【緊急告知】2024年QMS構築企業様向け!大感謝SALE開催

ISO9001_IATF16949_VDA6.3_SALE

【IATF16949攻略】7.1.3.1:工場・施設及び設備の計画の要求事項徹底解説!

IATF16949:7.1.3.1項の工場・施設及び設備の計画の要求事項では、自動車産業製品を適切に生産するために、工場・施設及び設備導入(レイアウト変更)について、部門横断検証によりその計画を立てることを要求しています。

今回の記事は、IATF16949:7.1.3.1項の工場・施設及び設備の計画の意味と構築ポイントについて解説します。

IATF16949/ISO9001/VDA6.3

第7章:支援についての「要求事項リスト」
ISO・IATF 7章
※IATF16949運用には、ISO9001の要求事項の運用が必須です。
条項 題目 ISO9001 IATF16949
第4章 組織の状況
第5章 リーダーシップ
第6章 計画
第7章 支援
第8章 運用
第9章 パフォーマンス評価
第10章 改善
条項 題目 ISO9001 IATF16949
7.1.1 一般(資源計画)
7.1.2 人々
7.1.3 インフラストラクチャ
7.1.3.1 工場、施設及び設備の計画
7.1.4 プロセスの運用に関する環境 〇注記
7.1.4.1 プロセスの運用に関する環境-補足
7.1.5
7.1.5.1
一般(監視及び測定のための資源)
7.1.5.1.1 測定システム解析
7.1.5.2 測定のトレーサビリティ 〇注記
7.1.5.2.1 校正/検証の記録
7.1.5.3.1 内部試験所
7.1.5.3.2 外部試験所
7.1.6 組織の知識
7.2 力量
7.2.1 力量-補足
7.2.2 力量-業務を通じた教育訓練(OJT)
7.2.3 内部監査員の力量
7.2.4 第二者監査員の力量
7.3 認識
7.3.1 認識-補足
7.3.2 従業員の動機付け及びエンパワーメント
7.4 コミュニケーション
7.5.1 一般(文書化した情報)
7.5.1.1 品質マネジメントシステムの文書類
7.5.2 作成及び更新
7.5.3
7.5.3.1
7.5.3.2
文書化した情報の管理
7.5.3.2.1 記録の保管
7.5.3.2.2 技術仕様書
Webサイトの記事が電子書籍に!

多くのお客様からご依頼いただきました「当サイトの記事を電子書籍で提供してほしい」について、販売を開始いたしました!お手頃価格のご提供となりますので、ご購入をご検討いただければ幸いです。

【本書の特徴】
①ISO9001やIATF16949の要求事項を漏れなく説明!
②重要・注意点が色付きでわかる!
③Webサイトの元記事へのリンクがあるので、原文検索にも使える!
④要求事項にリンクした「重要帳票」が何かが一目瞭然!
⑤タブレットやスマホを使用して、移動中でも落ち着いて勉強可能!

【ご購入について】
①お支払い完了後、ダウンロード可能になります。
②商品は、PDF形式での納品となります(複製はご遠慮ください)
③ダウンロードは1回、10日以内に行ってください。
④期限をすぎるとダウンロードできなくなります。
⑤請求書・領収書発行可能です!
⑥インボイス登録番号は、領収書をご確認ください。

【ISO9001版:電子書籍】
詳細及びサンプル情報はこちら

【IATF16949版:電子書籍】
詳細及びサンプル情報はこちら

【ISO9001+IATF16949版:電子書籍】
詳細及びサンプル情報はこちら

IATF16949:7.1.3.1項の工場・施設及び設備の意図

IATF16949:7.1.3.1項の工場。施設及び設備の計画①

自動車産業にかかわる多くの企業では、新製品立ち上げすなわち、製品開発から量産前までにどの工場・施設で生産するかを事前に計画をされていると思います。

また、新製品開発段階で新しい設備を工場に導入する場合なども検討されているでしょう。

IATF16949:7.1.3.1項の工場・施設及び設備の計画では、その検討段階を「部門横断的アプローチ」を用いて実施することを要求しています。

工場運営に大きくかかわる生産技術部や工場技術部だけではなく、製造部・品質管理部・生産管理部・購買部といった部門が専門的な視点から計画段階から入るこむことにより、最適な選定が行えるというのも品質向上につながります。

また、リスクに基づく考え方を取り入れ、製造フィージビリティ評価も併せて要求しています。

規格解釈を間違えずにどのように構築するのか、次にその方法論について解説します。

計画は部門横断的アプローチが必須!

IATF16949:7.1.3.1項の工場・施設及び設備の計画の要求事項には、以下のように記載されています。

7.1.3.1の条文
組織は,工場,施設,及び設備の計画の開発及び改善のために,リスクの特定及びリスクの軽減法を含む多機能アプローチを用いなければならない。

つまり、部門横断的アプローチを用いて計画の検証を行うことが重要です。

ISO9001のみ取得している企業の場合、ISO9001:7.1.3項のインフラストラクチャのみの対応を実施しているのですが、IATF16949では、それらを新規導入する際に「検証」まで要求しています。

この部門横断的アプローチの証拠は、「工場・施設・設備計画検討書」を作成し、承認欄を設けることで対応可能です。

ポイント

部門横断的アプローチ(多機能アプローチ)とは、共通の目標を達成するために異なる経験を持った人々が集まる、常設または一時的なチームのこと。異なるスキルセットを持つチームメンバーが一緒に働くことで、より効果的に会社の目標を目指して進むことができるため、会社にとってもメリットがあり、IATF16949では、この部門横断的アプローチが多発していますので、しっかり理解し構築する必要があります。

フロアレイアウトプランを作成する

IATF16949:7.1.3.1項の工場・施設及び設備の計画の要求事項には、以下のように記載されています。

7.1.3.1の条文a)
a)部材の流れ,取扱い,及びフロアスペースの有効活用という面で最適化すること。これには不適合品の管理を含む。

この要求事項に対応するためには、フロアレイアウトプランが重要です。

この手順は、以下のようなレイアウトプランニングにステップを踏むことが重要なので、次に解説します。

コンサルティングではない!新しいサービスとは?
ISO9001_IATF16949_VDA6.3_販売中ノウハウ

②-1:変更前のフロアレイアウトを作成する

フロアプランには、大きく分けて以下のポイントが書かれていることが重要です。

フロアプラン作成ポイント例:設備編
①導入するフロアの見取り図(レイアウト)
→できる限り詳細に書いた方がいい
②物(生産物)の流れ
③不適合品が発生した場合の隔離エリア(修正エリア)など
④フロアの面積
⑤設備の占有率
→70%がMAXとするのがベター
⑥生産能力

この内容がわかる「工場・施設・設備計画検討書」を作成することがポイントです。

具体的な事例は下記を参考にしてください。

工場・施設・設備レイアウト①

②-2:変更後のフロアレイアウトプランを作成する

次に変更後のフロアレイアウトプランを作成し、変化点を確認できるようにします。

今回の事例の場合は、外観画像検査機Aに加え、検査機Bを追加することにより、生産能力を上げることを目的としています。

工場・施設・設備レイアウト②

新設備導入により、月産台数増加に伴い、設備占有率が上がています。設備占有率の基準は各社違うと思いますが、70%程度をMAXとしておくとよいでしょう。

特に変更(追加含む)は、リスクを伴うことが多いので、部門横断的アプローチの中で、きちんと検証していくことが重要となります。

サイバー攻撃に対する防御を考慮する

IATF16949:7.1.3.1項の工場・施設及び設備の計画の要求事項には、以下のように記載されています。

7.1.3.1の条文b)c)
b)該当する場合,部材の流れの同期調整を容易にすること。
c)製造を支援する装置及びシステムのサイバー防御の実施。

部材の流れの同期調整は、生産工場では当然のことなので特に気を付けなくてはいけないのがc)の要求事項です。

製造を支援する装置及びシステムは、サイバー攻撃からの防御することが必要です。

近年自動車工場・関連工場を狙ったサイバー攻撃も多くなり、サイバー攻撃を受けてしまうとシャットダウンが発生することも。

そうならないためにセキュリティー面は工場・施設・設備計画を作成する時にきちんと考慮されている(実施されている)ことが重要です。

IATF16949:6.1.2.3項の緊急事態対応計画のサイバー攻撃も参考になるので、是非合わせて読んでみてくださいね!

製造フィージビリティ評価を適用する

IATF16949:7.1.3.1項の工場・施設及び設備の計画の要求事項には、以下のように記載されています。

7.1.3.1の条文下部
新製品及び新運用に対する製造フィージビリティ評価するために、方法を開発し、実施しなければならない。製造フィージビリティ評価には、生産能力計画を含めなければならない

製造フィージビリティ評価するために、フロアレイアウトプランに「工場・施設・設備計画検討書」に以下の内容を検討できるようしておくのがポイントです。

製造フィージビリティ評価ポイント
①導入・変更などの見積もり概算
②別途必要となる資源(治工具含む)など
③どの場所が追加・変更されるのか
→工場名・何階など
④生産能力
⑤必要なソフトウェア・インフラストラクチャ
⑥人員(特に特殊技能)

変更管理のルールを適用する

IATF16949:7.1.3.1項の工場・施設及び設備の計画の要求事項には、以下のように記載されています。

7.1.3.1の条文下部
これらの方法は既存の運用への提案された変更を評価することにも適用可能でなければならない。組織は、リスクに関連する定期的再評価を含めて工程承認中になされた変更、コントロールプランの維持(8.5.1.1参照)及び作業の段取り替え検証(8.5.1.3参照)を取り入れるために、工程の有効性を維持しなければならない。

工場・施設・設備の追加・変更は、変更の中でも大きなイベントになることは間違いありません。

それらの追加・変更の際は、8.5.6の変更管理を必ず適用する必要があります。

一般的な変更申請のルールと合わせて工場・施設・設備計画検討書が添付及び参照できる仕組みであれば指摘されませんが、トレーサブルになっていない場合は、指摘になるので注意してください。

変更ルールを適用することで、PFMEA、コントロールプランの維持・改訂へもつなげることができます。

IATF16949:7.1.3.1項の工場。施設及び設備の計画②

一連の結果・進捗はマネジメントレビューのインプット!

IATF16949:7.1.3.1項の工場・施設及び設備の計画の要求事項には、以下のように記載されています。

7.1.3.1の条文下部
製造フィージビリティ評価及び生産能力評価は、マネジメントレビューへのインプットとしなければならないISO9001の9.3.1参照

要求事項にある通り、マネジメントレビューのインプットにすることで、トップマネジメントに確実に報告することができます。

逆に報告が抜けていると不適合になるので、マネジメントレビューの帳票がある場合は、その帳票に7.1.3.1の要求事項を追加しておきましょう。

IATF16949:7.1.3.1項の工場・施設及び設備の計画の取組みはどこに記載すればいい?

IATF16949:7.1.3.1項の工場・施設及び設備の計画の要求事項の取り組みについての記載は、品質マニュアルの7.1.3.1項に記載すればOK。

規定などを作成する企業も多いかもしれませんが、大事なことは計画検討が行われる仕組みが重要なため、品質マニュアルの中で具体的な取り組み方法を記載することがよいでしょう。

記載例については以下を参考にしてみてください。

品質マニュアル7.1.3.1記載例
当社は、工場・施設・新設備を新たに導入する際は、「工場・施設・設備計画検討書」を使用し、部門横断的アプローチを実施する。
検討書作成にあたり、必要情報・書類の作成指示は生産技術部を主管部門とする。全部門が承認した計画書以外は実施してはならない。
関連帳票
工場・施設・設備計画検討書

IATF16949:7.1.3.1項の工場・施設及び設備の計画:まとめ

IATF16949を勉強する女性

IATF16949:7.1.3.1項の工場・施設及び設備の計画についての規格解釈、構築ポイントはいかがでしたでしょうか?

ISO9001の7.1.3項のインフラストラクチャよりも厳しい要求として追加されているのか7.1.3.1項になります。

しかし多くの企業は、工場・施設・設備計画検討書のような具体的な取り組みがされていないことが多く、IATF16949の取得に障壁となっていることも。

今回の事例を交えた検討書の作成・フロアレイアウトマップを基に、しっかり構築してみましょう!

それではまた!

おすすめ外部リンク

生産技術職転職完全ガイド

工場レイアウトは「帳票」が命!格安でご提供いたします!
ノウハウ満載の帳票を使って楽々対応可能!

IATF16949:7.1.3.1項の工場、施設及び設備の計画は、要求事項を網羅した帳票(検討書・計画書)が重要です。この要求事項は帳票で対応することが重要なので、しっかり構築しましょう!

規定を作らず簡単にまとめられるテクニック満載の帳票を格安でご提供いたします!

①お支払い完了後、ダウンロード可能になります。
②商品は、xlsx形式での納品なので自社に合わせて編集可能です!
③ダウンロードは1回、10日以内に行ってください。
④期限をすぎるとダウンロードできなくなります。
⑤銀行振込・クレジットカード払い対応!
⑥請求書・領収書はマイページよりダウンロード可能!
⑦銀行振り込みの場合、振込確認後ダウンロード可能となります。
⑧インボイス登録番号は、領収書をご確認ください。
コンサルティングではない!新感覚のサービスとは?

おすすめの記事