び計算し、表面の仕上がり評価をすることができます。

つまり、これらの仕上がり具合を評価するために、マスターサンプルを用意して対応することが求められます。

また、触感技術が求められる製品で一番多いのが、カーナビのタッチパネルなどです。タッチパネルは、顧客とマスターサンプルを取り交わす代表部品といってもいいでしょう。

c)外観品目のマスターサンプルや評価設備は「計測機器」と同じ管理を!

IATF16949:8.6.3項の外観品目の要求事項には、次のように記載されています。

8.6.3の条文c)
c)外観マスター及び評価設備の保全及び管理

照度を測定する照度計は、計測機器として管理している企業は多いので、計測機器の要求事項を満たしている企業は多いです。

関連記事

しかし、マスターサンプルを計測機器と同じ管理ができず、指摘の対象になる企業が多いのが実情です(私がサプライヤ監査を行った時も被監査企業に関して指摘するケースも実際多いです)。

実務的な理解として、マスターサンプルは「劣化」したりすることも考えられます。

例えば、きちんと管理されていない塗装品のマスターサンプルなどは、その部分が腐食することも十分あり得ます。

そうなると本来の機能・目的が失われ、マスターの意味がなくなってしまいますよね?

つまり、計測機器のように決められた間隔で定期評価を実施することを要求しているのが本要求事項です。

IATF16949:8.6.3項の外観品目②
校正計測器台帳をマスターサンプル台帳として新たに作成して対応すれば本要求事項を担保できるので、是非取り組んでみましょう。

校正・検証管理表記録表はこちら

GageR&R解析ツールはこちら

d)外観品目担当者は力量評価が必要

IATF16949:8.6.3項の外観品目の要求事項には、次のように記載されています。

8.6.3の条文d)
d)外観評価を実施する要員が力量をもち適格性確認されていることの検証

外観品目を測定する担当者は、力量評価が行われた要員つまり資格認定されたことの証拠が必要です。

関連記事

また、適格性確認を行うために例えば目視なら視力、聴感なら聴力なども測定された証拠を持つようにしましょう。

特に、その要員が適格性がある・なしという判定に有効な手段が「試験」です。NG品を混ぜて良品とNG品を識別できるかなどの結果が必要になるので、その記録も保持しましょう。

クロスタブ法評価シートはこちら

IATF16949:8.6.3項の外観品目はどこに記載すればいい?

IATF16949:8.6.3項の外観品目の要求事項の対応方法の記載は、複数の規定に分けてその要求事項への対応を記載し、リンクさせるのがポイントです。

規定名 記載ルール
製造管理規定 検査工程の照度管理
検査管理規定 外観品目の検査方法
計測機器管理規定 マスターサンプルの校正
教育管理規定 外観品目測定担当者の力量評価と資格認定

IATF16949:8.6.3項の外観品目:まとめ

IATF16949:8.6.3項の外観品目③

IATF16949:8.6.3項の外観品目の要求事項の規格解釈はいかがでしたでしょうか?

外観品目は、自動車の外観だけととらえられがちですが、顧客要求に外観管理があれば本要求事項が適用されることを忘れないでください。

特に図面に「傷無き事」などの文言を入れて顧客と取り交わしおり且つ、外観検査を行っていると審査・監査で確認されます。

照度管理マスターサンプル管理要員の力量認定が本要求事項のポイントなので、しっかり対応するようにしましょう!

それではまた!

IATF16949:第8章(製造プロセス)の必須帳票販売中!

事例付き多数の帳票だから「楽々構築&理解」可能!

【監査員の僕のノウハウが詰まった帳票販売】
IATF16949の第8章(製造プロセス)構築に必須の重要帳票をお手頃価格で販売中!事例付き帳票多数の為、ご購入後すぐに理解できるのも特徴です。
※変更管理などの必須帳票は、ISO9001と共通帳票となります。

【要チェック】
ISO9001とIATF16949は、重複する帳票があるので、下記の赤ボタンからISO9001帳票のチェックもお忘れなく!
※SALEは予告なく開始・終了いたしますので、お早めに!

【ご購入について】

マイページへのログインはこちら
マイアカウントの発行・マイページの作成方法はこちら
各種商品ページはこちら

①お支払い完了後、ダウンロード可能になります。
→その他お支払い条件がご希望の場合お問合せください。お問合せはこちら
②商品は、xlsx形式での納品なので自社に合わせて編集可能です!
③ダウンロードは1回、10日以内に行ってください。
④期限をすぎるとダウンロードできなくなります。
⑤銀行振込・クレジットカード払い対応!
⑥請求書・領収書はマイページよりダウンロード可能!
簡単発行可能!領収書・請求書の発行方法はこちら
⑦銀行振り込みの場合、振込確認後ダウンロード可能となります。
⑧インボイス登録番号は、領収書をご確認ください。

帳票目的 販売中帳票(多数事例あり)
IATFで重要な帳票の一つがコントロールプラン!厳密な要求を網羅した帳票販売中!
必須要求事項:8.5.1.1項
No.8511_コントロールプラン
IATFで構築が難しい本要求。自社に合わせてカスタマイズできるサンプル表販売!
必須要求事項:8.5.1.3項
No.8513_段取り替え・シャットダウン検証対応表
設備保全の要求についての対応ができる管理表を販売中!
必須要求事項:8.5.1.5項
No.8515_設備・保全管理表
レイアウト検査・機能試験の実施管理方法がわかる帳票販売中!
必須要求事項:8.6.2項
No.862_レイアウト検査及び機能試験表
特別採用を行う場合、何を確認しどのようなプロセスを踏むのか一目瞭然!
必須要求事項:8.7.1.1項
No.8711_特別採用申請表
手直しのリスク分析必須!手直しプロセスの実施方法がわかる帳票販売中!
必須要求事項:8.7.1.4項
No.8714_手直し申請書
修理のリスク分析必須!修理プロセスの実施方法がわかる帳票販売中!
必須要求事項:8.7.1.4項
No.8715_修理申請書
コンサルティングではない!新感覚のサービスとは?

おすすめの記事