【人気教材】IATF16949/ISO9001/VDA6.3構築中企業様必見!

IATF16949/ISO9001/VDA6.3

【IATF16949攻略】8.5.5.1:サービスからの情報フィードバックの要求事項徹底解説!

IATF16949:8.5.5.1項のサービスからの情報フィードバックの要求事項では、出荷後に客先または市場で起きた問題をきちんと社内に展開し、組織の中で認識・対応するためのプロセスの構築を意図しています。

今回の記事は、IATF16949:8.5.5.1項のサービスからの情報フィードバックの要求事項の意味と構築ポイントについて解説いたします。

IATF16949/ISO9001/VDA6.3

第8章:運用についての「要求事項リスト」
ISO・IATF 8章
【関連プロセス】
①製造プロセス

②品質管理プロセス
③生産管理プロセス
※IATF16949運用には、ISO9001の要求事項の運用が必須です。
条項 題目 ISO9001 IATF16949
8.5
8.5.1
製造及びサービス提供
8.5.1.1 コントロールプラン
8.5.1.2 標準作業-作業者指示書及び目視標準
8.5.1.3 作業の段取り替え検証
8.5.1.4 シャットダウン後の検証
8.5.1.5 TPM
8.5.1.6 生産治工具並びに製造・試験・検査の治工具及び設備の運用管理
8.5.1.7 生産計画
8.5.2 識別及びトレーサビリティ
8.5.2.1 識別及びトレーサビリティ-補足
8.5.3 顧客又は外部提供者の所有物
8.5.4 保存
8.5.4.1 保存-補足
8.5.5 引き渡し後の活動
8.5.5.1 サービスからの情報のフィードバック
8.5.5.2 顧客とのサービス契約
8.5.6 変更の管理
8.5.6.1 変更の管理-補足
8.5.6.1.1 工程管理の一時的変更
8.6 製品及びサービスのリリース
8.6.1 製品及びサービスのリリース-補足
8.6.2 レイアウト検査及び機能試験
8.6.3 外観品目
8.6.4 外部から提供される製品及びサービスの検証および受入れ
8.6.5 法令・規制への適合
8.6.6 合否判定基準
8.7
8.7.1
不適合なアウトプットの管理
8.7.1.1 特別採用に対する顧客の正式許可
8.7.1.2 不適合製品の管理-顧客規定のプロセス
8.7.1.3 疑わしい製品の管理
8.7.1.4 手直し製品の管理
8.7.1.5 修理製品の管理
8.7.1.6 顧客への通知
8.7.1.7 不適合製品の廃棄
8.7.2 (不適合製品関連の記録保持)

IATF16949:8.5.5.1項のサービスからの情報フィードバックの意味

IATF16949:8.5.5.1項のサービスからの情報フィードバック①

IATF16949:8.5.5.1項のサービスからの情報フィードバックの要求事項で大事なことは、アフターサービスからの伝達プロセスを持つことです。

アフターサービスとは、市場に出回った後のトラブル対応を意味し、これらは顕在化しなかったトラブルを含めた不具合品の対応が必要です。

例えば、製品設計・工程設計段階のトラブルが市場に投入された後に顕在化することもある為、品質保証部門や品質管理部門を中心にトラブル対応を行う必要があります。

しかし、企業によっては営業部門⇔品質保証部門で対応することも多いかもしれませんが、不具合原因によっては組織的な部門横断対応も求められることもあります。

そういった時に、サービスからの情報のフィードバックがきちんと行えるプロセス持つことで、スピーディーな対応ができるようにしておくことを本要求事項では求めています。

8.5.5.1の条文
組織は、製造、材料の取扱い、物流、技術及び設計活動へのサービスの懸念事項に関する情報を伝達するプロセスを確立し、実施し、維持することを確実にしなければならない。

市場クレーム解析プロセスと合わせて構築する

IATF16949:8.5.5.1項のサービスからの情報フィードバックの要求事項のポイントは、顧客から寄せられた苦情・賞賛などを社内に展開する仕組みと、市場におけるクレーム解析プロセスです。

8.5.5.1の条文注記
注記1 この箇条に“サービスの懸念事項”を追加する意図は、顧客のサイト又は市場で特定される可能性がある、不適合製品及び不適合材料を組織が認識することを確実にするためである。
注記2 “サービスの懸念事項”に、該当する場合には、必ず、市場不具合の試験解析(10.2.6参照)の結果を含めることが望ましい。

市場クレーム解析プロセスである以下の要求と合わせて構築することで担保可能です。

▶NTF対応帳票はこちら

▶クレーム解析報告書帳票はこちら

これらを構築する時に大事なのが、「市場クレーム解析プロセスフロー」の作成です。

以下のようなプロセスフローを作成するとよいでしょう。

IATF16949:8.5.5.1項のサービスからの情報フィードバック②

\IATF16949完全対応の事例付き/

IATF16949:8.5.5.1項のサービスからの情報フィードバックはどこに記載すればいい?

IATF16949:8.5.5.1項のサービスからの情報フィードバックは、苦情処理管理規定クレーム解析規定などに情報フィードバック方法を記載することが重要です。

前述した要求事項とともに、クレーム解析方法や社内展開方法(解析・展開フロー)などを記載し、プロセスを構築しましょう。

コンサルティングではない「新しいサービス」を展開中
IATF16949/VDA6.3

IATF16949:8.5.5.1項のサービスからの情報フィードバック:まとめ

IATF16949:8.5.5.1項のサービスからの情報フィードバック③

IATF16949:8.5.5.1項のサービスからの情報フィードバックの要求事項の規格解釈はいかがでしたでしょうか?

本要求事項は、出荷後の顧客の懸念(主にクレーム事項)について社内展開・対応プロセスをきちんと構築することです。

この要求事項は、10章の要求事項とも深い関係があり、そちらを構築すると自ずと対応可能なのであまり心配はいりません。

苦情処理規定・クレーム解析規定などを作成し、プロセスを構築しましょう!

それではまた!

おすすめ外部リンク

製造職の転職!転職活動を有利にすすめる秘訣まとめ

顧客苦情処理プロセスフロー販売中【事例付き】
IATF16949:10.2.6項の顧客苦情
IATF16949にも完全対応!重要ノウハウ満載

IATF16949:10.2.6項の顧客苦情及び市場不具合の試験・分析の対応は、クレーム解析プロセスフローの作成が必須

組織的に市場クレームの対応が行われることが求められるので、その仕組を解析プロセスフローで説明することがポイントです。

当サイトでは、クレーム解析プロセスを事例付きで販売しているので、貴社に合わせて自由にカスタマイズ可能!簡単に構築できるノウハウ満載の解析プロセスフローを格安でご提供致します!

【ポイント】
・市場クレーム解析プロセスがわかる!
NTFプロセスと連動して構築可能。
変更管理のタイミングがすぐわかる!

①お支払い完了後、ダウンロード可能になります。
②商品は、xlsx形式での納品なので自社に合わせて編集可能です!
③ダウンロードは1回、10日以内に行ってください。
④期限をすぎるとダウンロードできなくなります。
⑤銀行振込・クレジットカード払い対応!
⑥請求書・領収書はマイページよりダウンロード可能!
⑦銀行振り込みの場合、振込確認後ダウンロード可能となります。
⑧インボイス登録番号は、領収書をご確認ください。
コンサルティングではない!新感覚のサービスとは?

IATF16949/ISO9001/VDA6.3

おすすめの記事